【Thumper 評価】ハイスピード音ゲーアクション!うーん、何が面白いんだろ…

【Thumper 評価】ハイスピード音ゲーアクション!うーん、何が面白いんだろ…

今回紹介するのはPS4の「Thumper」というインディーズゲームでござる。

ジェットコースターに乗っているようなスピード感と音楽に合わせてボタンを押す音ゲー要素がプラスされた作品でござるよ。

 

Advertisement

「Thumper」の基本情報

タイトル(商品名):Thumper
機種:PlayStation4
ジャンル:リズムアクション
メーカー:Drool
価格:1,999円

 

2018年10月のフリープレイとして配信中。

 

ジェットコースターのようなレールに乗ったメタルチックな「スペースビートル」がひたすら超スピードで突き進み、道中の様々な障害やボス戦をリズムに合わせたボタン操作で突破していくアクションゲーム。

ゲーム中には、「スペースビートル」という名称はおろか、一切の説明なしでスタートする。


最初のステージに出てくる三角の奴がボスらしい

 

ステージ1-1から始まり、失敗するまで1-2、1-3…とノンストップで続く。

更に死んでもコンテニューボタンはなく、即座にそのステージの最初から再スタート。


画面は様々な色の光にコロコロ切り替わり、見た目が鮮やか

 

つまりゲームをスタートしたら、オプションボタンを押さない限り、ずっとノンストップでスペースビートルは動き続けるのだ。

ひたすらストイックに前に進み、ボスを倒した先には一体何があるのだろうか?

「Thumper」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:1時間
クリア:未
バージョン:1.06
導入DLC:なし

多分1時間もプレイしてないと思う。

1-11でちょっとつまづき、そっとPSボタンを押してゲームを終了した。

その後再びちょっとプレイしたがやっぱりすぐにゲームを終了した。

何が面白いのか理解できない…


カーブする時はLスティックで曲がる方向+×ボタンを押すが、タイミングが結構シビア

 

「面白くない」正直、私の感想はこれに尽きる。

ビジュアルは少々派手でオシャレチックだが、ゲームとして何も面白くない。

ただ、リズムに合わせて忙しくLスティックと×ボタンを押すだけ。

 

そこで、ちょっと「Thumper」というタイトルでググって調べてみた。

すると、PlayStationオフィシャルのソフト紹介ページにはこのようなことが書かれていた。

世界中のゲームメディアから20部門を越える表彰を受け、ここ日本でも文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門・優秀賞を受賞するなど、発売前から高い注目を集める本作。

何か分からないが色々賞を受賞している作品らしい。

マジですか…?

他のブログとかSteamレビューとか読んでも、ほとんど絶賛されている。

 

でも褒められている部分は光と音の演出とか、ノンストップで楽しめる、ということだけ。

「え、それだけでこんな評価高いの?」と正直思ってしまう。

私からすればステマを疑いたくレベル(笑)

そんな作品いくらでもあるし、音ゲーならまだRPG要素もプラスした「ザ・メトロノミコン」の方がゲーム性が高いように思う。

 

そういえば同じように話題になったインディーズゲームである風ノ旅ビト」とかも拙者には合わなかったなー。

この「Thumper 」もいわゆる雰囲気ゲーというジャンルの一つで、シャレオツ層が評価しているのかもしれない。

総評

という訳で、拙者には全く合わない作品で、シンプルな作風と相まっていつもよりかなり記事が短くなってしまった…。

残念ながら、拙者は音ゲー嫌いなこともあり、全く面白いと思わなかった。

 

得点:3/100

残念ながら拙者には毒にも薬にもならぬゴミゲーでござった!

でもオシャレな音ゲーが好きな人には楽しめるかもしれないでござる。

ゲームレビューカテゴリの最新記事