【MHW プレイ日記】HR100の最終クエストで3匹の古龍と対決!青い星になれ!

【MHW プレイ日記】HR100の最終クエストで3匹の古龍と対決!青い星になれ!

モンハンワールドのプレイ日記第33回。

今回はフリークエスト「導きの青い星」の攻略でござる。

 

★9フリークエスト「導きの青い星」

クシャルダオラ戦は3:12、テオ・テスカトル戦は9:11、ネルギガンテ戦は17:15辺りから。

使用武器は弓。

 

 

キター!ようやくハンターランクが100になった。

(ついでにヴァルハザクの最小金冠もついてるけど!)

49で受けられる歴戦キリン以降は、特にこれといったイベントもなく、色んな武器やスキルを試すなど自分で工夫しないとややダレる。

歴戦古龍を回すのが基本となるだろうが、やはりそればかりだとどうしても飽きるので、拙者は闘技場や変わった環境生物探しなどもしながら結構まったり上げていった。

 

 

そして、100になって受けられるようになった最終フリークエストが「導きの青い星」だ。

ストーリー中に何度か出てくるこのフレーズ。

遂に拙者自身が青い星になる時が来たようだ。

 

そのクエストの内容とは、クシャルダオラ、テオ・テスカトル、ネルギガンテの3匹の古龍を倒す大連続狩猟だ。

全て歴戦の個体なので、当然難易度は高い。

ただ、闘技場クエストではなく、龍結晶の地のクエストなので1匹ずつ相手できるのが救いだと言える。

 

 

これまで何度も歴戦古龍を倒してきた拙者の相手ではないはず…。

そう思って挑んだものの、まさかの3乙×2回。

どれだけ上手く攻撃していても、テオ・テスカトルやネルギガンテの1コンボで簡単に死んでしまう。

まさに1ミスが命取り!

 

一応、防具はカスタム強化も含めフル強化してあるが、やっぱりガンナーの装備補正で防御は紙なようだ。

そこで、3回目は防具に体力珠を入れたり、もう少し守りを固めてクエストに挑むことに。

 

 

1匹目、クシャルダオラ戦。

コイツははっきり言って、弓で行けば楽勝。

飛んだら閃光、後は頭 or 尻尾に溜め射撃を当てていくだけだ。

 

 

このクエストでは体力が低めに設定させているようで、間髪入れずに攻撃を続けていれば何度も転倒し、調査クエで戦う歴戦クシャよりも楽だった。

龍結晶の地の巣に帰られると厄介なので、できるだけエリア3にいるうちに倒してしまいたいところ。

 

 

クシャルダオラを倒すと、次のテオ・テスカトルが登場するまでしばし時間があるので、その間キャンプに戻って次の準備。

クシャルダオラとネルギガンテは雷、テオ・テスカトルは氷が弱点なので、拙者はカガチ弓からクシャ弓に変更したり、テオだけ耐熱の装衣を準備するなどの対策をした。

 

 

でも、それだけ対策してもやっぱりテオは強い…。

今回も軽いダメージを受けた後にポンポンと続けて攻撃を食らい、結局1乙してしまった。

テオも調査クエストなどに比べれば体力が低くなっているはずだが、意外と弱点の頭を狙いにくく、クシャほど一方的に攻撃できないのが辛い。

 

 

また、弓にとっては出の早い短距離ブレスが脅威となる。

ここなら大丈夫かな…と思ってもなんかマトモに食らってしまうのだ。

これは最初のテオ戦でも書いた気がするが、未だに距離感がつかめない…。

 

だが、オトモの眠らせ攻撃がさく裂するなどもあり、何とか最低限の1乙でテオを討伐することに成功。

最後はいよいよ宿敵ネルギガンテだ。

 

 

ネルギガンテは最初に戦った時はめちゃくちゃ苦労した相手だが、その後素材欲しさに一番戦っている相手でもある。

弓で戦うコツとしては、常にネルギガンテの側面に張り付くようにチャージステップすること。

ネルギガンテの翼や前脚にに白いトゲが出ている時は徹底してその部分を狙い、それ以外は頭を狙っていく。

トゲを破壊できれば転倒するのでボーナスタイムになる。

 

 

しかし、体力が落ちてくるとネルギガンテがより動き回るようになるため、最後まで油断は禁物。

特にジャンプしてからの叩きつけや前脚での振り返り攻撃は攻撃範囲が広く、事故りやすい。

ジャンプ叩きつけの時は後ろや横ではなく、ネルギガンテの下を潜るように回避するのが一番安全。

 

 

そんな訳で、今回は1乙でクエストクリア!

受付嬢から遂に「モンスターハンター」というセリフも飛び出した。

これでようやくクエストコンプリートか…。

 

 

拠点に帰ると「新大陸の白き風」の時同様に、褒めちぎり祭りが開幕。

拠点や気球にいる人々全員の会話イベントがある。

動画にはこの会話イベントも全て紹介しているので、良かったら見てください。

 

中には「新大陸にはまだ続きがある」ということを仄めかすセリフもあり、この辺りはDLCか続編で補足されるのだろう。

 

 

「導きの青い星」クリア時点のギルドカード。

下位クエスト61回、上位クエスト123回、調査クエスト256回、闘技場クエスト50回。

勲章は金冠関係(最小冠10匹だけは取得済み)とマルチプレイ関係(ギルカ50枚、マルチ100回)以外は取得済み。

レアな環境生物は結構苦労した。

 

最終的な弓装備は

  • 飛雷弓【羽々矢】 +雷光珠
  • リオソウルヘルムβ +体力珠×2
  • レウスメイルβ +早食珠
  • カイザーアームβ +散弾珠
  • ガロンコイルβ +体術珠
  • ディアネログリーヴβ +超心珠
  • 体術の護石Ⅲ

だった。

スキルは

  • 会心撃(属性)
  • 体術Lv4
  • 弱点特攻Lv3
  • 体力増強Lv2
  • 見切りLv2
  • 超会心Lv2
  • 雷属性強化Lv1
  • 通常弾・通常矢強化Lv1
  • 散弾・剛射強化Lv1
  • 早食いLv1

弓の攻撃力アップに欠かせないと言われる弓溜め段階アップが発動できる強弓珠は結局ここまで出ず、体術珠も1個だけ…。

超会心は3つくらい出たんだけど…。

やはり今作も物欲センサーは健在のようだ。

 

モンハン日記は今回でひとまず終了。

また追加モンスターなどが来たら書くかもしれないが、その時まではそろそろ別のゲームもやらないと…!(使命感)

ちなみに限定配信されていた歴戦イビルジョーは今回のクエストより難しかった…。

 

「モンスターハンター:ワールド」をPS Storeで見てみる

ゲーム日記カテゴリの最新記事