【フォートナイト 評価】シューター初心者でも活躍できる?バトルロイヤルゲー

【フォートナイト 評価】シューター初心者でも活躍できる?バトルロイヤルゲー

今回紹介するのはPS4の「フォートナイト(FORTNITE)でござる。

基本プレイ無料で遊べるバトルロイヤルゲーでござるよ。

 

Advertisement

「フォートナイト(FORTNITE)」の基本情報

タイトル(商品名):フォートナイト(FORTNITE)
機種:PlayStation4
ジャンル:アクション
メーカー:Epic Games
価格:基本プレイ無料(有料版もあり)

 

基本プレイ無料で遊べるTPS形式のPVPバトルロイヤルゲームで、「PUPG」と並んでバトロワゲーの代表格。

欧米では絶大な人気で、日本でもYoutubeなどで配信している人が多いゲームだ。

PS4では有料版も販売されており、こちらはバトルロイヤルモード以外に、PVEモード「世界を救え」が遊べるが現時点では日本語化されていない。

 

バトルロイヤルモードでは最大100人が参加する戦場で最後まで生き残るのが目的。

バトルロイヤルモードは更にソロ(99人全員が敵)、デュオ(2人でチームを組む)、スクワッド(4人でチームを組む)、50vs50(100人が2チームに分かれて戦う)の4つが現時点で遊べる。

 

バトルロイヤルモードの大まかな流れとしては以下の通り。

1、空飛ぶバスの上から好きな場所に落下する

ゲームが始まると、プレイヤー全員が空飛ぶバスに乗った状態でスタート。

そして戦場となる島の真上に差し掛かると、自分の好きなタイミングでバスを降りる(×ボタン)ことができるようになる。

 

この時はどのプレイヤーも持ち物はピッケルのみ。

まずは武器を確保する必要があるが、武器は大抵建物の中に隠されているため、街や建物を目がけて降りる人が多い。

マップは右上に表示されるミニマップの他、タッチパッドボタンを押すことで全体マップを確認できるので、それを見て降りる場所を決めよう。

武器や資材を確保する

 

降りた場所にプレイヤーが多い時にはその時点で即戦闘になることもあるが、そうでない場合、まずは武器や資材を調達することが最優先となる。

武器は建物の中などに無造作に置かれている場合もあるが、レアで強い武器やシールドポーション(体力を上乗せできるアイテム)、体力回復アイテムは建物の分かりにくいところに設置された宝箱に入っていることが多い。

(武器のレア度は白⇒緑⇒青⇒紫⇒橙の順に良い)

できるだけ他のプレイヤーより先に宝箱を探し出してアイテムを確保するのが生き残る秘訣だ。

 

 

また、武器・アイテム以外に資材も本作では重要な要素の1つ。

資材は木や車などをピッケルで叩く(R2ボタン)ことで採取できるが、これらの資材を10消費して1つ壁や階段などをクラフトすることができるのだ。

例えば遠くから敵に狙撃された時などに咄嗟に壁を作って弾避けをしたり、高い山を登る時に階段を作ってショートカットしたりなどクラフトには様々な使い道がある。

特に後半戦はクラフトできるかできないかで生き残りに大きな差ができるため、資材はなるべく多く持っておきたい。

ちなみに資材は宝箱にも少し入っていることがある。

エリアの移動

 

本家「バトルロワイヤル」同様に、本作にも有効エリアがある。

ゲーム開始時点では島のどこにいても大丈夫だが、時間の経過とともに、プレイヤーがいられる場所がどんどん狭まってくる。

このエリアの外にいると徐々に体力が減ってしまうので、エリアが無効化されてしまう前に有効エリアへ退避しなければならない。

 

移動中はもちろん他のプレイヤーに見つかる危険もあるし、エリアが狭くなればその分接触する可能性も高くなる。

その前にしっかり武器や資材を確保しておこう。

 

他のプレイヤーと戦闘

 

他のプレイヤーと遭遇したら、大抵即戦闘になる。

武器やクラフトを駆使して相手よりも優位に立ち回ろう。

他プレイヤーを倒すことができれば、相手が持っていた武器や資材を落とすので、宝箱や資材集めをしていなくても簡単に強い武器が手に入る可能性がある。

しかし、撃ち合いで傷つくリスクもあるし、銃声は結構響くため、目の前の敵を倒してもハイエナ狙いの他プレイヤーに狙われる可能性もある。

なるべく戦闘は避けて、美味しいところだけ持っていけるのが理想的だ。

 

最後まで生き残り、試合を終えることができたプレイヤーが勝利。

ソロで最後の1人まで生き残るのは至難の業。

 

 

有料アイテムは全て見た目やモーションなどで、ゲーム内で有利になるようなものはない。

自分の好きな見た目にしたい人だけ購入すればOK!

「フォートナイト(FORTNITE)」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:10時間
クリア:クリア要素はない
バージョン:1.57
導入DLC:なし

 

バトロワゲーとしては「PUPG」が最も有名だが、拙者は未プレイで本作が初めてのバトロワゲー。

基本的にぼっちプレイヤーな拙者はソロモードと50vs50を中心にプレイしている。

難しそう…という先入観があったが、やってみると意外とハマった。

意外と初心者でも生き残れる

 

一般的な対戦型FPSやTPSをプレイするとキル0デス∞というレベルで、いつもボコボコにされる拙者。

しかし、本作はただ撃ち合いが強ければ生き残れるものではない。

それゆえ、逆に拙者のような初心者雑魚プレイヤーでも最後の方まで生き残れる可能性は充分ある。

 

実際に初めて4戦目くらいでトップ10に入ることができたし、ハイエナで他プレイヤーを倒すこともできた。

FPSとかTPSは格闘ゲームのように初心者お断りな部分もあるが、バトロワゲーならまだ初心者が活躍できるのかもしれない。

 

初心者(上手くクラフトできない・エイムが下手)な人が生き残る方法としては

  • 他のプレイヤーがいないであろう場所に降りる
  • 人が周りにいなさそうならコソコソ武器を集める
  • 物音を立てずに動き、なるべく街には近寄らない
  • 人数が少なくなってきたらなるべく動かずジッとしておく
  • 確実に当てられる時だけ銃を撃つ
  • 銃を撃ったらその場からすぐに移動する

拙者の場合これらを意識して、最高3位までいくことができた。

 

ただ、1位になるのはやっぱりそれなりにクラフト&エイムを鍛える必要はある。

特に素早く正確にクラフトできないと後半の攻城戦はどうにもならなそう…。

テンポよく遊べる

 

「100人が1人になるまで戦う」というコンセプトで1戦辺りの時間が長くかかりそうに思うが、意外とそんなこともなく、死んだら即離脱して新しい試合ができるし、ロードもそこまで長くないので、テンポよく遊べる。

プレイヤー人口が多いため、マッチングが早いのも〇。

ただ、やり込み要素的なものがなく、ずっと同じ感じのゲームなので、他のゲームの合間にプレイする方が飽きが無さそうに思う。

煽られても泣かないメンタルが必要

 

フォートナイトのマイナス点はそれほどないが、あえて2点あげてみる。

 

1つはプレイヤーの質。

対戦型のゲームにありがちな煽りは、本作でも健在。

というか、煽り用としか思えないモーションが多数あるため、そういうゲームだと割り切った方が良さそう。

また、拙者はスクワッドを野良でプレイした際には、仲間プレイヤーからクラフトで動けなくされたりといった嫌がらせもあった。

野良でデュオやスクワッドはやめた方がいいかも…。

 

もう1つは初心者がクラフトなどを上達させたいと思っても、練習できるのは本番の殺伐とした中だけという点。

そのゲームは練習だけに専念して捨てゲーにすればいいのだが、周りに他のプレイヤーがいた場合満足に練習できずに終わってしまうし、やっぱり無抵抗に殺されるのはムカつく。

せめてクラフトだけでも練習したり、建物を好きに建てられるようなモードが欲しい

まぁ今のところ、50vs50で練習するのが良さげ。

総評

基本プレイ無料で、本当に無料で充分遊べるのでPS4を持っている人はとりあえず入れておいていいかも。

最初は理不尽に殺されてつまらないと思うかもしれないが、ちょっとコツを掴めば誰でも楽しめると思う。

 

得点:80/100

バトロワゲーがどんなものか試してみたい人にはうってつけのゲームでござる。

和ゲーでもこれだけ基本無料で遊ばせてくれるゲームがあればなぁ…。

 

⇒ フォートナイト(基本プレイ無料版)をPS Storeで見てみる
⇒ フォートナイト – スタンダード・ファウンダーズパックをPS Storeで見てみる
⇒ フォートナイト – デラックス・ファウンダーズパックをPS Storeで見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事