【EDF5 プレイ日記】前哨基地を破壊せよ ⇒ やっぱ無理!逃げろ!!

【EDF5 プレイ日記】前哨基地を破壊せよ ⇒ やっぱ無理!逃げろ!!

「地球防衛軍5」プレイ日記、第8回。

今回はミッション29~32の攻略でござる。

 

Advertisement

基本ルール

  • 難易度:ハードでプレイ
  • 初見状態
  • 兵科は4兵科を回していく(4つのミッションごとに全ての兵科を使う)
  • クリアしたミッションはやらない
  • 狙った稼ぎはなし

ミッション29「アイアンウォール」

カエルが大量に出てくるミッション。

アサルトライフル、ショットガン、砲兵が全てそろい踏みだ。

市街地での戦いだが、隠れる場所がないくらいに敵の数が多いため、なるべく距離を取って戦った方が楽になりそうだ。

使用兵科:フェンサー

死亡回数:3

 

ミッション名から「フェンサーなら盾を使えばガチンコで殴り合いできるんじゃないか?」という思いつきで、ブラストホールスピア&タワーシールド装備。

もう片方は実験的にYH2散弾迫撃砲とヴィブロハンマーFAにした。

カエル相手にヴィブロハンマーはちょっと火力不足かな…。

 

 

今回の任務は押し寄せるエイリアンの大軍団から市街地を守ること。

市民の避難が終わるまで、何としてもここでエイリアンを足止めするという作戦のようだ。

拙者達は肉壁としてカエルの大群との勝負に挑む。

その名も「アイアンウォール作戦」だ。

 

 

これまでのカエルミッションに比べカエルの数がめちゃくちゃ多く、隠れてやり過ごすのはなかなか難しい。

小さな路地にいてもすぐに見つかって撃たれてしまう。

 

 

今回初めて使ってみた散弾迫撃砲だが、前作と違って弾が少ないような…。

しかも精度が悪いため、狙った場所に全然飛ばない。

単に成長していないだけかもしれないが、あんまり役に立たなかった。

 

 

タワーシールド&スピアにこだわるあまり結構死んでしまったが、それなりにタワーシールドを構えながら無理やり押し通ることもできなくはない感じ。

ただ、ショットガン持ちはガリガリ削られるので、敵を選んだほうが良さげ。

スピアは貫通持ちなので、カエルの死骸で弾を避けながらスピアを撃ち込むのもアリ。

 

雨の戦闘でもピンピンしていることから、一部で囁かれていた「エイリアンは水に弱い」という説は否定されてしまった(知ってた)。

しかし、EDFの意地によってこの地を守り抜き、「アイアンウォール作戦」は無事に成功を収めたのだった…。

ミッション30「前哨基地 破壊作戦 プランA」

カエル、飛行ドローン、黒蟻、蜘蛛、それにテレポーションシップという敵が大集結しているミッション。

前哨基地破壊作戦だが、このミッションでは前哨基地に攻撃する必要はなし。

蜘蛛はテレポーションシップではなく、地中からも沸いたりする。

「テレポーションシップを破壊しろ」と言われるが、実は(1つは?)破壊しなくてもクリアできる。

使用兵科:レンジャー

死亡回数:3

 

エアレイダーでチャレンジしたが全然ムリそうだったので、レンジャーに切り替えてチャレンジ。

敵の数がとにかく多いので、アサルトライフルとロケットランチャーの基本装備で行くことに。

ちなみにレールガンを持ち込んだがすっかり使うのを忘れていた…。

 

 

M22で突然現れた前哨基地。

今回はそんな前哨基地を破壊するためのプランA・プランBの二段構えの作戦だ。

プランAは砂嵐に紛れて前哨基地にこっそり近づき、基地に爆弾を仕掛けて破壊するというプラン。

拙者は工作員の護衛として前哨基地に近づくことになった。

 

 

前哨基地に近づくと飛行ドローンと黒蟻の空と地上からの激しい攻撃を受ける。

この時点で全然紛れられていない気もするが…。

とにかく飛行ドローンが自由に裏側に回ってくるのがいやらしい。

ドローンばかり気を取られれば蟻の酸を近くでぶっかけられるし…。

 

 

黒蟻(途中から蜘蛛も?)投下するテレポーションシップは左右に2つある。

破壊できれば少し楽になるが、カエルも近くにいたり、飛行ドローンも沢山いるのでなかなか攻撃機会が難しい。

 

 

動画9:55くらいからのカオス。

カエルが上から降ってきて、蜘蛛が地下から沸き出てくる。

正直、「こりゃ死んだ…」 と思った。

 

結局爆弾は仕掛けられず、プランAは失敗。

それどころか突然前哨基地から足が生えてきて歩き出すという、予想もしていなかった展開に。

兵士の士気はボロボロだが、EDFはすぐさまタイタンやコンバットフレームによる総攻撃で破壊するプランBを決行することにした。

ミッション31「前哨基地 破壊作戦 プランB」

前哨基地から撤退しながらカエル、飛行ドローン、黒蟻を相手にしなければならないミッション。

前哨基地の砲撃がかなり激しく近くにいたらお手玉されるので、なるべく遠くから敵を攻撃した方がいい。

使用兵科:エアレイダー

死亡回数:0

 

このまま前哨基地破壊しなきゃいけないのかと思ったので、エアレイダーで弱点が狙えそうな戦車をチョイス。

ただ、実際には前哨基地を攻撃する必要は全くなかった。

 

 

突然動き始めた前哨基地。

拙者達は後退しながら、タイタン隊との合流を目指す。

 

 

タイタン・コンバットフレーム vs 前哨基地

激しすぎる攻撃の応酬に遂に、本作始まって初めての処理落ちが発生!

そして、結局タイタンの「主砲が効かない!」というセリフを聞くことに…(知ってた)。

ただ、本作のタイタンは、カエルを始末してくれるので結構頼りになる。

 

 

拙者もタイタンを見習って戦車を要請。

たが、前哨基地の近くにいたらすぐにアーマーを削られるので、主に逃げ用に使うことになった。

 

 

最終的には、M22と同じくカエル、飛行ドローンといた雑魚を全滅させることが目的となる。

誰もいなくなった戦場でチマチマリムペットでドローンを落としていると、いつの間にかクリアとなった。

 

前哨基地破壊作戦はプランA・プランBともに失敗に終わった。

EDFは今一度作戦を練り直すため、またしても一旦前哨基地の存在を忘れることにした。

ミッション32「洞穴侵入作戦 第一段階」

前作でもあった巣穴ミッション3連発のその1。

その1である本ミッションはM18と似たようなオーソドックスなステージで、カエル、黒蟻、赤蟻、蜘蛛が出現する。

カエルはショットガン持ちもいるため注意。

使用兵科:ウイングダイバー

死亡回数:0

 

前作では地下が得意な兵科と言えばウイングダイバーだったが、本作でもその強さは健在なよう。

今回は初使用となるプラズマ・ビックキャノンを持ち込んだが、これがなかなか使いやすく一発クリアできた。

 

 

M18にて訪れた地下洞穴。

「敵が多く危険」ということで長らく放置されていたが、怪物が穴からどんどん出てくるのが目撃され、これ以上の放置は危険ということで再び巣穴侵入作戦が立案された。

拙者は再び巣穴冒険隊の一員に任命され、巣穴探索に向かうことになったのだった。

 

 

スタート位置はM18のラストからだが、内容的にはほぼ焼き増し的な感じ。

次々に現れる怪物+カエルを倒し、奥へ奥へと進んでいく。

プラズマビッグキャノンは爆発範囲が大きく、通路全体をカバーできるので、狭い場所に怪物を固めて殲滅するのに便利。

代わりに自爆すれば酷いことになりそうだが…。

 

 

スパークウィップはスパークバインの長距離射程版。

こちらも使い勝手の良い武器で、近距離武器だけどある程度離れても届くのが便利。

 

 

ショットガンカエルはなるべく離れた場所から身体を破壊し、近づくようにしたい。

近距離で撃たれるとかなり痛いダメージを食らってしまう。

 

かなり奥まで来たが、まだ洞穴の最奥には到達できていないよう。

怪物の繁殖を食い止めるため、拙者達の洞穴探索は続く…。(つづく)

 

⇒ PS Storeで「地球防衛軍5」を見てみる

【PS4】地球防衛軍5

ゲーム日記カテゴリの最新記事