【バトオペNEXT 評価】面白い要素はいっぱい!でもラグなど致命的な部分も…

【バトオペNEXT 評価】面白い要素はいっぱい!でもラグなど致命的な部分も…

今回レビューするのはPS4の「ガンダムバトルペレーションNEXT」というゲームでござる。

PS4の基本プレイ無料ガンダムゲームでござるよ。

「ガンダムバトルペレーションNEXT」の基本情報

タイトル(商品名):ガンダムバトルペレーションNEXT
機種:PlayStation4
ジャンル:ガンダムオンラインバトルアクション
メーカー:バンダイナムコ
価格:基本プレイ無料

 

モビルスーツ(以下:MS)に乗って5vs5で戦うオンラインアクションゲーム。

PS3で「ガンダムバトルオペレーション」というゲームがあり、タイトルだけ聞くと続編っぽく思えるが、オンラインバトルとかチームバトルという部分を除き、ほぼ続編要素はない。

歴代ガンダムのMSがごちゃまぜで登場する点や、MSの性能ごとにコストが設けられている点、そしてMSの軽い挙動などはどちらかというと、「ガンダムエクストリームバーサス」などのゲームに近い。

登場MSはサービス開始当初かなり少なく、不満もあったがアップデートで徐々に使えるMSも増えており、2017年3月現在、83機(訓練用含む)とかなりバリエーションが豊かになってきた。

登場MS一覧はこちら

 

上のリンクを見てもらえば分かるが、MSは役割に応じて「汎用」「格闘」「支援」「急襲」の4種類がある。

汎用はどんな運用をしても動きやすいMS、格闘は近距離戦闘に強いMS、支援は射程が広めで敵の動きを止めやすいタイプ、急襲は動きが早く中継地点の制圧がやりやすいタイプとなっている。

だが、中には汎用っぽい急襲などもおり、厳密な分け方はされていない。

初期機体のジム、ザク、ストライクダガー、ジンはいずれも汎用の使いやすい機体となっている。

 


ゲームが進むと開発できるMSは増えていくが、中にはクセの強いMSもある

 

ゲームのルールはスタンダードと掃討戦の2つ。

スタンダードはA~Eの5つの中継地点を制圧しながら、敵と戦っていくルール。

両チームは試合開始時10000ずつポイントを持っており、これを先に0にする、もしくは制限時間までにポイントが多く残っていると勝利となる。

 

敵のポイントを削る方法は3つ。

  • 敵のMSを撃墜する(相手のMSのコスト分のポイントを削る)
  • 敵の拠点を破壊する(ポイントの3分の1を削る)
  • 中継地点を相手より多く占領(相手チームのポイントが徐々に減少する)

 

中継地点の占領によるポイント減少は侮れず、「いかに相手チームよりも長い時間多くの中継地点を持っているか」が勝利のポイントとなる。

特に初期機体ばかりの戦場では、相手を倒しても200~300しかポイントが減らせないため、中継地点を占領しまくっているチームが勝つことが多い。

初心者ほど戦うことに夢中になりがちだが、できるだけ中継地点内で戦うことを考えよう。

現在のところ、「新兵戦」「COST戦」「ランクマッチ」でのルールでもスタンダードルールが採用されることがあり、まずはこのルールの必勝法を覚えるようにしたい。

 


スタンダードルールは基本的に中継地点の中で戦うように心がけたい

 

一方、掃討戦はこの中継地点が一切なしで、まさにガチの殴り合いをするルールだ。

コストに応じて復活までの時間が伸びるなどあるが、こちらはそこまで難しいルールはないため、とにかく目の前の敵を倒しまくれば良い。

 

ちなみに本作の特徴として、たまに「第3勢力」という巨大なMSが乱入することがあることがある(サイコガンダム、アプサラス、シャンブロ)

これらの機体は攻撃力が非常に高く、一発でも攻撃をもらうと瀕死or即死。

トドメをさしたチームは攻撃力が一定時間増えたり、報酬枠が増えたりするメリットがあるが、「途中まで削ったものの、トドメを相手チームに奪われた」となると目も当てられないので、即効で落とせる自信が無い限りは近づかない方がいいだろう。

 

ゲームをプレイするためには「支給エネルギー」or「備蓄エネルギー」を1個消費しなければならない。

支給エネルギーは2時間で1個無料支給。

備蓄エネルギーはたまーに配られることもあるが、基本的には有料となる(1個100円程度)。

6時間おきに3戦ずつとかのんびりやるのであれば無料でもできるが、ランクマッチなどのイベントで登場するMSはイベント中の最大強化がほぼ不可能だ。

「ガンダムバトルペレーションNEXT」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:100時間以上
クリア:クリアなし
バージョン:1.26
導入DLC:なし

 

拙者は実はサービス開始当初から結構長くプレイおり、累計で言えば軽く100時間は越えている。(トロフィーもコンプ済み)

1年くらい前からすっぱり辞めていたが、この記事を書くに当たってプレイを再開し、またもやどっぷりプレイしてしまった。

 

拙者は完全に無料でプレイしているが、

  • 備蓄エネルギー
  • ブースター(経験値や開発ポイント、報酬パーツなどが増えるアイテム)
  • スターターパック(初心者がいきなり強いMS(訓練仕様)をもらえる)
  • パーツ倉庫拡張アイテム

などが有料で用意されている他、開発ポイントの代わりにリアルマネーでMSを開発、強化することもできる(パーツが揃っていれば)。

基本プレイ無料だが無料勢でも勝てるバランス

頑張れば1位も取れる!

 

本作は至る所に課金要素があるが、一応完全無料でも遊べるようになっており、腕さえあれば、重課金の人ともやり合えるバランスになっている。

お金だけで勝負が決まってしまうことがないので、この辺りは良心的かな~と思う。

 

ただし、初期からある機体以外はイベント中にしかアイテムをドロップしないため、その期間内に開発・強化したいという場合はある程度課金しなければならないだろう。

無課金の場合は機体が入手出来ても強化が中途半端になることが多い。

ちなみに拙者が止めたのは2016年の5月頃だったが、その時には無課金でもそれまで出ている全MSはコンプリートしていた(強化できてたのはごく一部だが…)。

一応時間をかければ何とかなる。

ガンダムゲーだけど頭も必要


まず最初はチュートリアルをやって覚えよう

 

上で「腕さえあれば」と書いたが、本作はアクションの腕よりも、「今どういう状態で何をすべきか?」を考えることが重要となる。

攻撃についてはロックオンして撃つ!が基本になるため、そこまでエイムの腕は要求されないし、他のアクションもそれほど難しくは無く、FPSほど初心者お断りでもない(新兵戦のうちは)。

 

しかし、良い成績を出すためにはそれなりに頭を使わなければならない。

中継地点の数で負けているのに1体を複数で追っかけていては当然勝てないし、逆に敵が複数いるところに1人で突っ込んでいてもすぐに撃墜されてしまう。

結果、チームにも貢献できないし個人ポイントも取れない。

 

ガンダムゲーということで、ただ「カッコいいMSで無双したい」という人には合わない可能性もある。

レベルの低い人だけが参加できる「新兵戦」でゲームルールをしっかり把握して、まずはミニマップを見て戦況を判断する癖や、敵を倒すことより撃墜されないような動きを覚えることが大事だろう。

素材は良いが、バランス・ラグ・回線切りなど残念なところもいっぱい


演習場ではできることも、実際の戦場ではラグでできないこともある

 

ガンダム好き、対戦ゲーム好きにはたまらない本作だが、残念ポイントも沢山ある。

ラグ試合がカオス

回線の弱いプレイヤーがいると、戦場がカオスになり、敵や弾がワープしてきたりする現象が起こる。

この場合、ロックオンしていても弾があらぬ方向に飛んで行ったりして全くまともな試合にならない。

たまにならまだ許せるが、これはかなり頻繁に起こる現象。

拙者が止めたのもこのラグがうざかったからに他ならない。

回線切りの横行

負けそうになると、プレイヤーが故意にネット接続を切断する「回線切り」。

本作ではこれによって、5vs4の一方的な試合展開になることもしばしば…。

これはプレイヤーの問題であるが、回線切りのペナルティが弱いことも原因だと思われる。

機体バランスが悪い

対戦ゲームだが機体バランスも悪い。

せっかく機体コストというものがあるのに、安いコスト機体は一般的なスタンダードルールやランクマッチではほぼ使い道がなく、高コストのイベント機体に2発くらいで沈まされてしまうのだ。

低コストが高コストに攻撃しても2桁ダメージくらいしか与えられない。

(大抵の場合高コスト機の方が当てやすい攻撃を持っているため、攻撃を当てること自体が難しいという…。)

また、これとは別にぶっ壊れ性能の機体も存在する。

総評

残念ポイントが無ければかなり面白いゲームだと思う。

しかし、他のガンダムゲーではなかなか使えない機体(リーオーとかバクゥとか)も登場するため、コアなガンダムファンはプレイしてみてもいいかもしれない。

 

得点:57/100

ラグとかバランスでマイナス20点くらいしてるでござる。

これが改善されれば神ゲーになるかもしれないが、今更改善されることはないかもしれぬな…。

 

⇒ 「ガンダムバトルオペレーションNEXT」をPS Storeで見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事