PS4のアナログスティックはゴムが削れやすい!安くて使えるカバーは?

PS4のアナログスティックはゴムが削れやすい!安くて使えるカバーは?

今回レビューするのはPS4のコントローラーアクセサリー「アナログスティックカバープラス (ブラック)」でござる。

PS4コントローラーを購入する時に一緒に用意しておきたいアイテムでござるよ。

 

Advertisement

PS4コントローラーの弱点はアナログスティックのゴム!

拙者は初期型PS4を購入してから既に2年以上経っているが、意外と今も大きな不具合は起きずに現役で活躍中である。

 

しかし、購入してから結構早いうちに壊れてしまった部分が1か所…。

それがPS4の純正コントローラーにあるアナログスティック

↓の写真のようにLスティックのゴムが剥がれ(というか削られ)てしまったのである。

 

 

どうやらPS4の純正コントローラーはアナログスティックのゴムが薄く、アクションゲームなどの激しい操作をしているとすぐに剥がれてしまうようで、拙者は半月くらいでゴムに傷が付き始めてしまった。

全体的に見ればコントローラーはPS3から大分進歩しているように思えるが、ここだけなんでケチってしまったんだろう…。

スティックのゴムが削れるのを防ぐには?

ゴムが削れても普通にコントローラーが使えなくなるというほどのことはないが、滑りやすくなったり、違和感が出たり、埃や手垢が付きやすくなってしまう。

そこで、こうなる前に用意しておきたいのが、アナログスティックにつけるカバーだ。

PS4用アナログスティックカバーは結構色々でているが、拙者が購入したのがこれ↓

これを選んだ理由は簡単、一番安いかったから!(400円台で買える!)

これにはアナログスティックカバーが2種類と、十字キーカバーが2種類入っている。

 

 

斜め入力がしやすくなる十字キーカバー。

一見、どちらも同じに見えるが少し厚みが違い、操作感で好みが出そう。

 

 

真ん中がくぼんだタイプのアナログスティックカバー。

PS4コントローラーも真ん中がくぼんでいて似たような形に見えるが、操作感は全く違うものになる。

個人的にはちょっと使いづらかった。

 

 

こちらは逆に中央が盛り上がったタイプのアナログスティックカバー。

これはPS3のアナログスティックに近いようにも思えるが、やはり操作感は全く違う。

個人的にはこちらがオススメ。

 

十字キーカバーは付属の両面テープで貼り付けするため、基本的に一度付けたらそのまま。

アナログスティックのカバーは、すっぽりかぶせるように装着するだけなので、いつでも取り外しが可能だ。

アナログスティックカバーの使用感・感想

個人的には中央が盛り上がったカバーが使いやすい

 

アナログスティックカバー2種類のうち、拙者は中央が盛り上がって全面にブツブツがついているカバーが使いやすかった。

元々のアナログスティックのが中央がへこんだ形で、このカバーは中央が盛り上がった形のため、最初は中にちょっとした隙間は感じるが、ちょっと押しこめば浮いてくることもないし、アナログスティックにピッタリくっついた形で使える。

アナログスティックの中心はちょうどフラットな感じになる。

指を刺激するブツブツがなかなか気持ちいい。

 

 

一方の中央がへこんだタイプは上のブツブツタイプより違和感がある。

上の写真を見ても分かる通り、指をのせる部分が分厚くなるため親指が少し高くなるのに加え、真ん中がカバーなしよりもへこみが強くなっているためだ。

使っているうちに慣れるかもしれないが、ブツブツタイプよりもプレイ中に外れやすいこともあり、あまりおすすめできない。

十字キーは格闘ゲーム用?

 

十字キーにつけるカバーについては、拙者は付けていない。

これは十字キーに両面テープで貼りつけるのだが、両面テープ+カバーの厚みで、どうしても高さが変わってくるし、それほど斜め入力が重要になるゲームをプレイしていないからだ。

格闘ゲームをパッドでプレイする人には便利なのかな?

 

十字キーを保護するだけが目的なら、テープでネチャネチャになるだけなので、むしろ付けない方が良い気がする。

ゴムの保護にも、故障後にも使える

上でがスティックのゴムが故障する前に購入するのを薦めているが、拙者自身は写真の通り、ゴムが削れた後に購入した。

ゴムが剥がれてから装着すれば、しっかり滑り止め効果は戻るのでこういう使い方もできなくはない

 

だが、外した時にゴムが剥がれるのはあまり良い気分ではないし、ゴミも溜まりやすくなる。

安い買い物だし、できればPS4を購入する時に一緒に購入するのをオススメしたい。

総評

長くコントローラーを持たせたいのなら、アナログスティックカバーはあった方が良い。

400円代で安いのは良いが、十字キーカバーはいらないかな…。

 

得点:52/100

FPSなどをガチでプレイしているような人出ない限り、400円のカバーでも充分役に立つ。

逆にもうちょっとこだわりたい人は+400円で買える「アナログスティックカバー 極」というのを買ってみるといいかもしれない。

ゲーム機・周辺機器カテゴリの最新記事