【PS4ブレイドストーム 評価】西欧の歴史ものなのは嬉しいが全体的に中途半端でモッサリ

【PS4ブレイドストーム 評価】西欧の歴史ものなのは嬉しいが全体的に中途半端でモッサリ

今回紹介するのはPS4の「ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア」というゲームでござる。

様々な兵種の軍団を切り替えながら戦う無双シリーズとは一味違う戦争ゲームでござるよ。

 

Advertisement

「ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア」の基本情報

タイトル(商品名):ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア
機種:PlayStation4
ジャンル:アクション
メーカー:コーエーテクモゲームス
価格:8,424円

 

2007年に発売されたPS3ソフト「ブレイドストーム 百年戦争」をリメイクし、新たなファンタジーシナリオ「ナイトメア編」を収録した作品。

本編である「百年戦争」はイギリスとフランスの間で1337年から1453年まで続いた史実の戦争で、こちらは傭兵として戦争に参加した主人公(プレイヤーが作成するキャラクター)の視点で描かれている。

コーエーテクモは歴史ものを得意としているが、西欧の歴史ものは珍しい。

 

本作は無双シリーズでお馴染みのオメガフォースが制作しているが、無双シリーズとは少し異なるゲームとなっており、軍団を率いて戦うアクションとなっている。

軍団には長剣兵、弓兵、騎兵などの兵種があり、それぞれ得意・不得意な兵種が決まっている。

敵に有利となる兵種に切り替えながら敵の軍団を潰していき、敵の占領地を奪っていくのが大まかな戦場での流れとなる。

 

軍団を率いるには自軍拠点などにいる軍団の近くで×を押せばOK。

なぜか駆け出しの傭兵に文句1つ言わずゾロゾロと付いてきてくれる。

また、途中からは複数の傭兵を操作することができるようになり、それぞれの場所に配置して切り替えながら戦ったり、軍団同士をくっつけて大勢力にしたりすることもできる。

 

兵種は2種類の方法で強くすることができる。

  • 敵の軍団長を倒したり、拠点を落とすことで使っている兵種がレベルアップ
  • 戦場での活躍に応じてSPがもらえ、育てたい兵種の兵法書のレベルを上げるとその兵種がレベルアップ

SPによる成長はレベルだけでなく、攻撃力などを育てたり、特殊攻撃を強くしたりといったこともでき、全職共通のポイントなのでどれか1つの兵種を徹底的に育てるのか、満遍なく兵種を強くしていくのかはプレイヤー次第。

「ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:6時間
クリア:未
バージョン:1.05
導入DLC:なし

 

百年戦争編をメインにプレイし、ナイトメア編は触りだけ。

傭兵を他のプレイヤーの戦場に送るオンライン要素もあるが、拙者は全くノータッチ。

DLCは傭兵の声などの拡張が有料で販売されている。

もっさり移動がストレス&兵種間のバランスが悪い


大人数でモッサリ移動は見ているだけで疲れる

 

本作は戦場がとにかくだだっ広い。

しかも無双キャラのようにキャラクターがキビキビ動かず、結構もっさりとしている。

そのため、移動に結構ストレスが溜まるゲームである。

しかも大軍団を従えるとプレイヤーキャラがどれだか分かりにくくなり、角などによくつっかかったりもする。

 

馬に乗っている騎兵系の兵種ならこの移動のストレスは軽減されるが、その騎兵が強くて「結局他の兵種に切り替える必要ないじゃん」っていう新たな問題も生まれている…。

弓兵などは使用するメリットが全くないように思えた。

全てが中途半端


「黒騎士」なる人も出てくるが良い人っぽい

 

このゲームは無双と同じアクションジャンルになっているが、ほとんどアクションらしい要素はない。

長時間移動して、敵がいたらR1 or □ or △ or ○を押すだけ。

では敵の兵種ごとに兵を切り替えて戦う戦略ゲームかというと、これも微妙なところで、レベルさえ上がってしまえばわざわざ兵を切り替えなくても、苦手な兵種もゴリ押しでどうとでもなる。

つまり、アクションとしても戦略ゲームとしても中途半端なのだ。

 

また、ストーリーにしても100年戦争を題材にしているものの、登場人物が変わっただけで、いつもの「みんな悪くない」綺麗な戦争ストーリーになっており、中途半端な印象。

いっそのこと、イギリス側かフランス側どちらかを悪役にしちゃっても良かった気がするが、今も実際にある国だから難しいのだろうか…?

焼き直しでフルプライスは高い!


グラは一応PS3よりも進化しているらしい

 

本作は2014年に発売されたゲームだが、7年前のPS3作品をほぼそのままリメイク+数時間のナイトメアシナリオを付け足しただけのゲームである。

拙者のようにPS4で初めてプレイする人はいいが、PS3から続編を待ち望んでいた人にとっては、かなり拍子抜けの内容だったに違いない。

しかもフルプライスという…。

 

これを発売して続編作るか検討しようということだったのかもしれないが、この内容ではあまり売れてないだろうな~と思う。

2017年5月にはフリープレイ化しているので、独特なシステムや100年戦争について知りたいという人は今のうちにダウンロードして遊ぶのが一番だと思う。

総評

悪い事ばかり書いてきたが、独特のシステムや西欧の歴史も扱おうという新たな試みは支持したい。

もう少し練られた続編が出れば…。

 

得点:24/100

全然遊べない!ってことはないが、フルプライスで買う価値はないと思う…。

フリープレイで遊ぶのなら充分もと(PSプラス代)は取れるはずだ。

ゲームレビューカテゴリの最新記事