【マインクラフト 評価】サンドボックスの基礎を築いた革新的作品

【マインクラフト 評価】サンドボックスの基礎を築いた革新的作品

今回レビューするのはPS4の「マインクラフト」というインディーズゲームでござる。

今更紹介するのも気が引けるほど有名なサンドボックスゲームでござるよ。

 

Advertisement

「マインクラフト」の基本情報

タイトル(商品名):Minecraft(マインクラフト)
機種:PlayStation4
ジャンル:アドベンチャー
メーカー:Mojang
価格:2,592円

 

「サンドボックス」というジャンルを確立し、インディーズゲームにも関わらず世界で1億本2千万本以上を売り上げている「生ける伝説」的なゲーム。

PCの正式版が発売されたのは2011年だが、それから6年経った今でも毎月5000万人以上の人が遊んでいるらしい。

 


砂漠・草原・ジャングルなどロケーションも沢山

 

本作の世界はほぼ全てが立方体のブロックで形成され、ゲーム開始時に地形(山・川など)やバイオーム(砂漠・森林など)がランダム生成される。

プレイヤーはそんなランダム生成された世界で、ほぼ全ての資源(土から木、鉱石など)をアイテムとして入手でき、それらを加工・設置することで自由に世界を変えていくことができる。

例えば何もない平原に家を建てることもできるし、畑や牧場も作れる。

頑張れば街や城といった大規模な建築もできる。

 

シンプルで自由度の高いゲームなので、プレイヤーの想像力次第で世界はどんな形にも変化していく。

地下の探索を進めれば電気代わりになる鉱石も入手でき、色んな装置を自動で動かすことまで可能になる。

PS3版では若干小さな世界だったがPS4では充分広大な世界が満喫でき、世界の隅々まで見て回るのも相当苦労するようになった。

 

モードは3種類

  • サバイバル=自動生成される世界で物作りしたり、探索したりする一般的なモード
  • クリエイティブ=全ての物が自在に取り出せ、空も飛べる建築をガッツリするためのモード
  • アドベンチャー=物が専用のアイテムでしか壊せないモード

後のアップデートではミニゲームとしてオンラインでのプレイヤー同士の対戦なども可能になり、専用マップでバトル・タンブル・グライドの3種類のルールが遊べるようになっている。

「マインクラフト」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:200時間
クリア:クリアがない
バージョン:1.54
導入DLC:ナチュラルテクスチャパック

 

PS4を買ってすぐの頃はかなり遊んでいた。

それ以後はほとんど起動していなかったが、結構色んな要素が追加されていて、未だにアプデも頻繁にあるみたいだ。

 

DLCはテクスチャーやスキン、ミニゲームの追加コースなど様々な要素が有料で追加できる。

テクスチャなどはゲーム内で無料お試しできるため、試して気にいったものを購入しよう。

好みが真っ二つに分かれる作品


テクスチャを変更するだけでも大分違った印象になる(上:初期 下:Fallout4テクスチャ)

 

本作は楽しいと感じる人と、つまらんと感じる人が真っ二つに分かれる作品だと思う。

楽しいと感じる人は、自分で色々と物を作るのが好きな人や、自分で楽しみを見つけられるような、1人遊びが得意なタイプだろう。

本作は根気さえあれば、「こういうのが作りたい」というのを大抵は可能にしてくれるほど懐が深い作品で、そのための素材は揃っている。

 

逆につまらんと感じる人は、物作りに興味がない・根気がない人、ストーリーがないと嫌という人だろう。

独特な本作ならではカクカクのビジュアルも最初は結構違和感を感じるかもしれない。

 

ネットの意見でも結構賛否両論あるのだが、日本では小学生にもブームになるなど、万人向け作品みたいに扱われているのが不思議。

よくよく考えると最初は世界にポツンと1人だけだったり、夜になるとゾンビが出てきたりとちょっと怖い世界観でもあるが。

合わない人向けにアプデされている印象


希少鉱物がゲットできたりするものの、危険も多い地下探索

 

決して万人向けではない作品なのだが、このような不満を解消するため、自分で物作りしたくない人向けのようなアプデが多くみられる。

例えば、上で書いた対戦プレイや、世界に新しく追加されるオブジェクトなんかがそうだ。

 

物作りばかりがフューチャーされやすい本作だが、もともと世界の探索も個人的には面白い要素だと思う。

特に地下などの危険な場所の探索はかなり心臓バクバクのスリルが味わえる。

新たな追加オブジェクトは個人的にはかなり気になるポイントだ。

 

これらのアプデのおかげで、物作りに興味がなくてもある程度は楽しめる作りになってきている。

とにかく時間泥棒すぎ


ジャングルの木の中で猫と暮らす生活もできます

 

一旦本作にハマってしまうと、他のゲームができなくなるくらいガッツリ遊べてしまう。

それはもはや「面白い」というよりは、「完成させなくては!」という義務感。

これがある意味このゲームの難点かもしれない。

長く遊べるコスパの良いゲームを探している人には抜群にオススメだが、ちょっと触るくらいで本作を買うのは止めた方がいいかもしれない。

総評

サンドボックスの原点と言われるゲームだが、本作ですでに改良の余地がないくらいに完成されている。

それゆえに未だに多くの人が後発のサンドボックスゲーではなく、マイクラを遊んでいるのだろう。

得点:97/100

 

100点でもいいんだけど…、途中からつまらなくてもプレイしてしまう病にかかるのでマイナス3点でw

物作りが好きな人や、自由度の高いゲームが好きな人にはまず間違いないゲームでござるよ。

 

⇒ 「Minecraft」をPS Storeで見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事