【バトオペ2 評価】重厚感のある基本無料ガンダムゲー!無料で何度も出撃できるのが嬉しい

【バトオペ2 評価】重厚感のある基本無料ガンダムゲー!無料で何度も出撃できるのが嬉しい

今回紹介するのは「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」でござる。

MS同士の6vs6対戦が楽しめる基本無料ゲームでござるよ。

 

Advertisement

「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」の基本情報

タイトル(商品名):機動戦士ガンダム バトルオペレーション2
機種:PlayStsation4
ジャンル:チームバトルアクション
メーカー:バンダムナムコゲームス
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)

 

7月26日からサービス開始したばかりの「バトオペ」シリーズの最新作。

これまでバトオペシリーズはPS3で配信されていた初代「バトルオペレーション」と、PS4で配信中の「バトルオペレーションNEXT」があったが、本作は初代「バトオペ」の流れを汲んだゲームで、「バトオペNEXT」とは少々毛色が異なっている。

その違いは大きく3つ。

重厚感のあるMSの操作感


ブースターダッシュできる距離もかなり短く、スキが大きい

 

「バトオペNEXT」は比較的MSがピョンピョン飛んだり跳ねたりする作品だが、本作に登場するMSは「MSが実在したらこんな感じだろうなぁ」というような重厚感のある挙動をする。

例えば段差一つ越えるためにも、数秒ブースターを吹かして溜めてからようやくジャンプする、というように1つ1つの動作が非常にモッサリしている。

爽快感という意味では「バトオペNEXT」の方があると思うが、本作は実際のMS同士が戦っている(気になる)ゲームで、動きがモッサリしている分戦いでより駆け引きが大事になる。

ファーストガンダム時代の機体が多い


初期から持っているMSはジムとザクばかり

 

「バトオペNEXT」は色んなガンダム作品からも時代も世界観も関係なくMSが登場しているが、「バトオペ2」は(初代バトオペもだが)ファーストガンダム時代を中心としたMSが中心となって登場している。

今後の登場MSに関してはまだ分からないが、恐らく「Zガンダム」くらいまでの時代のMSが中心になるんじゃないかと思う。

この時代を描いている作品のMSであれば、ファーストガンダム以外のMSも登場しており、サービス開始時点でも陸戦型ガンダム、ヅダ、サクⅡ改などを確認できた。

試合中にMSを降りて白兵戦ができる


中継地点の占領や支援要請はMSを降りる必要がある

 

本作ではMS戦だけでなく、機体の修理・中継地点の確保・拠点の爆弾設置などで度々MSを降りる必要がある。

MSを降りた時用にも武装が用意されており、場合によっては敵と人対人の白兵戦が始まることも。

もしMSを壊される前に脱出できれば、相手に与えるポイントも抑えることができ、時間が経てば新たなMSを要請することもできる。

意外と戦略的に降りることも大事になってくると思う。

 

 

さて、ゲームは6vs6に分かれてのチーム戦となっている。

基本ルールとしては、試合終了後にポイントを多く稼いだ方のチームが勝利。

ポイントは以下の時に加算される。

  • 敵MSを撃破(撃破した敵MS分のポイントが加算)
  • 撃破したMSのアシストポイント
  • 中継地点を確保(50ポイント加算)
  • 拠点に爆弾を設置し破壊(2000ポイント敵軍のMSコストの合計のようだ

※他にもあるかもしれない。


戦略的には「バトオペNEXT」とそう変わらないかも?

 

基本的な戦略としては中継地点を確保し、相手の行動範囲を狭めながら敵を撃破していく形だろうと思う。

中継地点を確保すれば、そこから味方が再出撃できるようになるので、味方が倒されても前線の維持がしやすくなる。

また中継地点を長く確保していると、支援要請をすることもでき、固まっている敵に集中砲火を食らわせることも可能だ。

 

ただ、一般的なドミネーションと違い、制圧は50ポイントと比較的ポイントが少なく、最悪全ての拠点が制圧されていても、MSを多く倒していれば勝てることも多い。

この辺りは「バトオペNEXT」とは結構大きな違いだ。

 

また、エースマッチという試合では、試合終了3分前に敵・味方にエースが指定され、そのエースが敵を倒すと高得点がもらえる(逆にエースが倒されると大量にポイントを取られる)というルールになっている。

 

試合終了後は、DPとEXPがもらえ、DPは新しいMSや武装・プレイヤーの服などを購入するお金となり、EXPはプレイヤーの階級を上げる経験値となる。

DPで購入できる物には階級によって制限があり、階級を上げないと購入できない機体も多い。

そして、1戦ごとにもらえるDPは雀の涙なので、かなり試合数をこなさないと新MSを購入できるほどDPが溜まらないという…。

 

そこで、DPとは別にMSや武装・プレイヤーの服を購入する方法もある。

毎日更新される任務をクリアすることで、トークンと呼ばれるアイテムがもらえ、これを最低3個溜めることで、現時点でDPで購入できないMSが当たる可能性のある抽選配給(要するにガチャ)を1回引くことができる。

このトークンは現金でも購入でき、これが主な課金要素となるのだろう。

 

出撃に関しては「バトオペNEXT」のようなエネルギー制ではなく、無課金でも無制限で出撃することができる。

また、ガンダムゲーでは珍しく(というか初めて?)、シェア機能にも対応しており、動画やスクリーンショットを撮れるようになっている。

「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:5時間
クリア:未
バージョン:1.01
導入DLC:なし

 

配信が始まってから即効で5時間ほどプレイ。

二等兵8まで成長した。

意外と良い個人成績を収めたりもしているが、肝心の勝負に全然勝てない…。

プレイ回数が制限されないのが好印象


何度でも出撃自由になったのはうれしい点

 

拙者は基本プレイ無料の作品は基本的に課金しない。

そんな無課金勢にとって本作の一番の特徴と言えば、やはり無課金で無制限に遊べるところだろう。

バトオペNEXTはどれだけ頑張っても無課金だと1日10回出撃くらいが精いっぱいだった。

そうなると、重課金勢がどんどんお金でエネルギーを購入して上手くなる&MSが強くなるのに対して、無課金勢はプレイヤースキルも上がらなければMSも弱いと、全く歯が立たない状況になってしまう。

 

しかし、本作では無課金勢でも無制限に出撃できるため、重課金勢ともプレイヤースキルでは大きな差は開かないようになっている。

もちろん、トークン爆買いして強力なMSをゲットしている人には機体差で負けてしまうことも多いだろうが、それでも一応やり方次第で戦えるはず。

一応運が良ければ僅かなトークンで強力なMSがゲットできる可能性もあるしね。

かなり無課金勢にも優しいゲームになっていると思う。

試合がなかなか始まらない


やっと集まったのに負けると悔しい

 

拙者は初代「バトオペ」はダウンロードしたものの、エラーが連発でまともに遊べず、すぐに消してしまった思い出しかないが、本作は初日から一応遊べた。

しかし、試合前の人集めの段階で人が12人集まっては数人が離脱し、集まっては離脱の繰り返しでなかなか試合が始まらない。

また12人集まった後も、なかなか出撃完了せず、そのまま解散になることも多い。

 

これはゲーム(ネットワーク)のエラーなのか、他のプレイヤーがキャンセルしているのか分からないが、1試合するごとに結構待たされるのはマイナスだと思う。

これは「バトオペNEXT」の初期でもあったことだが、出撃準備完了の仕方が分かりにくいのが原因なのかな…?

グラはPS3レベル


グラはショボイが勝てばうれしい

 

残念ポイントとしてはもう1つ、グラフィックは正直ショボイ。

洋ゲーなどのPS4ソフトとは比べるまでもなくショボイ。

また、ロビーやMSを降りた時のプレイヤーキャラの挙動もかなりフワフワしている感じで、最近のゲームに慣れていると古臭く感じてしまう。

この辺りはもうちょっと頑張って欲しかったところ。

 

ただ、基本プレイ無料のゲームにそこまで求めるのは酷かもしれない。

一応ゲームにはそこまで支障ないレベルなので、PS4があってガンダムゲー好きなら一度ダウンロードして遊んでみると良いだろう。

総評

重厚感のあるガンダムゲー(ロボットゲー)をやりたい人はプレイしてみて欲しい。

ただ、宇宙戦は地上戦に比べるとやっぱりちょっとイマイチ。

拙者は地上戦の方をオススメする。

 

得点:65/100

まだサービス開始したばかりで今後どうなっていくか分からないが、無課金で一番楽しめるガンダムゲーだと思うでござる。

まだサービス開始したばかりのこの時期に是非お試しあれ!

 

PS Storeで「バトオペ2」を見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事