【EDF5 プレイ日記】地下ステージとエルギヌス登場!そして定番の赤い波…

【EDF5 プレイ日記】地下ステージとエルギヌス登場!そして定番の赤い波…

「地球防衛軍5」プレイ日記、第5回。

今回はミッション17~20の攻略でござる。

 

Advertisement

基本ルール

  • 難易度:ハードでプレイ
  • 初見状態
  • 兵科は4兵科を回していく(4つのミッションごとに全ての兵科を使う)
  • クリアしたミッションはやらない
  • 狙った稼ぎはなし

ミッション17「災いの使役者」

カエル数匹+それに率いられた黒蟻・赤蟻の大群ミッション。

全て非アクティブからスタートするため、1小隊ずつ潰していこう。

使用兵科:エアレイダー

死亡回数:0

 

M15・M16で欧州に当然現れたカエル星人は世界各地に散らばり、侵略を開始。

なんとカエルは黒蟻などの昆虫を操作して人間を襲わせていた。

今回はそんなカエルが率いる1師団と戦うミッションである。

 

 

エアレイダーを選択したのはたまたまだったが、空爆要請やビーグル使用の練習にはもってこいのミッション。

初期位置からでも位置指定の空爆を使えば、沢山の敵を巻き込むように要請できる。

 

 

ニクス レッドボディはベガルタの赤いヤツと同じように、機動性が高く近接用のコンバットバーナーを装備した機体。

更にベガルタと違い、遠距離用にマシンガンも装備しているので、かなり使い勝手が良い。

最高レベルのレッドボディでは、他の機体の3倍速く動ける…かも!?

 

 

カエルも散弾砲を当てるとかなり楽に倒せる。

ただ、アーマーが低いので遠くから延々撃たれると危険。

 

 

ニクスがない時はもはやお約束の150ミリ砲引き撃ち作戦。

赤蟻は動きが速いため、攻撃前動作や攻撃後のスキを狙わないと当てにくい。

 

カエルと怪物は仲間だったことが判明し、絶望するEDF本部。

しかし、一般市民には欧州の戦いが勝利で終わったなどの情報操作を繰り返していくのだった…。

ミッション18「洞穴の秘密」

EDF5では初の地下ミッション。

カエル、黒蟻、赤蟻、蜘蛛と色んな敵が出現する。

これまでのシリーズ同様、狭い場所におびき出して一気に殲滅するのが楽だが、最奥の敵の数が結構大変。

使用兵科:レンジャー

死亡回数:1

 

怪物の巣穴と思われる穴を初めて発見したEDF。

今回はその巣穴を調査し、怪物の生態調査と殲滅が目的となる。

拙者は先行部隊として、ちょっと偉そうなレンジャー達と穴の奥を目指す。

 

 

早めにフェンサーを使っておきたいところだが、地下ステージは長丁場になるため安全にレンジャーを選択。

最初はナオパームを持ち込んだが、思ったより炎の継続時間が短く足止めできなかったため、グレネードランチャー+バウンドガンに装備を変更した。

 

 

バウンドガンは一見アサルトライフルのような感じだが、壁に当たると跳弾する武器。

狭い通路ではアサルトライフル以上に効果が見込めるはず。

今回は強いバウンドガンもあるのだろうか…?

 

 

新入りだからと言って、ディスられる拙者。

最初にいるレンジャーの他、後半になるとウイングダイバーやフェンサーも配下に加えられ、結構大規模な地下探検隊を結成できる。

 

 

穴の最奥部には、「これはひどい」というほど怪物が大量出現。

ただ、上手く奥の通路に逃げ込めたら、ディスってきた仲間もろとも比較的安全に殲滅できた。

 

せっかく穴の奥深くまで来たが、敵の大量出現によってこれ以上危険と判断したEDF本部は撤退を決定。

巣穴のことはしばらく忘れることにした。

ミッション19「殲滅計画」

超巨大な怪正物エルギヌスが初登場するミッション。

序盤には黒蟻も登場する。

ある程度ダメージを与えるのか、時間経過なのか、エルギヌスの撤退条件は謎。

使用兵科:フェンサー

死亡回数:0

 

黒蟻の殲滅を目的とした駆除班に編入された拙者。

そして…「今更黒蟻なんてへっちゃらだぜ!」と、本部の指令を鵜呑みにする拙者は…。

 

 

フェンサー、しかもまだ使ってないガリオン速射機関砲×2とジャックハンマーを持ち込み。

どちらも弱くない、むしろ黒蟻や飛行ドローンには使いやすい武器だが…。

 

 

こいつには不向きだった。

今回はかなり早い登場のエルギヌス。

ジャックハンマーは近づかないと当たらないし、ガリオンは遠くから撃つと威力減衰する武器だった。

エルギヌスはでかすぎて距離感が分かりづらいので、できるだけ射程のある武器の方が楽に相手できる。

 

 

ずっとアーマー16で粘る拙者。

逃げ回ってるだけだと一向に登場しなかったので、戦車隊登場フラグはダメージ蓄積かな…。

 

 

戦車の第1陣が簡単に殲滅すると、今度は第2陣として最後にはぴょんぴょん跳ねるフェンサー隊などが登場。

しかし、エルギヌスはどこ吹く風で悠々と立ち去っていくのだった。

(た、助かった…)

ミッション20「帰途の遭遇」

ミッションの説明は全くノーヒントだが、まさかの赤波ミッション。

とにかく大量の赤蟻が出てくるシリーズ伝統のミッションだ。

噛まれた時用に脱出用の武器は持っていた方がいい。

使用兵科:ウイングダイバー

死亡回数:1

 

あるミッションの帰還途中。

任務が終わり、気が緩んでいる仲間達はわいわい冗談を言いながら行軍している。

平和なひとときだ。

しかし、その時…!

 

 

海岸に突然の赤蟻出現!

数が多すぎる!!

1波は遠くから、2波は味方の後ろから、3波は両端から赤蟻が大量に出現する。

 

 

ウイングダイバーの使っていないパルスマシンガンを実践投入してみた。

エネルギー消費が多い割にダメージが弱い、ゴミ武器でした…。

 

 

パルスマシンガンが産廃だったので、基本はプラズマキャノンB型のみで引き撃ち。

後ろにジャンプしブースト回転してから撃つとかっこいいし、エイムの安定性が良くなる…気がする。

 

 

味方もコンバットフレームや戦車など多数いるが、結局拙者以外は全滅。

「被害は大きいですが、生存者がいるだけで充分です」って…本当にそれで人類は勝てるのか…?(続く)

 

⇒ PS Storeで「地球防衛軍5」を見てみる

【PS4】地球防衛軍5

ゲーム日記カテゴリの最新記事