【影牢 もう1人のプリンセス レビュー】ピタゴラ的なコンボが楽しい!でも活かせていない面も

【影牢 もう1人のプリンセス レビュー】ピタゴラ的なコンボが楽しい!でも活かせていない面も

今回レビューするのはPS4の「影牢 ~もう1人のプリンセス~」というゲームでござる。

罠にかけて敵を倒すというアンチヒーロー的なゲームでござるな。

「影牢 ~もう1人のプリンセス~」の基本情報

タイトル(商品名):影牢 ~もう1人のプリンセス~
機種:PlayStation4
ジャンル:トラップ悪ション
メーカー:コーエーテクモゲームス
価格:7,344円

 

2017年3月現在、PSプラスのフリープレイとして配信中のタイトル。

無料でプレイしたかったら、今月中にPSプラスに加入してダウンロードしておこう。

 

本作は旧テクモが1996年にプレイステーションで発売された「刻命館」より続くシリーズ。

シリーズ通して主人公は直接的な攻撃を行えない代わり、様々なトラップを駆使して敵をハメ倒していくことになる(本作のプリンセスは蹴れるが)。

 

トラップを仕掛けて敵を迎え撃つというとタワーディフェンスみたいなものを思い浮かべるかもしれないが、全然違う。

どちらかというと、1人の敵をトラップに誘い込み、どれだけトラップを当てられるかを楽しむゲームである。

トラップの先にまたトラップがという「ピタゴラスイッチ的」なコンボもでき、上手くトラップを回していけばずっとトラップにハメ続けることもできる。

トラップは残虐で痛そうな物から「バナナの皮」といった面白いトラップまで多種多様にあり、全てのトラップを自由自在に使いこなすのは結構大変だ。

 


便利なトラップから使い道が難しいトラップまで盛り沢山!

 

またシリーズ全体を通して、主人公側が人間の敵のように描かれる、アンチヒーロー作品という特徴もある。

本作でも「魔人の娘」である2人のプリンセスが主人公で、襲いかかってくる人間をどんどん返り討ちにしていくことになるが、人間側もまぁまぁクズが多い。

 

本作はクエスト、ストーリーというメインとなる2つのモードがある。

ストーリーはもともとPS3やVitaで発売された「影牢 ~ダークサイド プリンセス~」のベタ移植のようだ。

そのため、ストーリーとして新規追加されたのはクエストモードのみ。

 

また、他に敵キャラを作成したり、クエストを作ったりする影牢スタジオというモードやフリー対戦ができるモードなどもある。

拙者は前作未プレイなので、とりあえずストーリーから遊んでいるのだが、まだ全然終わらない…。

「影牢 ~もう1人のプリンセス~」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:15時間
クリア:未
バージョン:1.05
導入DLC:トラップ「キックオフ」

 

プレイ時間が長いが、結構放置時間もある…。

ストーリーモードは5章までクリア。

クエストは全然手をつけていない。

 

DLCは追加トラップが複数とスピンオフストーリー&コスチューム等追加のものがある。

トラップ「キックオフ」のみ無料でダウンロードでき、その他は全て有料だ。

トラップのコンボを考えるのが楽しい!

拙者はこのシリーズ初プレイなのだが、トラップからトラップへ繋いでいくピタゴラスイッチの面白さに結構ハマってしまった。

トラップにハマった時の敵の挙動も面白く、色んなトラップを試してみたくなる。

また、鎧を着ている敵に弱点トラップで攻撃すると「アーマーブレイク」が発生し、鎧なしの状態になるのだが、またこれが微妙にエロい面白いのだ!

 

敵の中には弱点の他に、一部のトラップに耐性・無効がある敵も多く、単純に自分の好きなトラップだけを敷き詰めても上手くいかないことも多い。

意外と気にしなければいけない点は多く、頭を使うゲームになっている。

これまでシリーズをプレイしていた人にとっては今更感のあるシステムかもしれないが、初めてプレイする人は結構楽しめると思う。

ストーリーも前作の移植だし、これはシリーズ未プレイの人の方が楽しめる作品かもしれない。

トラップの楽しさを台無しにする部分も…


メディウムのお願いもどんどん難しくなっていく。

 

ただ、そんなトラップを繋げるのが楽しい本作だが、正直ストーリーではそこがあまり楽しめない。

なぜなら、敵が多いからである。

1度に2~3人同時登場するため、片方をトラップにかけている最中に、もう片方の敵に邪魔をされることもしばしば。

しかも遠距離攻撃してくる敵や素早い敵もやたら多く、トラップにひっかけても悠長にほくそ笑んでいられない。

 

主人公は結構ひ弱ですぐ死ぬし、足も遅いためすぐに敵に追い付かれてしまう。

結果、あまり凝ったトラップを仕掛けられず、ひぃひぃ言いながら敵を倒すことになる。

人間相手に魔人の娘とは思えない必死ぶりだ…。

せめてもう少しデフォルトで逃げ足が早ければ良かったのだが。

 

また、仲間キャラ達から「メディウムのお願い」というサブクエスト的なものも出されるが、これもクリアしようと思うとかなり難しいものもあるし、自分の好きなトラップを仕掛けられないという制限も入ってしまう。

拙者は既に何度もゲームオーバーになっており、結構難易度は高い。

細かい残念点


グラはPS4レベルではない

 

キャラクターはいつものコーエーテクモ的な3Dキャラだが、グラの鮮明さなどはPS4で発売された無双シリーズなどに比べると見劣りする。

PS3の移植だからだろうか?

無双シリーズよりも間近でキャラクターを見ることが多いだけに残念な点である。

 

また、弱ったキャラクターは捕獲もできるのだが、ポイントが増えたり捕獲したキャラクターリストが見れるだけで、捕獲後は何もなしというのが気になった。

捕獲は結構大変な作業なので、何か後で有効利用できるといいんだけど。

 

最後にエネミー情報では敵のアーマーブレイク後の姿も見れるのだが、あれば実際にアーマーブレイクが成功したキャラだけを表示するようにした方がよかったんじゃないかと思う。

労せずに鎧が壊れた姿を見れてしまうと何かお楽しみ感がないというか…。

総評

色々難点も多いが、個人的には意外にハマってしまった作品だった。

フルプライスで買うか?と聞かれれば微妙だが、もう少しグラを良くして完全新作を出してくれるのであれば、ちょっと購入を考えてしまうかもしれない。

 

得点:55/100

拙者のように邪悪な心を隠し持った紳士におすすめでござる。

ストレス発散目当てなら、フリーモードで弱い敵をいたぶるのが良いでござろう。

 

⇒ 「影牢 ~もう1人のプリンセス~」をPS Storeで見てみる

影牢 もう1人のプリンセス – PS4

⇒ PS Plusの加入はこちら(PS Store)

↓はライラとのフリーバトルで17コンボを決めた動画でござる。

ゲームレビューカテゴリの最新記事