【MHW プレイ日記】パオウルムーの厄介な風圧キャンセルとお助けモンスター達

【MHW プレイ日記】パオウルムーの厄介な風圧キャンセルとお助けモンスター達

モンハンワールドのプレイ日記第13回。

今回は任務クエスト11「飛べ、パオウルムー!」でござる。

 

Advertisement

今回のプレイの基本ルール

  • ストーリー進行に必要なクエストだけをする
  • フリークエストや調査クエスト、イベントクエスト、探索などはストーリー上必要な時以外はやらない
  • わざとクエストを失敗するのは禁止
  • 採取は手持ちできる分のみ(キャンプに帰ってボックスに預けるのは×)
  • ログインボーナスや各種施設の収穫は使ってもOK
  • 探索クエストでは3回死んだら条件を達成後、即帰還

任務クエスト11「飛べ、パオウルムー!」

パウクルムー登場ムービーは2:26、戦闘開始は2:55辺り。

武器はスラッシュアックス。

 

 

今回の任務クエストは3期団がいる研究所を気球に改造するための材料集め。

材料にはパオウルムーというモンスターの素材が必要になるらしい。

(とは言っても、納品バウンティのように素材を消費することはない)

パオウルムーは陸珊瑚の台地にいる大型モンスターで、白い毛に覆われた愛らしい外見をしている。

 

 

しかし、その見た目とは裏腹に、戦い方は結構鬱陶しい。

他のモンスターに比べてなんかトリッキーで読みにくいなぁ…と思っていたが、よく考えると上の画像のような風圧キャンセルをしてくるせいだということに気づいた。

 

 

例えば上のようにパオウルムーが突進してくる場面。

リオレイアなどのモンスターだと、そのまま突進攻撃、目の前で急停止(そこから噛みつきor尻尾振り回し)といった攻撃をしてくる。

パオウルムーはこれらの行動に加えてもう1つの選択肢があり、それが風圧キャンセルなのだ。

 

これは移動や攻撃中に口から大きく息を吐いて、それまでの行動をキャンセルする行動。

自分が攻撃するチャンスと思っていた行動がいきなりキャンセルされるだけでなく、風圧耐性がないとハンターはパオウルムーの息でバランスを崩されてしまうため、これがかなり厄介なのだ。

 

 

そして、大きく息を吸い込み、風船のように膨らんで空を飛ぶこともできる。

この状態が長いため、なかなか攻撃チャンスを作れないことも厄介な要因の一つ。

そして、空中でも風圧キャンセルをしてくる…。

 

 

風圧キャンセルや風圧砲などで姿勢を崩したハンターには空中からの落下攻撃を仕掛けてくる。

これの攻撃力はなかなかのもので、できればあまり直撃をくらいたくないところだ。

(拙者は食らいまくり)

 

 

今回のクエストは上記のような攻撃によって、なかなかチャンスを作りだせずにいたのだが、そんな状況を打開してくれたのは、まさかの他の大型モンスター。

まずツィツィヤックが乱入してきて、パオウルムーに閃光をおみまいした。

 

 

そして、その直後にレイギエナも乱入。

レイギエナとパオウルムーは空中戦を行い、レイギエナはパオウルムーの空気袋を掴んで叩き落すという強烈な一撃を繰り出してくれた。

(そのダメージはなんと522!

 

 

他のモンスターの助力もあって、苦戦しつつも何とか0死でパオウルムーを撃破!

無事に素材を持ち帰ることに成功した。

 

拙者が持ち帰った素材を使い、以前気球を作って3期団を送り出した2期団の1人がリベンジとばかりに、研究所を気球に改造。

次回はその気球に乗って、いよいよ瘴気の谷へと乗り込むことに。

不気味な名前の場所だが、一体どんなモンスターが待ち構えているのだろうか…?

 

「モンスターハンター:ワールド」をPS Storeで見てみる

ゲーム日記カテゴリの最新記事