【CounterSpy レビュー】クセが凄いけどシンプルで面白いステルスゲー

【CounterSpy レビュー】クセが凄いけどシンプルで面白いステルスゲー

今回紹介するのはPS4の「COUNTER SPY」というゲームでござる。

独特の絵柄やストーリーだが、内容は割としっかりしてるでござるよ。

「COUNTER SPY」の基本情報

タイトル(商品名):COUNTER SPY(カウンタースパイ)
機種:PlayStation4
ジャンル:シューティング
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント
価格:1,620円

 

東西冷戦時代を舞台に、情報を奪うスパイを描いたゲーム。

プレイヤーはスゴ腕スパイとして両陣営に乗り込み、戦争を終結させようと奮闘することになる。

冷戦ネタはあちこちに散りばめられており、当時の状況も多少勉強になる…かも。

 

ゲーム内容は、2D+3Dシューターという少々特殊な形。

普段は2Dの横スクロールのように進行するが、オブジェクトに隠れると以下の画面のように3Dシューターへと姿を変えるのだ。

プレイヤーは基地に侵入し、警戒をされないように様々な情報を得ていき、最後は核ボタンのスイッチを止めるとステージクリアとなる。

兵士に見つかり無線で報告されたり、殺されたり、監視カメラに見つかってしまうと、画面中央にあるデフコン(警戒)レベルが上昇する(5が一番警戒が少なく、1が警戒レベルマックス)。

デフコンレベルが1の状態でゲージがマックスになってしまった場合、核兵器発射のカウントダウンが開始。

60秒以内に核ボタンのスイッチを止めれなければステージ失敗だ。

ステージは自動生成され、毎回内容が異なるようになっている。

 

ステージ中に複数ある核兵器の発射計画書を入手していくことでストーリーが進行し、難易度も徐々に上がっていく。

発射計画書を5つ完成させると、最終ステージにいくことができるようになるが、ここをクリアすると一周クリアとなる。


核ボタンの停止スイッチを押すとステージクリア!

 

情報の中には武器の設計図やマニュアルと呼ばれるスキルのようなものを覚えられる情報もあり、これらを手に入れていくことでサプレッサー付き武器やデフコンレベルを下げられるマニュアルを入手でき、より潜入がしやすくなる。

「COUNTER SPY」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:9時間
クリア: 済
バージョン:1.01
導入DLC:なし

1周クリア。

意外と難しく、やりごたえはしっかりある。

とっつきにくいが意外とオシャレにも見えるグラフィック


プレイヤーは全身真っ黒なスパイ

 

本作は画像を見ても分かる通り、なかなか特徴的な絵になっている。

少々古臭いデザイン、といえば良いのかな?

絵だけでなく、ゲーム全体を通して白黒テレビ時代のようなモダンな雰囲気が漂う。

今時の人にしてみると少々とっつきにくい感じは否めないが、これは慣れるとほとんど気にならなくなるだろう。

敵が向いている方向などは少々分かりづらいところもあるが、吹き出しで向いている方向の矢印が出るなどフォローもされているので安心だ(3D視点の時はこれがないためわかりづらい…)。

 

また、絵に合わせた昔風のスパイ音楽がカッコ良く、「007」のようなハードボイルド映画が好きな人ならきっとスパイごっこに夢中になれるはずだ。

ちょっとバカゲーっぽい要素があるところも個人的には好み。

案外難易度は高い


将校(白い制服の軍人)に銃を向けて脅せばデフコンレベルを下げられる

 

「死んでもゲームオーバーにはならない」「見つかってもすぐ始末すれば問題ない」「将校を脅せばデフコンレベルを下げられる」などルールだけを見る限り簡単そうに思えるが、これが案外難しい。

スパイが結構すぐ死ぬことに加え、いやらしい場所にいるキャラが無線を行うと始末するのに時間がかかり結構デフコンレベルを上げられてしまうことも…。

 

特に一番簡単なレベルであっても、後半はヘルメットをかぶった兵士や体力の多い兵士が登場し、普通の状態ではヘッドショット1発で始末できなくなる。

するとすぐに乱戦模様となり、通報されてデフコンレベルが上がったり、殺されてデフコンレベルが上がったりがしやすくなる。

とにかく敵を一撃で葬るか、隠れてやり過ごす方法を考えて進まなければならない。

やり込み要素は少なく、飽きるのは早いかも


オンラインに繋いでいると他のプレイヤーを倒れた状態で発見することも

 

ゲーム内容は結構面白いし、コアな冷戦ネタも面白いため、最初は結構ハマる。

しかし、武器やマニュアルの種類も少なくコンプリートしてクリアすると、そこからはあまりやることがなくなる。

他にやることと言えば、ハイスコアを競うくらいだ。

 

基地は毎回形が変わるが、結局やることはそこまで変わらないので、飽きるのは早いかもしれない。

そのため、1本でガッツリ遊びたい!という人には向かない。

1回クリアして「楽しかった~」というゲームだと思っておこう。

総評

ステルスゲーだが、そこまで本格的でもなく結構ライトに遊べる作品。

長く遊びたい人には向かないが、1回ハマれば満足という人にはお金を払ってでもやる価値はあると思う。

 

得点:62/100

スパイ映画などが好きな人にオススメでござる。

スタイリッシュにミッションを成功させるとなかなか気持ちいいでござるよ。

 

⇒ 「CounterSpy」をPS Storeで見てみる

 

↓は難易度低い頃の潜入ミッションでござる。

ゲームレビューカテゴリの最新記事