【The Unfinished Swan 評価】絵の具を投げつけて謎解きする1人称パズルゲーム

【The Unfinished Swan 評価】絵の具を投げつけて謎解きする1人称パズルゲーム

今回レビューするのはPS4の「The Unfinished Swan」というゲームでござる。

絵の具を投げることで様々なことが起こる、ちょっと変わったパズルアクションゲームでござるよ。

「The Unfinished Swan」の基本情報

タイトル(商品名):The Unfinished Swan(ザ アンフィニッシュド  スワン)
機種:PlayStation4
ジャンル:アクション
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格:1,296円

 

2017年7月現在、フリープレイとして配信中。

もともとPS3で2012年に発売されたタイトルでPS4には2014年移植だから、結構古いゲームらしい。

イギリスではアカデミー賞のゲーム部門でデビュー作品賞、イノベーション賞を受賞している。

 


王様のお話は童謡チックだが、意外と大人向けな話

 

本作は、母親を亡くしたモンローが白鳥の足跡を追いかけて旅する…というストーリー。

旅の途中では、絵を描くことで王様になった人物のストーリーも絵本風に展開される。

王様が良い国を作ろうと奮闘するものの、何かと失敗してしまうお話なのだが、これがモンローとどう繋がるのかは多分クリアすることで明かされるのだろう。

 


絵の具が貼りつく場所や角度からどういう地形なのかを考えていく

 

ゲームは短いプロローグの後、いきなり真っ白な画面からスタートする。

L1 or R1 or L2 or R2 or タッチパッドで黒い絵の具を投げることができ、これで真っ白で何も分からない場所を塗り潰していくことができる。

黒い絵の具は無限に投げられるので、どんどん投げて地形を把握し、スワンの足跡を追っかけていこう。

 


適当に投げまくっても白と黒のコントラストはなぜか絵になる。

 

ゲームの紹介でもこの白黒コントラストばかりが強調されているが、これは1章のみで、2章以降では絵の具を別の形で用いるようにもなる。

「The Unfinished Swan」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:2時間
クリア:未
バージョン:1.00
導入DLC:なし

 

2章までクリア。

アクション要素はほぼない


最初のステージが真っ白で度肝を抜かれるが、2章意向は徐々に色づいていく

 

本作のジャンルは「アクション」となっていて、1人称視点という形になっているが、アクション要素はほぼ×ボタンでのジャンプと絵の具投げのみ。

それらも判定がシビアなんてこともなく、アクションが下手で詰むようなことは恐らくないだろう。

一応、水の中に落ちたり、途中出てくる敵にやられたりすると近くからリスタートとなる。

 

ただ本作の場合、謎解き以前に全くゲームの説明が全くないまま始まるため、色々試したりできない人の場合、詰む可能性もある。

 

拙者もプロローグ終わってから始まったのに最初気づかず、気づいてからも何していいのか分からず、数分オロオロしていたw

このようにプレイヤーに考えさせて試行錯誤を楽しませるゲーム性であり、好き嫌いが分かれる作品な気がする。

特にガッツリ最初に説明がある和ゲーとは正反対のゲームであろう。

基本は雰囲気ゲー


風船を集めるとトロフィーがもらえたりするのかな?

 

「詰む可能性がある」と書いたもののパズル自体はそれほど難しくなく、適当に試行錯誤していれば何とかなるものばかり。

要はゲームが下手でも色々していれば、何となく進めてしまうゲームなのだ。

 

どこに行って良いのかの説明もないが、スワンの足跡をたどっていけば問題なく、足跡をたどれない場合でもいつの間にか正解ルートを進んでいたりする。

恐らくほとんど1本道ルートだと思われる。

 

風船を集めるなどのコレクション要素もあるが、探索がそこまで面白い訳でもないため、物語をメインにした雰囲気ゲーと捉えるのが良さそう。

自分で色々試しながら進んでいくゲーム性は「ホホクム」の3D版という感じかも。

ボリュームは少なそう


水色の絵の具を投げてツタを伸ばしたり、ギミックは凝っている

 

まだ最後までクリアした訳ではないが、全4章で、2章クリアまでで2時間ということを考えると多くて5時間程度のボリュームだと思う。

まぁ雰囲気ゲーであればこんなものだろう。

長く遊びたいという人には向かないし、サクッと遊びたい人向けのゲーム。

 

ギミックは結構凝っているし発見した時の喜びは結構大きいが、長くてもダレそうなので、これくらいがちょうどいいのかも。

総評

「ホホクム」とにたゲーム性と書いたが、個人的には「ホホクム」よりも大分楽しめた。

ストーリーがある・ないの違いもあるが、1人称視点での「探索している感」が大きい気がする。

ただ、やはり個人的にあまり好きなジャンルではないのでトロコンまでプレイする気にはなれないかなぁ…。

 

得点:36/100

時間つぶしと脳トレにはピッタリのゲームでござる。

あまりに暇なら最初のステージを全て真っ黒に塗り潰してみては?w

 

↓は拙者の初見動画でござる。

最初の数分のオロオロが見どころ。

ゲームレビューカテゴリの最新記事