【スチームワールドディグ 評価】サンドボックスとは違った楽しさの穴掘りアクション

【スチームワールドディグ 評価】サンドボックスとは違った楽しさの穴掘りアクション

今回レビューするのは「スチームワールド ディグ」というゲームでござる。

ピッケルを掘り進めながら、地底を探索するアクションゲームでござるよ。

「スチームワールド ディグ」の基本情報

タイトル(商品名):スチームワールド ディグ
機種:PlayStation4
ジャンル: 2Dスクロール採掘アクション
メーカー:インターグロー
価格:800円

 

ちょっとハードボイルドな雰囲気を持つロボット、ラスティをはじめ、登場人物が全てロボット、それでいて雰囲気は西部劇という変わった世界観を持つゲーム。

ラスティがおじさんの意志を継ぎ、穴掘り屋として地下探索をしていくことがゲームの目的となる。

 


ランプの光が綺麗で絵も見やすい

 

ゲームは2Dの可愛らしい絵柄で描かれ、穴を掘って下に下に進んでいくスタイル。

「ピッケルを使って地面を掘り進め、鉱物を手に入れる…」というと「マインクラフト」や「テラリア」のようなサンドボックスゲームを思い浮かべる人も多いかもしれないが、本作は物作り要素は一切なく、掘ったブロックを置いたりすることができない。

そのため、適当に掘り進めていくと、序盤は帰れなくなることもある(メニューで自爆すれば帰れる)ので掘る場所は慎重に。

 


最後の方ではロボットらしく、ロケットパンチまで使えるように!

 

最初はピッケルを振ることと、単発ジャンプしかできないラスティだが、地下探索で新たなアクションを覚えたり、鉱物資源を売ったお金でピッケルやボディをアップグレードしたりもできるようになる。

下に掘り進めながら鉱石を集め、街に戻って鉱石を売ったり装備をアップグレードし、また地下に潜る、というのが本作の基本スタイルとなっている。

「スチームワールド ディグ」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:8時間
クリア:済
バージョン:1.00
導入DLC:なし

 

1周クリア。

レベルはMAX、アップグレードはそれなりの状態だった。

操作性が良く、グラも楽しい


街では装備のアップグレードや鉱石の買い取りを行える他、自動でランプの燃料補給が行われる

 

インディーズゲームではよくある2Dアクションだが、操作性がとても良く、動かしていて気持ちのいいゲームだった。

後に覚えていくアクションも全て探索を便利にしてくれるものばかりで、アクションが増えるのが楽しみになる。

ゲーム中では追加アクションの説明は使い方くらいしかないが、一回使ってみたらすぐに効果が分かるものばかりなので問題ないだろう。

 

(ミネラルサーチとアースマスターだけは分かりにくいが

  • ミネラルサーチ:鉱物の場所がマップに表示される
  • アースマスター:高いところから落下してもダメージを受けない

という効果がある。)

 

グラフィックも綺麗で、特に地表付近のマップは照明の灯りの雰囲気がとても良い。

「下はどうなってるんだろう?」と気になり、ついつい最後まで一気にプレイしてしまった。

難易度は低め


序盤から終盤まで便利な壁蹴りジャンプ

 

全体的な難易度は低め。

序盤の感じから、帰れるように慎重に掘って行かなきゃいけないような気がするが、アクションが増えてくるとどう掘っても割と何とかなるようになる。

また敵も序盤はピッケルで殴るしかないが、後半は遠距離からも攻撃できるようになり事故率はぐっと低くなる。

 

こうして考えると最序盤が一番難しいゲームなのかもしれない。

最序盤で詰まらないようにするには、すぐに壁蹴りジャンプを覚えるため、下に掘る時はなるべく垂直に掘ること。

また下に掘るよりも先に横を優先すること、かな…?

 

もし死んだとしても鉱物はその場所に落とし、お金を少し取られるだけのペナルティなので、アクションが下手で死にまくる人でも問題なくクリアできると思う。

逆に言えばアクションが上手い人にとっては少し物足りないかもしれない。

ボリュームはやや少ないが、驚きのロープライス


アップグレードにはお金の他、埋まっているオーブが必要になることもある

 

拙者は8時間弱でクリアした。

一応、「鉱物を集める」ことが目的なのだが、鉱物を無視して下へ下へと掘り進んでも話は展開していくため、早い人であれば初見でも3~4時間くらいでクリアできると思う。

このようにボリュームはやや少なめであり、ボスと言えるような敵は最後にしかいないのは、やや残念なポイント。

 

しかし、本作は800円というめちゃめちゃ安い作品だ。

値段を考えると、これほどの完成度でこのボリュームは充分納得できる。

周回してタイムトライアルなどといった楽しみ方もできそうだし、少なくとも損をするような作品でないことは確かだ。

総評

地味だがサクッと遊べる良質なアクションゲームだ。

1日暇な日にクリアするのにちょうどいいボリュームなので、まだ遊んでない方は是非。

 

得点:81/100

ストーリーやシステムに癖がないため、どんな人でも遊びやすいはずでござる。

800円と安いので、手軽に買えるのも良いでござるな。

 

⇒ 「スチームワールド ディグ」をPS Storeで見てみる

 

↓は序盤のプレイ動画でござる。

ゲームレビューカテゴリの最新記事