【EDF5 プレイ日記】1体でも苦労したエルギヌス・アーケルスが大量に登場!

【EDF5 プレイ日記】1体でも苦労したエルギヌス・アーケルスが大量に登場!

「地球防衛軍5」プレイ日記、第25回。

今回はミッション97~100の攻略でござる。

 

Advertisement

基本ルール

  • 難易度:ハードでプレイ
  • 初見状態
  • 兵科は4兵科を回していく(4つのミッションごとに全ての兵科を使う)
  • クリアしたミッションはやらない
  • 狙った稼ぎはなし

ミッション97「糸に抱かれた鉄線」

蜘蛛系大集合ミッション。

アラネア、蜘蛛、キング、それに蜘蛛を吐き出すアンカーが登場する。

キングと蜘蛛は非アクティブなので、アラネアさえ排除すればだいぶ楽になるが、そのアラネアがキングの真上にいるという厄介な配置になっている。

使用兵科:レンジャー

死亡回数:4

 

今回はレンジャーでスナライを中心とした攻略。

発射間隔が短く、撃った後の反動も小さい扱いやすいターミガンと、たまにグレランで敵をぶっ飛ばすという作戦でクリアした。

 

 

市民の生き残りが多い地区に蜘蛛やアラネアが出現。

今回はそんな市民を守るために蜘蛛を殲滅させるミッションだ。

ところで市民は攻撃を食らっても無敵のはずなのに、なぜこんなに人口減少しているのだろうか…。

 

 

3連GランチャーBRUTEは一度に3方向へグレネードを撃ち出す広範囲武器。

1回撃つごとにリロードが入るのが難点だが、多数の敵をまとめて巻き込めるので使い勝手がいい。

 

 

アラネアの巣の下にはアンカーとキング、蜘蛛多数。

アラネアかアンカーかキングか、どれを優先して倒すかはそれぞれ違うかもしれないが、個人的にはキング最優先が良いと思う。

巣は破壊してもアクティブにならないので、先にどんどん壊してもいいかも(アラネアの居場所が分からなくなるけど)。

 

 

今回のようなミッションでは爆発物を当てて攻撃させずに倒す、というのは難しいので、タゲをNPCに向けさせてそのうちに倒すのが安全。

NPCが死んでしまう前にさっさとケリをつけよう。

 

一方そのころ、マザーシップNo2の攻撃によってEDF総司令部は消滅。

EDFの壊滅も時間の問題となってきていた…。

ミッション98「水際の防衛線」

マザーシップが次々投下するドローンやエイリアンを相手するミッション。

登場する敵は飛行ドローン、カエル、タイプ2ドローン、インペリアルドローン、グレイ、重装グレイ、テレポーションシップ、羽カエルとかなり多く、しかも厄介な敵が多い。

NPCとしてバルガが出るので、これを上手く使えれば楽になるかも?

使用兵科:フェンサー

死亡回数:15

 

海岸という障害物がない場所での戦いのため、グレイの攻撃でめちゃくちゃ死んだ。

結局かなり遠くまで逃げてミサイルで攻撃するというチキンプレイを披露することに…。

 

 

海岸線にやって来たマザーシップNo9がエイリアンを展開。

今回のミッションはエイリアンたちの上陸を水際で阻止することだ。

しかし、マザーシップは飛行ドローンやエイリアンなどを次々投下してくる。

状況はかなり不利だ。

 

 

特に厄介な敵がいつものレーザーグレイ。

こいつのせいで何回も死んだ。

結局山を越えてぐるっと回り込む作戦で倒したが、落ちてくるところの近くに陣取ってシールドを構え、即効倒した方が良かったのかもしれない。

 

 

後半は大量のNPC兵とバルガが投入されるが、バルガはなぜか重装グレイよりも羽カエルばかり相手して即効で溶けてしまった。

拙者の援護の仕方が悪かったのだろうが…。

 

 

「倒して倒しても羽カエル沸いてくるな~」と思ってたらいつの間にかテレポーションシップも来てた。

拙者これにずっと気づかず、羽カエルばっかり相手してたでござる…。

 

一方、南米ではEDF総司令部の壊滅に続いて、EDFの備蓄シェルターも破壊。

どんどん戦いもままならない状況に陥っていく。

ミッション99「地の底の激戦」

埋まったアンカーを破壊する最後の地底ミッション。

アンカーは全部で8つあり、道中も急に敵が大量沸きしたりと難関ポイントがいくつもある難ミッションだ。

登場する敵は、黒蟻、ダンゴムシ、蜘蛛、キング。

使用兵科:ウイングダイバー

死亡回数:3

 

地底=ウイングダイバー。

ここもウイングダイバーじゃないとかなり難しいだろうな…というミッションだった。

地底のダンゴムシのうざさは異常!

 

 

落下してきたテレポーションアンカーが深く突き刺さって地下洞窟に入り込んでしまったらしい。

そのアンカー破壊にやってきた先発隊は行方不明。

拙者達後発隊は先発隊の救助とアンカーの破壊、2つの任務をこなすことになる。

 

 

地中に埋まってしまったアンカーは道中にもある。

アンカー周りには敵がいっぱいいることが多いので(いきなり沸いてくることも)簡単に破壊できる強力な武器があったほうがいい。

 

 

緊急チャージに入っても撃てる&狭い路地で多くの敵をまとめて攻撃できるサンダーボウガンはこのミッションでも活躍。

チャージせずに撃つとうまい具合にばらけて飛ぶため、ダンゴムシの突進などを防いでくれる。

 

 

ラストのエリアでは沢山のアンカーの下にキングがいるという恐ろしい状態。

入って正面のアンカーはキングも他のアンカーも反応しないため、そこから攻めるのがよさそう。

 

一方 マザーシップの攻撃によって大都市はほぼ壊滅。

山に逃げ込んだ人々にも容赦なく怪物を投下し、人類を完全に滅亡させようとしていた。

ミッション100「最大最後の激突」

エルギヌス、アーケルスといった巨大怪物が多数登場するミッション。

EDF側もEMCやバルガが配置されており、本作で一番大迫力な戦いを繰り広げる。

終盤にプレイヤーが乗れるバルガも登場する。

エルギヌス、アーケルス、カエル、グレイ、重装グレイ、蜘蛛、黒蟻、蜂、羽カエル、シールドベアラーと、「最大最期」にふさわしい数の敵が出てくる。

使用兵科:エアレイダー

死亡回数:5

 

ミサイル、スプライトフォールでエルギヌスやアーケルスを攻撃しつつ、ニクスで雑魚を倒す作戦。

でもスプライトフォールは動き回る巨体にはあまり合ってなかったかも。

 

 

エイリアンがエルギヌスの大群を引き連れて進軍。

これに対抗してEDFは、228基地で入手したバルガをベースにしたウォーバルガを投入した。

もう後がないEDFにとって最大最期の戦いが始まろうとしていた。

拙者はこの戦いにバルガを援護するための歩兵として参加することになった。

 

 

遂に来たレッドニクスの上位版。

アーマー1万越えでなかなか壊されず、火力も高いかなりの超兵器になっている。

 

 

エルギヌスにもタイマン勝負なら楽勝!

バルガよりもこっちを大量生産した方がよかったんじゃ…と思える強さだ。

ただ、やっぱりエルギヌスやグレイに囲まれると辛い。

 

 

最後はオリジナルのバルガも投入され、プレイヤーが操縦することになる。

この時点で3匹もアーケルスが残っていたが、体力が残り少なくてセーフ…。

一度バルガに乗ると、エイリアンは降りてからもずっとビーグルを攻撃する性質があるらしく、拙者はバルガを囮に安全にアイテム回収をすることができた。

 

土壇場のところで勝利することができたものの、EDF側の被害も甚大でこれほどの戦力を今後準備するのは不可能。

人類の勝ち目は完全に消えていた…。(つづく)

 

⇒ PS Storeで「地球防衛軍5」を見てみる

【PS4】地球防衛軍5

ゲーム日記カテゴリの最新記事