【MHW プレイ日記】トビカガチのトリッキーな動きと大型乱入に振り回される

【MHW プレイ日記】トビカガチのトリッキーな動きと大型乱入に振り回される

モンハンワールドのプレイ日記第8回。

今回は任務クエスト「電影走るはトビカガチ」の攻略でござる。

 

Advertisement

今回のプレイの基本ルール

  • ストーリー進行に必要なクエストだけをする
  • フリークエストや調査クエスト、イベントクエスト、探索などはストーリー上必要な時以外はやらない
  • わざとクエストを失敗するのは禁止
  • 採取は手持ちできる分のみ(キャンプに帰ってボックスに預けるのは×)
  • ログインボーナスや各種施設の収穫は使ってもOK
  • 探索クエストでは3回死んだら条件を達成後、即帰還

任務クエスト8「電影走るはトビカガチ」

トビカガチ登場ムービーは2:10、戦闘開始は6:15辺り。

使用武器はスラッシュアックス。

 

 

今回のクエストは対アンジャナフ戦に備えて、特殊装具の素材となるトビカガチを狩猟すること。

トビカガチは過去作のナルガクルガに似たフォルムのモンスターで、ナルガクルガの得意技、尻尾叩きつけのような技も継承している。

それに加えて、トビカガチはクエスト名通りの雷属性持ち。

もちろん、トビカガチ素材で作れる武器も雷属性なので、雷属性の武器が欲しい人は頻繁にトビカガチ狩りをする必要がある。

 

 

上の画像は雷をチャージしている状態。

この後に繰り出される尻尾叩きつけなどの攻撃は電撃エフェクトがあり、食らうと雷やられの状態異常になることも。

雷やられの状態で更に雷属性の攻撃を食らうとピヨリ状態になって危険。

雷やられはウチケシの実で治すことができる。

 

 

トビカガチは木に登ったり、木と木の間を飛び回るようなアクションも行い、木の上から直接プレイヤーに向かって突進攻撃してくることもある。

突進中にはモモンガのようにちょっとした滑空状態にもなるため、離れていても攻撃が届いたりする。

 

 

だが、尻尾叩きつけや木からの突進以上にトビカガチの攻撃の中でも初心者泣かせなのが、一瞬止まってからのタックル攻撃。

この攻撃はかなり左右にホーミングしてくるため、(完全に避けた!)と思ってもまともに食らったりする。

上の画像のように横に回り込んでも、身体を90度回転させてタックルしてくるので、普通に当たる。

横に避けるよりもモンスター方向に向かって回避した方が避けやすいかも。

 

 

怒り状態になると、白い体毛が生えたようになり、電気のエフェクトも大きくなる。

まだそれほど多く戦っているわけじゃないので詳細は分からないが、この状態ではかなり広範囲な電撃攻撃もしかけてくる(?)みたい。

 

 

トビカガチと死闘の最中、突然ドスジャグラスが乱入。

2匹に同時に狙われるのは怖いので、ここで初めて「隠れ身の装衣」を使ってみることに。

隠れ身の装衣の効果時間中は攻撃したりしない限り、モンスターから見つからなくなる効果がある特殊装具。

一度使うとクールタイムがあるが、消費アイテムではないので繰り返し使える。

 

これによって、トビカガチとドスジャグラスの削り合いを期待したのだが、結局ドスジャグラスが一方的にやられるだけだった…。

 

 

せっかくトビカガチがダメージを与えてくれたので、先にドスジャグラスを狩っておくことに。

相当トビカガチにダメージを食らっていたのか、本当にあっさり倒れた。

ごっつぁんです!

 

 

倒すギリギリになってからはアンジャナフまで乱入。

本格的に攻撃に入る前に倒せてセーフだったが…、以前アンジャナフにあっさりやられたトラウマが蘇るところだった…。

 

トビカガチの狩猟に成功したおかげで、他のハンターにも特殊装具を配れるようになったらしいし、古代樹でアイテムを増やせるようにもなった。

準備は整った。

次回は拙者の狩りの邪魔ばかりをするアンジャナフといよいよ直接対決。

これまでビクビク逃げていたが、果たして勝てるのだろうか…?

 

「モンスターハンター:ワールド」をPS Storeで見てみる

ゲーム日記カテゴリの最新記事