【MHW プレイ日記】陸珊瑚の台地探索でツィツィヤック達と戯れる

【MHW プレイ日記】陸珊瑚の台地探索でツィツィヤック達と戯れる

モンハンワールドのプレイ日記第12回。

今回は陸珊瑚の台地探索クエストでござる。

今回のプレイの基本ルール

  • ストーリー進行に必要なクエストだけをする
  • フリークエストや調査クエスト、イベントクエスト、探索などはストーリー上必要な時以外はやらない
  • わざとクエストを失敗するのは禁止
  • 採取は手持ちできる分のみ(キャンプに帰ってボックスに預けるのは×)
  • ログインボーナスや各種施設の収穫は使ってもOK
  • 探索クエストでは3回死んだら条件を達成後、即帰還

陸珊瑚の台地の探索

ツィツィヤック登場ムービーは5:35、レイギエナ戦(2回目)は9:40から、ツィツィヤック戦は34:55から。

使用武器は弓。

 

 

今回はストーリー上必要となる探索クエスト。

前回のイベントで発見した陸珊瑚の台地を探索して、大型モンスターの1種ツィツィヤックと2つ目のキャンプ地を見つけることが目的となる。

 

 

初めて訪れる陸珊瑚の台地には、これまでなかったアイテムが盛りだくさん。

特に武器や防具に使うドラグライト鉱石、深海の結晶、サンゴの紅骨辺りはできる限り集めておきたい。

他にも霜降り草などの調合用アイテム、ここにしかいない環境生物など探索すれば色んな物が見つかる。

 

 

このエリアのみに登場するジャグラスポイションの小型モンスター、シャムオス

雑魚モンスターだが、瞬間移動のような高速タックルをしかけてくるため、大勢に襲われるとガンナーは結構苦戦する。

 

 

目的のキャンプ地は山を登って行ったエリア13にある。

他にもキャンプ地はあるはずだが、拙者は見つけられなかった…。

テトルーイベントもあるが、こちらはテトルーを仲間にするためにフリークエストをクリアする必要があるため、今回はスルーした。

 

 

前回のイベントで拙者や相棒を谷底に突き落としたレイギエナもいる。

動画では狩猟しているが、レイギエナについての詳しい内容は後のクエストで書こうと思う。

 

 

もう1つの目的、ツィツィヤックはエリア2に行くと、登場イベントが発生する。

見た目だけで言えば、ドスジャグラスよりもドスランポスっぽい大型モンスターだ。

コイツは発見すればその時点で任務達成となり、倒す必要はないが、素材が欲しいなら是非とも狩っておきたいところ。

ただ、見た目で侮ると痛い目を見ることになる…かもしれない。

 

 

ツィツィヤック最大の特徴と言えば、閃光を発する攻撃だ。

これはいわば敵の閃光玉で、食らってしまうと一発で気絶状態になる。

ツィツィヤックの前方の広い範囲に効果があり、距離がある状態で使われてしまうと避けるのは結構難しい。

 

 

閃光で気絶してしまうと、すかさず飛び掛かり攻撃で追撃を食らってしまう。

気絶していなくても、結構素早い攻撃なので咄嗟に避けにくい。

飛び掛かりには2種類あり、そのまま飛び掛かるパターンと飛び掛かって身体を回転させて尻尾攻撃してくるパターンがある。

 

 

近距離攻撃を仕掛けてくる相手には軽く飛び上がっての尻尾振り回しを仕掛けてくる。

これも動作が素早いため、動きの遅い武器だと咄嗟に避けるのは難しいかも。

食らうと吹っ飛ばされるので、地味に嫌な攻撃だ。

怒り状態だと動きがかなり早くなるので、飛び掛かりと共に益々避けづらい。

 

 

ツィツィヤックの弱点は頭のみ。

どの武器でもとりあえず、頭をバンバン攻撃しよう。

頭の部位破壊は2段階あり、1段目の破壊で光の範囲減少、2度目の破壊で閃光を封じることができる。

閃光さえ封じれば雑魚なので、とにかくバンバン頭を攻撃していこう。

 

陸珊瑚の台地を探索したが、肝心のゾラ・マグダラオスの痕跡は発見できなかった。

研究基地に帰還すると、そこにいた3期団の期団長といつの間にか来ていた先輩より陸珊瑚の台地の地下にある「瘴気の谷」も探索してみようという提案が。

 

しかし、瘴気の谷に行くには空を飛んでいかなければ難しいらしく、そのために研究施設を気球に改造する必要があるらしい。

気球作成のためにはパオクルムーの素材が必要ということで、次回はパオクルムーの狩猟に挑むことに。

(調査班リーダーの先輩とかが行けばいいんじゃ…と思うが全部拙者に丸投げされる理不尽さよ…)

 

「モンスターハンター:ワールド」をPS Storeで見てみる

ゲーム日記カテゴリの最新記事