【MHW プレイ日記】ゾラ・マグダラオスに捕獲作戦は通用するのか!?

【MHW プレイ日記】ゾラ・マグダラオスに捕獲作戦は通用するのか!?

モンハンワールドのプレイ日記第10回。

今回は任務クエスト「ゾラ・マグダラオス捕獲作戦」の攻略でござる。

 

Advertisement

今回のプレイの基本ルール

  • ストーリー進行に必要なクエストだけをする
  • フリークエストや調査クエスト、イベントクエスト、探索などはストーリー上必要な時以外はやらない
  • わざとクエストを失敗するのは禁止
  • 採取は手持ちできる分のみ(キャンプに帰ってボックスに預けるのは×)
  • ログインボーナスや各種施設の収穫は使ってもOK
  • 探索クエストでは3回死んだら条件を達成後、即帰還

任務クエスト10「ゾラ・マグダラオス捕獲作戦」

クエスト前ムービーは1:25、クエスト開始は2:33辺り。

使用武器はチャージアックス。

 

 

今回のクエストはゾラ・マグダラオスの捕獲作戦。

そもそも調査団はゾラ・マグダラオスの生態を調査するために新大陸にやってきたハンター集団であり、これまでのクエストも全てゾラ・マグダラオスを見つけ、調査するための準備であった。

つまり、ストーリー上では山場となるクエストで、最初のムービー以来ほとんど出番のなかった5期団のお調子者ハンターなんかも(ムービーだけ)登場する。

 

 

こちらもオープニング以来の登場となるゾラ・マグダラオス。

こうしてみるとめちゃくちゃでけぇ…。

過去作の老山龍とかよりでかいんじゃないだろうか。

こんな馬鹿デカイ古龍相手にハンター達はありったけの兵器で対抗することになる。

 

 

兵器その1:バリスタ

大型のクロスボウのような兵器。

普通の弾の他、単発式拘束弾という龍を拘束する弾を撃てる。

バリスタの弾は1発20くらいしか与えられないが、破壊できる箇所を狙えば部位破壊もできるようだ。

 

 

兵器その2:大砲

巨大な弾を放つ兵器。

バリスタに比べて1発150と攻撃力が高い。

しかし弾が重く、飛竜のタマゴのように1発ずつ運んで、弾込めしなければならず、更に大砲の発射位置は変えられない(横から〇を押せば変えられる)というなかなか不便な兵器。

他のハンターやオトモも弾込めしているが、発射はしないので、当てられるチャンスの時に他の大砲もしっかり撃っておこう。

 

 

途中で使えるようになる単発式拘束弾は初期位置から左のロープを登った先にある。

多分マグダラオスに当たりさえすれば、部位はどこでも拘束できる。

拘束に成功すれば一定時間障壁が壊されるまでの時間を稼げるので、この間に大砲などで攻撃を続けよう。

 

クエスト序盤は上のような兵器でマグダラオスを攻撃するが、第一障壁が破壊されると、ハンター側もマグダラオスの上に乗り込み作戦の第二段階を実行することになる。

 

 

マグダラオスの背中でやることは、身体の3か所にある排熱器官の破壊。

排熱器官の場所はマップに印が付いているが、一か所以外はちょっと身体中に入ったところにあるので、初見だと探しにくいかもしれない。

排熱器官は普通に武器で攻撃をし続けると壊すことができるが…

 

 

攻撃に集中していると、突然中から溶岩が噴き出してくる。

見てから回避は難しいので、ガードができる武器や溶岩が届かない遠距離から攻撃できる武器があると楽に壊せるかも。

 

 

排熱器官を全て破壊せよと指示されるが、拙者は初見の時2個壊しただけでクリアした気がするので、実は全部壊す必要はないかもしれない。

マグダラオスの体内には他にもピッケルで掘れるや破壊できるオブジェクトがあり、採掘ポイントでは現時点ではマップで掘れないドラグライト鉱石やマグダラオスの素材などが手に入り、破壊できるオブジェクトを壊しておくと破壊報酬が手に入る。

 

 

そんなこんなでウロウロしているうちに、新たな龍、ネルギガンテがやってくる。

このクエストではちょっと戦っているうちにイベントに突入してクリアとなるので、適当にあしらうのが吉。

ちなみに任務クエ7のムービーでボルボロスをやった犯人がコイツ。

下位のうちには倒せないが、上位で勝負をする時もきっとあるだろう。

 

ネルギガンテの襲来によってハンター達が混乱している間に、ゾラ・マグダラオスは大峡谷を去り、いずこかへと消えていってしまった。

捕獲作戦は失敗したが、マグダラオスが通った道に亀裂ができ人間も大峡谷を通れるようになったため、調査団は大峡谷を渡り未開の地への調査に乗り出すことになった。

 

「モンスターハンター:ワールド」をPS Storeで見てみる

ゲーム日記カテゴリの最新記事