【EDF5 プレイ日記】人間とは似ても似つかないコスモノーツがやって来た!

【EDF5 プレイ日記】人間とは似ても似つかないコスモノーツがやって来た!

「地球防衛軍5」プレイ日記、第12回。

今回はミッション45~48の攻略でござる。

 

Advertisement

基本ルール

  • 難易度:ハードでプレイ
  • 初見状態
  • 兵科は4兵科を回していく(4つのミッションごとに全ての兵科を使う)
  • クリアしたミッションはやらない
  • 狙った稼ぎはなし

ミッション45「空の円環」

テレポーションシップ7隻を破壊するミッション。

底面はずっと開きっぱなしになっているが、代わりに動き回るので敵を退けつつUFOを狙撃するのが結構大変。

UFOからは黒蟻、蜘蛛、赤蟻といういつものメンツが下りてきて、途中からはカエルも参戦する。

使用兵科:フェンサー

死亡回数:1

 

機動力のあるフェンサーにはうってつけのミッション。

他の兵科だったらもっと苦労してたかもしれない。

スラスタージャンプを駆使しながら敵を置き去りにし、UFOを1隻ずつ沈めていく。

 

 

今回のミッションは市街地にやってきたテレポーションシップ艦隊を撃墜すること。

いきなり周りをUFOに囲まれた状態からスタートする。

なんでこんなになるまで放置してたんだ!?

 

 

UFOは余裕があるのか、弱点をむき出しのまま飛行している。

ただ、移動速度が速くレンジャー、エアレイダーは生身で追いかけるのは結構大変そうだ。

今回フェンサーの狙撃武器として、初となるハンドキャノンを装備。

これは貫通属性付きの長距離まで届く武器で、比較的連射しやすいために雑魚処理からUFO撃墜まで色んな局面で活躍する。

 

 

今回盾がなかったので、カエルは即座に接近して一気に仕留める作戦。

ブラスト・ツインスピアはブラストホール・スピアが2本ついたような武器で、大きく踏み込んで攻撃するため移動補助にもなる。

ただ、踏み込みが大きいため、敵を通り越してしまうこともあり、要練習な武器だ。

 

 

道路を覆いつくす敵・敵・敵。

とにかく敵の数が多い。

サクッとUFOを撃墜してから最後に一気に雑魚処理するのが理想だが、兵科によっては丁寧に敵殲滅しながらUFO撃墜する必要がありそうだ。

 

無事にUFO艦隊の壊滅に成功した拙者。

しかし、この地域にマザーシップNo8が接近していた…。

ミッション46「第二次 巨船破壊作戦」

コスモノーツ初登場ミッション。

他にもカエルや黒蟻、赤蟻が登場する。

ちなみにマザーシップには一切攻撃する必要なし。

使用兵科:エアレイダー

死亡回数:2

 

てっきりマザーシップ破壊の前哨戦かと思ってエアレイダーを選んだが、全然そんなことはなかった…。

コスモノーツの動きが速すぎなので、パワーポストつけてネグリングで一気に殲滅する作戦にしたが、効果があったかどうかは微妙…。

 

 

マザーシップNo8がこの地にやって来てすぐに市街地が占領されてしまった。

今回の任務はマザーシップを撃墜するため、まず地上のエイリアンや怪物を駆逐すること。

こっちの戦力も多いし、慣れた怪物やカエルなんて楽勝だぜ!…と思いきや、ミッションは思わぬ方向へと進んでいく。

 

 

序盤は黒蟻・赤蟻と少数のカエルという編成。

固まっているため、空爆要請だけでかなりの数が減らせる。

この一団を殲滅し、さあいよいよマザーシップへの攻撃を開始するぞ!と思っていたら…。

 

 

うわぁぁぁなんか来たーー!!

でかい癖に軽やかな足取りでコロリン回避までするコスモノーツ。

装備しているアサルトライフルはカエル同様、正面から近づくとゴリゴリ削られる。

また、防御面では硬い鎧を身にまとっていて、生半可な攻撃では鎧を剥がすのも大変だ。

初見では硬すぎ&早すぎで為すすべなく蹂躙された。

 

 

対カエルの必殺武器である機関砲でも鎧を剥がすので精一杯。

最低1匹につき2~3回は要請しないと倒せない印象だ。

 

いきなり現れた強敵にEDF隊員は為すすべなく倒れていく。

拙者や他の生き残った隊員も散り散りになり、街の中に身を隠す他なかった。

ミッション47「生存者」

M16のコスモノーツバージョンのようなミッション。

コスモノーツの目から隠れながら各個撃破していく。

ただ、カエルと違ってグレイは異常に素早いので難易度はM16よりかなり難しい。

使用兵科:レンジャー

死亡回数:2

 

M16と同様にレンジャーをチョイス。

火力に不安があったが、今回初めてショットガンを使い、その強さに痺れた!

 

M46で散り散りになってしまったEDF隊員たち。

拙者は立体駐車場に何とか逃げ込み、なんとか生き永らえていた。

しかし、隠れていてもいつまでも状況は変わらない。

拙者は思い切って立体駐車場を抜け出し、街から逃げる方法を探ることにした。

 

 

しばらく進むと、レンジャーパイセン発見!

この人もなかなか悪運が強い(というか何回も死んでると思うが…)。

早速2人で強力して、敵を倒しながら他の隊員を探すことに。

 

 

今回持ち込んだスローターE22というショットガンなら接射することで、鎧破壊だけでなく部位破壊まで一気に持っていける。

足を破壊して倒れた隙に即効でボコボコにする作戦だ。

接近しなければならないので事故率も高く、2回死んだけど。

 

 

一方、スナイパーライフルはハードまでの感じだと全体的に産廃っぽくなったかも。

何発撃ち込んでも鎧さえ破壊するのが大変だ。

オンラインは何持っていくのが正解なんだろうか…。

 

生き残ったEDF隊員をかき集め、コスモノーツの撃退に成功した拙者達は、何とか生還。

ついでに主力部隊がいなかったことから、街の奪還にも成功した。

こうして拙者には新たな伝説が付け加えられることになったのだ。

ミッション48「円盤拡散」

タイプ2ドローン初登場ミッション。

通常ドローンが横方向へ攻撃するのに対し、タイプ2ドローンは下方向へ爆撃をしてくる感じ。

通常ドローンよりも動きは早いが、図体も大きいので狙撃はしやすいと思う。

使用兵科:ウイングダイバー

死亡回数:0

 

ウイングダイバーは飛行ドローンのような遠くでウロチョロする敵が苦手。

しかし、レンジャーは先のミッションで使ってしまったため、渋々ウイングダイバーで挑戦。

しかし今回ウイングダイバーでも、武器によってはドローンを楽に倒せることが分かった。

 

 

今回の任務はマザーシップが投下し続ける飛行ドローンの破壊。

今更飛行ドローンの破壊だけ?と思ったが、やっぱり新敵が登場するミッションだった。

 

 

その新たな敵とは、新型のドローン。

ドローン・タイプ2と言われる羽が大きな航空機のようなドローンだ。

円盤形のドローンよりサイズはだいぶ大きい。

 

 

ドローンタイプ2は下方向へ爆撃のような攻撃をしてくる。

攻撃力もまぁまぁ高い。

空から真下へ直接攻撃できる分、狙撃武器がないと撃墜に苦労しそう。

 

 

ただ、今回持ち込んだスターダストキャノンは、かなり遠距離まで攻撃できるショットガンのような性能をしており、大量に空に浮かぶ航空戦力にはもってこいの武器。

地上の敵にも大量に襲ってくる雑魚集団には重宝しそうだ。

 

ドローンと戦っている間にマザーシップNo8はこの地域を離脱した。

結局マザーシップに良いようにあしらわれただけのEDF。

更にプライマーは、恐るべき殺戮ロボを地上に投下し始めていた…。(続く)

 

⇒ PS Storeで「地球防衛軍5」を見てみる

【PS4】地球防衛軍5

ゲーム日記カテゴリの最新記事