【7DTD プレイ日記】最初の7日間を生き残るためのやることリスト

【7DTD プレイ日記】最初の7日間を生き残るためのやることリスト

未だにガッツリはまっている「7 Days To Die」

今回は、拙者が考える初心者向けアドバイスを書いてみるでござる。

どうしても死んでしまうサバイバー初心者は参考にしてもらいたい。

 

Advertisement

ゲーム設定を見直してみる

生き残って快適なゾンビライフを送るためには、初心者がデフォルト設定では少々難易度が高いかもしれない。

まずはNew Gameを始める時、設定を自分の腕に合わせて少し下げるのも一つの手。

全部英語なので、どの設定をいじればどうなるのかを簡単に解説してみる。

 

 

まずはStandard Optionsの設定について。

Diffculty Settings

難易度の変更ができる項目。

難易度が変わるとゾンビの攻撃力・体力が増減する他、強いゾンビが登場するタイミングも変わる。

最初の7日間だけで言えば、簡単にすることでゾンビを倒しやすく、やられにくくなる。

Daylight Length

1日のうち、昼の時間を何時間にするかの設定。

デフォルト設定が一番長い設定になっている。

夜を長くする=危険な時間が増えるということなので、ここを変更すると逆に難易度が上がってしまう。

Zonbies Run

ゾンビが走るかどうかの設定。

デフォルトでは昼間は歩きのみ、夜は走る設定になっている。

Never Runにすると夜も走らなくなり、Always Runにすると常時走る。

Aiways Runは難易度が跳ね上がり、Never Runは難易度が極端に低くなるので、どっちもおすすめはしない。

Persistent Profiles

キャラの見た目を変更するかどうかの設定。

難易度とは関係なし。

 

 

次はModded Optionsの設定だ。

24Hour Cycle

ゲーム時間24時間をリアル時間でどれだけにするかの設定。

デフォルトは1日=60分設定になっている。

Daylighr Lenghtを変更していない限り昼間の時間の方が長いので、これを伸ばすと行動できる時間が増え、攻略が楽になる(ただし夜の時間も伸びる)。

Block Durability

ブロックの硬さを設定する項目。

小さく設定するとブロックが破壊しやすくなり、大きく設定するとブロックが壊しにくくなる。

これはプレイヤーだけでなく、ゾンビにも当てはまる。

大きく設定した方が若干有利かな…?

Loot Abundance

ドロップや調べた場所から出てくるアイテムの数に関する設定。

200にすれば2倍のアイテムが入手できることになり、資源が多く入手できればそれだけ難易度は下がる。

Loot Respawn Time

調べられる場所に置かれるアイテムの再補充の設定。

デフォルトでは30日で再補充されるようになっている。

これを短い間隔にすれば数日ごとに同じ場所を回っていればアイテムが入手できるので、当然攻略は楽になる。

Drop On Death

死亡した時に落とす物の設定。

デフォルトでは全てのアイテムを落とす設定になっており、設定を変更すると常に表示しているベルトのアイテムのみ落とす、バックパックと装備中のアイテムのみ落とす、何も落とさない、に変更できる。

当然デフォルトが一番プレイヤー有利である。

Blood Moon Count

フェラルホードに登場するゾンビの1度に沸く上限数…かな?

これは良く分からないが、多い設定にするとそれだけ多くのゾンビが沸きやすくなるっぽい。

デフォルトは8だが4にすればもっとフェラルホードがもっと楽になる。

Enemy Spawning

ゾンビが沸くかどうかの設定。

Offにするとゾンビがいない世界に…。

当然ながらオン推奨。

Air Drops

救援物資が届く間隔の設定。

救援物資は強力なアイテムが入っていることが多いので、この感覚を狭くするとかなり難易度が下がる。

デフィルト設定は3日おき。

Cheat Mode

チートモードを使えるかどうかの設定。

サバイバルを楽しむためにはオフで良いだろう。

Mark Air Drops

救援物資が投下された時に地図上に表示されるかどうか。

デフォルトはオフだが、オフだと投下時の黄色いスモークを頼りに探さなければならず、結構大変。

拙者はいつもオンにしている。

 

もしデフォルト設定で難しいと感じたら、Diffculty Settingsを一つ下げる、24Hour Cycleを90にする、Loot Abundanceを150にする、のどれか1つをいじってみるのがおすすめ。

これだけでも大分楽になる。

あと、Mark Air Dropsは難易度に関わらずオンにしておいた方が良いかも。

チュートリアルをさっさとクリアしよう

 

ゲームが始まったら、チュートリアルクエストが始まる。

これは無視せずさっさと全てやっておいた方が良い。

なぜならトレーダーの位置が分かる、スキルポイントがもらえるなどメリットが多いからだ。

キャンプファイアの設置までなら、どのでスタートしてもスタート位置周辺ですぐに達成できるので、少なくともキャンプファイア設置まではゾンビが沸くまでに終わらせておくのがおすすめ。

トレーダー探しは後回しでもいいかも。

拠点を確保しよう

 

初日はチュートリアルが終わり次第、拠点に最適な場所を探すことをオススメする。

拠点にオススメな場所として挙げられるのは以下のような場所だ。

  • 水が入手しやすい場所(飲み水の確保)
  • トレーダーの近く(買い物やトレーダーにあるクラフト道具が使いやすくなる)
  • 町の近く(探索がしやすくなるため)

ランダム生成の場合、全ての条件が当てはまる場所はなかなか見つかりにくいかもしれないが、最低でも1つは条件に当てはまる場所を探してみよう。

 

拠点は慣れないうちは、既存の建物を利用するのがおすすめ。

ただ、建物の中には十中八九ゾンビがいる。

なるべく夜になるまでに余裕を持って家のゾンビを掃除しておこう。

小さい家であればいきなり強いゾンビは出てこないので、頑張れば倒せるはずだ。

ゾンビの倒し方

 

昼間のゾンビは足が遅い。

ほとんどのゾンビはプレイヤーの歩き速度よりも遅いくらいだ。

そのため、ゾンビを倒す基本は離れてウッドボウでチクチク攻撃。

ただ、胴体を狙っても大きなダメージは与えられない。

ゾンビの頭を狙うヘッドショットなら1~2発当たれば初期ゾンビは大抵ダウンするので、ヘッドショットを狙っていこう。

 

ゾンビがダウンしたらウッドクラブに持ち替えて、ゾンビに近づいて頭を攻撃する。

続けてウッドボウで攻撃しても良いが、クラブを使った方が矢の節約になる。

ダウン中はゾンビへのダメージが3倍になるので、なるべく倒れているうちにとどめをさしてしまおう。

もしダウン中に倒し損なったら再び距離を取ってチクチクを再開すればOK。

夜は大人しくしておく

 

もしノーデスを狙うのなら、夜は拠点の外から見えない場所でじっとしておくのが吉。

夜はゾンビが走るようになり、非常に危険だからだ。

 

じっとしておくというのは、何も動かさず放置しておくということ。

例えばキャンプファイアやたいまつを設置すると、その炎に気づかれて家に侵入される可能性がある。

穴を掘ったり、建築すると音で気づかれる。

つまり、本当に何も動かさないのが一番ゾンビに見つかりにくい方法なのだ。

拠点にゾンビ迎撃の機能を持たせられるまでは夜の間は放置しておくことをオススメする。

スキル・パークを覚えよう

クラフト品の品質を上げたり、攻撃力を増やすなど覚えることで様々な恩恵があるスキルやパーク。

ただ、沢山ありすぎてどれから覚えていけばいいのか分からないことも多いのではないだろうか?

 

基本的には最初にある「~SMITHING」は覚えておいて損はない。

これはクラフトする道具や武器・罠・装備品の品質を上げるもの。

初期状態では最低品質25の物しか作れないが、これを1つ上げると50品質のものが作れるようになり、更に上げていくことで100、150、200と品質が段階的に上がっていく。

また~SMITHINGが新しいレシピスキルの解放条件にもなっていたりする(ワークベンチなど)ので、これらは最優先で上げていこう。

 

他は満腹度・水分の減少を抑えるスキルも便利だと思うが、プレイスタイルによって自由に選んで大丈夫だと思う。

ただ、1PTで上げられるパークはその行動をすることでも上げられる(例えば歩き回っていればATHLTICSは勝手に上がる)ので、ポイントをわざわざ使う必要はないかもしれない。

素材を集めよう

さて、2日目の朝を迎えたら、ここからすることは7日目のフェラルホードに向けた準備である。

そのためにまず目標となるのが、フォージの完成だ。

 

フォージは溶鉱炉のことで、鉄製品などのクラフトをするのに必要となる設置物。

これがあるのとないのとでは、戦闘力も素材収集力も段違いだ。

フォージ作成に必要となるのは以下の素材。

  • Wood(木材)8本
  • Leather(なめし革)20個
  • Short Iron Pipe(鉄の棒) 2本
  • Small Stone(小石)50個
  • Lump of Clay(粘土)50個

 

これらがそろったら、木・なめし革・鉄の棒からBellows(ふいご)というアイテムを作成し、その後ふいご・鉄の棒・小石・粘土からフォージを作成する流れになる。

木材・小石はチュートリアルでも出てくるように簡単に入手できる。

粘土はマップで地面の色が変わっている場所を掘れば入手できる(要:石シャベル)。

 

手に入れにくい可能性があるのは鉄の棒となめし革。

鉄の棒は家の中を漁ったり、道端に落ちているゴミなどからたまに手に入る。

もし運よくレンチが入手できれば、車を解体することで取ることも可能だ。

なめし革は鹿・狼などの動物を狩ることで入手できるAnimal Hideからクラフトする、家漁りやゾンビがドロップする靴を解体する、黒い高給そうなソファを石斧などで破壊するといった方法で入手できる。

なめし革は20個と量が必要なので、一番苦労するかもしれない。

拠点防衛のトラップを作ろう

フォージ作成と共に進めたいのが、拠点を防衛するトラップ作りだ。

どこかの家を拠点にした場合、そのままの状態では簡単にドアや壁を破られ、家の中に侵入されてしまう。

昼なら侵入されても対処できる場合も多いが、夜複数匹のゾンビで侵入されたらそれだけであの世行きだ。

そうならないようにゾンビにしっかり対処できる拠点に整備する必要がある。

 

拠点防衛するための方法はいくつか考えられる。

  1. 家に入れないようにする方法(高床式住居にする、家の周りに堀を作るなど)
  2. 家の周りに攻撃トラップを仕掛ける(ウッドスパイク、ログスパイク)
  3. 家を頑丈にする(鉄製の壁・扉を作る)

 

他にも色々方法はあると思うが、拙者が良く使う方法は、堀を作る方法だ。

家の周りをぐるっと1周幅2×深さ2ブロック分掘るだけで、最初のフェラルホードに出てくるレベルのゾンビは堀から脱出しにくくなる。

ここにウッドスパイクを配置しておけば、かなりここで数を減らせられる。

ただ、この工事は意外と時間がかかるので、他にもっといい方法もあると思う。

健康管理に気をつけよう

7DTDはゾンビに攻撃されたり環境・食事によって様々な状態異常にかかることがある。

これらの状態異常は放置しておくと死に至ることもあるので、左下の状態異常マークには常に気を配っておこう。

高温・低温

太陽マークや氷マークが表示される。

これらは暑すぎる・寒すぎる環境にいることで起こる状態異常である。

100度以上、30以下で発症し、暑さの場合は水分量が、寒さの場合は満腹度は急激に下がっていく。

120度以上、もしくは0度以下になると更に体力やスタミナも下がり最悪は死に至る。

これを防ぐためには、温かい場所or涼しい場所に移動する、脱ぐ・着るなどして体温調整する、室内に入る、温まる・冷える飲食をするといった対策がある。

飢え・乾き

食事を食べずにいて満腹度が0になると飢え状態に、水分を摂らずに水分摂取量が0になると乾き状態になる。

これらの状態を放置すると健康度(最大HPと最大スタミナ)が徐々に減少していく。

更に放置すると、体力が徐々に減っていき死に至る。

対策としては食事や水分を摂ることだが、初心者の序盤は安定した食事や水分の確保には苦労することだろう。

食中毒

ゾンビ肉や生肉・生卵・腐ったサンドイッチなどを食べることで発症。

即スタミナが0になり走れなくなる他、健康値も食中毒の時間だけ減少する。

食中毒自体は時間経過で回復。

飢えで死ぬよりはマシかもしれないが、なるべく料理して安全なものを食べよう。

赤痢

安全でない水(煮沸していない水)を飲むことで発症。

放置すると病気が進行し、健康度をゴリゴリ削りながら死に至る。

医薬品や飲み物など治療する方法は多いので、なるべく早めに対処しよう。

出血

ゾンビや動物の攻撃を受けると稀に起こる状態異常。

1秒に1のペースで体力が減り、体力が60以下だとそのまま死に至る。

包帯や救急箱を使うことで出血を止めることができるので、包帯や救急箱は常備しておいた方が良いだろう。

感染

ゾンビの攻撃を受けると稀に起こる状態異常。

最初のうちはなんともないが、徐々に身体をむしばみ、最終的には健康度を削ってしんでしまう。

早い段階で薬やハチミツで治療しよう。

 

ここで挙げたのは状態異常の代表的なもので他にも様々な状態異常が存在する。

画面左下に何かアイコンが出ていれば状態異常の証(良い効果のこともある)。

気づかないうちに思わぬ状態異常にかかっていることもあるので、左下の表示はよく見ておこう。

狼・熊に注意しよう

 

野生動物の狼や熊は序盤ではゾンビよりも厄介な相手と言える。

昼間でも動きが早いし、近づかれてガチで殴り合えば余裕で負けてしまうほどに強いからだ。

拙者の中では狼が序盤の死亡原因No1である。

 

倒せば生肉や動物の皮が手に入るのは美味しいが、初心者のうちは見かけたら気づかれないうちに逃げるくらいの方が良い。

どうしても動物の皮が欲しい場合は、鹿やイノシシを狙うのがオススメ。

イノシシも攻撃すると反撃してくるが、離れて攻撃すれば初期状態のウッドボウでも2発で倒せる。

 

とまぁ長々と7日目までのヒントを書いてきたが、後は実践のみ。

死んでも泣かず、立派なサバイバーになって欲しいでござる。

ちなみに実際にプレイした拙者の7日間ノーデス生活動画はこちら

ゲーム日記カテゴリの最新記事