【MHW プレイ日記】2つ目のマップ「大蟻塚の荒地」でボルボロスと戯れる!

【MHW プレイ日記】2つ目のマップ「大蟻塚の荒地」でボルボロスと戯れる!

モンハンワールドのプレイ日記第6回。

今回は任務クエスト「猪突猛進の輩達!?」の攻略でござる。

 

Advertisement

今回のプレイの基本ルール

  • ストーリー進行に必要なクエストだけをする
  • フリークエストや調査クエスト、イベントクエスト、探索などはストーリー上必要な時以外はやらない
  • わざとクエストを失敗するのは禁止
  • 採取は手持ちできる分のみ(キャンプに帰ってボックスに預けるのは×)
  • ログインボーナスや各種施設の収穫は使ってもOK
  • 探索クエストでは3回死んだら条件を達成後、即帰還

任務クエスト6「猪突猛進の輩達!?」

ボルボロス登場ムービーは11:00頃、12:20頃から対決開始。

使用武器はチャージアックス。

 

 

任務クエスト1~5までは「古代樹の森」というマップでの狩りだったが、今回は2つ目のマップ「大蟻塚の荒地」が初登場!

森、砂漠、泥沼など色んな地形があるマップだ。

ちなみに大蟻塚とは、ディアブロスの仕掛けている罠のことみたい。

 

 

今回は一般的な「○○を狩猟せよ」というクエストではなく、学者の護衛任務である。

護衛とは言っても、次々に護衛対象に敵が襲ってくるようなものではなく、大蟻塚の荒地を紹介するためのイベントクエストのような感じになっている。

基本的にプレイヤーは相棒の受付嬢や学者達が押す車について行くだけでクエストが進行する。

 

 

車について行く途中には、様々な採集ポイントがある。

古代樹の森では取れない「大地の結晶」などの素材や、この地ならでは特産品は是非採集しておきたい。

また、「にが虫」「不死虫」などの虫系のアイテムが多いのもこのエリアの特徴かもしれない。

 

 

護衛イベントの途中にはおなじみ雌火竜リオレイアが初登場。

今回は戦わず、気を逸らしているうちにやり過ごしても大丈夫。

(というか、ストーリー縛りでは下位リオレイア討伐クエストは存在しなかったりする…。

拙者は結局見つかってしまったが、車がエリアから逃げていれば特に問題なかった。

 

 

リオレイアをやり過ごし、更に進むとゾラ・マグダラオスの痕跡を発見。

そして、そこにボルボロスが登場する。

ここからのボルボロス狩猟が本番となる。

 

ボルボロスはリーゼントのようになっている硬い頭と、泥に覆われて硬質化した身体が特徴のモンスター。

身体に泥があるうちは有効なダメージを与えにくく、攻撃も弾かれやすいが、泥を攻撃で剥がしていけば足や尻尾にダメージを与えやすくなる。

ちなみに泥を纏っている時には水属性、泥が取れた後は家族性武器が有効と状態によって弱点属性も変わったりする。

ハンマーなら敢えて硬い頭をカチ割るのも一興。

 

 

今回からようやくチャージアックスの剣強化を使い始めた拙者。

剣が強化状態なら、切れ味黄色でもボルボロスの硬い頭が弾かれずに攻撃できる。

(斧状態だと普通に弾かれるが…)

 

ただ、剣強化コンボの隙が大きく、積極的に敵に当てていける攻撃でもないのが難しいところ。

また、剣強化しても制限時間が盾強化に比べて短めなので、上手く使わないと全然活かせないことも…。

まだまだチャアクは研究の余地がありそうだ。

 

 

大蟻塚の荒地はちょっとした段差が非常に多く、乗り攻撃のチャンスが多くある。

ボルボロス自体もそれほど強くないので、乗りの練習にはもってこい。

積極的に乗り攻撃を狙ってみよう。

 

 

ボルボロス討伐後、謎の1期団と会った拙者。

どうやら、この人は一人で古龍を追っているらしい。

下位クリアまで進めても、この後一切出てこなかったが、ひょっとして上位クエストでお世話になる人なのだろうか…?

 

さて、ゾラ・マグダラオスの痕跡を発見したことで研究は一気に加速し、痕跡を手掛かりに居場所を突き止めることができるかもしれないとのこと。

しかし、そんな中大蟻塚の荒地で一人の学者が行方不明になったらしい。

次回はそんな行方不明の学者を探すクエストに挑むことに。

 

「モンスターハンター:ワールド」をPS Storeで見てみる

ゲーム日記カテゴリの最新記事