【OlliOlli レビュー】スケボー好きじゃないと飽きるのが早いかも

【OlliOlli レビュー】スケボー好きじゃないと飽きるのが早いかも

今回レビューするのはPS4の「OlliOlli」というインディーズゲームでござる。

珍しいスケボーを題材にしたゲームでござるよ。

「OlliOlli」の基本情報

タイトル(商品名):OlliOlli(オーリーオーリー)
機種:PlayStation4
ジャンル:スポーツ
メーカー:Rollingmedia Ltd.
価格:1,350円

 

スケボーに乗ってトリックを決めながらゴールを目指すシンプルなゲーム。

操作もコースをクリアするだけであればLスティックと×ボタンしか使わない。

ただ、ジャンプや着地のタイミングに合わせてボタンを押したりスティックを倒したりする(地面に着地する時には×ボタン、レールなどに着地する時には左スティック下)のが難しく、最初はトリックどころかゴールを目指すのも一苦労する。

点数が低くてもゴールさえすれば新しいコースが開放されるので、まずはゴールだけを狙ってみるのが良いだろう。


単純操作で画面も非常にシンプル

 

コースのロケーションは全5種類で、それぞれアマチュア・プロ5コースずつが用意されている。

全部で50コース。

プロのコースを開放するにはゴールだけでなく、コースごとに設定された条件をクリアする必要がある。

 

トリックは簡単なものであればLステックの上下左右の一方向にタメて離すだけだが、複雑なものであればタメてからLスティックを回したり、L1+R1ボタンを押したりしなければならず、これらを取り入れてクリアするとなれば益々難易度は高くなる。

「OlliOlli」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:5時間
クリア:未
バージョン:1.01
導入DLC:なし

 

途中まで順調にクリアしていたが、雪ステージでつまづき挫折。

たぶん、もうやらない…。

リトライ性が高く、ついつい時間を忘れる


失敗してふっとび中。よく見ると服がビリビリに破けていたり芸が細かい。

 

やり始めるとリトライ性が高く、ムキになってついつい「もう一回、もう一回」となる。

なかなか止め時が見つからず、ついつい長時間プレイしてしまう。

これはトライアルズフュージョン」と同じ感覚

 

失敗時の派手な転び方も似ていて、失敗時は派手に吹っ飛んだり、何段も段差を転げ落ちたり、頭から落ちたりと、とても生きていられないような事故を目撃することになる。

トリックに派手さがなく、スケボー好きじゃないと厳しい

コース中にあるスプレー缶(画面のピンクのもの)を集めろ!というミッションもある

 

本作では実際にあるトリックを120種類も収録しているらしい。

トリックのコマンドはゲーム内でも紹介されており、こういう丁寧な作りは好感がっ持てる。

 

しかし、スケボー界のことを良く知らない拙者などにとっては、プレイヤーキャラがやや小さいこともあってイマイチトリックの違いが分からず…。

正直、トリックを決められたところであまり爽快感もない。

この辺りは、グラフィックがシンプルゆえだろうか…。

スケボー好きであれば、知っているトリックをゲーム内で色々再現してみるのは楽しいのかもしれない。

やり始めたら面白いが起動する気にならない

確かにゲーム自体はなかなか面白い。

しかし、拙者のようなスケボーを知らない人にとって、どこまでゲームをプレイするモチベーションを持てるかは疑問。

知らない人に「スケボー楽しい!」とまで思わせる破壊力はないかな~と思う。

 

本作は何度も失敗しつつ進めていくゲームだけにモチベーションの維持は必須だが、ゲームで用意されているやり込み要素も少なく(自分でやり込もうと思えばいくらでもできるが)、一時的にハマったとしても、シンプルであるがゆえにすぐに飽きられてしまうような気がした。

総評

今回のレビューはあくまでスケボーに興味のないおっさんのレビューである。

ゲーム自体はシンプル且つ良くできているが、拙者は「ずっと遊んでいたい」と思えるほどの魅力は感じなかった。

 

得点:49/100

安いのでスケボー好きの人が買えば元は取れると思うが、拙者のようなスケボー無知にはあまりおすすめできないでござる。

シンプルすぎて、記事自体もあまり書くことが無かったでござる…。

 

拙者的には同じような繰り返し挑戦するタイプのスポーツゲームであれば「トライアルズフュージョン」の方をおすすめしたい。

とか言いつつまたフリプに来た「OlliOlli2」もレビューしてしまったのだが。

 

下は見事なコケ芸動画でござる。

ゲームレビューカテゴリの最新記事