【日々、コントローラーいじり。 評価】6つのミニゲームが入った暇つぶしに最適なゲーム

【日々、コントローラーいじり。 評価】6つのミニゲームが入った暇つぶしに最適なゲーム

今回紹介するのはPS4の「日々、コントローラーいじり。」というゲームでござる。

緩いキャラクターを操作するミニゲーム集でござるよ。

Advertisement

「日々、コントローラーいじり。」の基本情報

タイトル(商品名): 日々、コントローラーいじり。
機種: PlayStation4
ジャンル: アクション
メーカー: ソニー・ミュージックエンタテインメント
価格:無料(PS Plus会員限定)

PS Plus会員限定で配布されているゲームで、会員であれば無料でプレイできる(逆に会員じゃなければ現状プレイできない)。

1個目のミニゲーム「ポンポンポップコーン」

本作はいくつかのミニゲームが入った、いわゆるミニゲーム集。

ただ、現在のところは「ポンポンポップコーン」しか入っておらず、今後5種類のミニゲームが追加される予定になっている。

4月2日追記:残りの5つのミニゲームが追加され、6種類のミニゲームが揃いました。

ホーム画面ではキャラクターやオブジェクトにちょっかいをかけられる

ミニゲームの他には、この作品に登場する「カミさま」「タミたち」の日常風景が見られる「HEYA(ヘヤ)」がある。

ここは一般的なゲームで言うメニュー画面だが、ここでコントローラーを使ってキャラクターやオブジェクトを触る仕様々な掛けが用意されている。

例えば「カミさま」を撫でたり叩いたりしてリアクションを見たり、的に石を投げつけてみたりといった具合だ。

これらの要素はトロフィー取得にも関連する内容だったりもする。

ポンポンポップコーン

「ポンポンポップコーン」は「タミ」を操作し、頭上にある星を集めるというゲームだ。

×ボタンでジャンプ・2段ジャンプができ、それとポップコーンの弾けを利用することで大きくジャンプをすることができる。

集めた星はコインに変換して「カミさま」に捧げることができる他、ステージ中にあるガチャのカプセルのような物を入手すると、メニュー画面で石ころ以外のアイテムが投げられるようになる。

グルグルプラネット

2つ目のゲーム「グルグルプラネット」は宇宙を舞台にしたミニゲーム。

宇宙空間には犬のような惑星が配置されている。

犬に飛び移えりながら星を集めるのだが、遠い場所などでは普通のジャンプでは届かない。

そんな時には犬の手に捕まり、Lスティックを倒すと手に捕まったままクルクル回転するので、遠心力を使ってタイミングよくジャンプしよう。

すると、かなり遠くまで一直線に飛ぶことができる。

ブラックホールのような場所に入るとタイムボーナスが加わり、新たなステージに行ける。

フワフワバルーン

「フワフワバルーン」は風船を集めてどんどん上空に上っていくゲーム。

猫の頭についている風船を集めてひたすら上に上がっていこう。

途中にはライオンや鳥など風船を割って妨害する敵もいるので、これらをどれだけ避けていけるかが鍵となる。

上がっていくに従いタイムボーナスが入るが、上に行くほど妨害キャラも多く上がるスピードも速くなっていく。

スクスクガーデン

「スクスクガーデン」は何もない土地を緑に変えていくゲームだ。

タミとタミが重なると、どんどん後ろにくっついていく。

この状態で先頭のタミと最後尾のタミがくっつき、円状になると円で囲まれた部分が緑に変化する。

これを繰り返し緑を増やしていくことで、上部にある扉の鍵が入手でき、次のステージへ進めるようになる。

次のステージに進むことでタイムボーナスが付く。

赤い毛虫のような敵に当たるとタミが離れ離れになったり、失敗となってしまうため注意だ。

ブクブクアクアリウム

「ブクブクアクアリウム」は水中でのシューティングのようなゲーム。

タミが泡に入った状態でゲームスタートし、Rスティックを押した方向に小さな泡弾を発射する。

これで敵や宝箱を攻撃することで、星をゲットしていくことになる。

ステージ中の泡を取ると纏っている泡が大きくなり、敵にぶつかると泡が小さくなっていく。

途中に現れる渦に入るとタイムボーナスを獲得し、次のステージに進める。

ボンボンロック

「ボンボンロック」は地面を掘り進めて星を集めるゲーム。

土に囲まれているが、進んだ方向の土は勝手に掘り進んでくれる。

途中にある岩のようなブロックは掘ることができないが、下の土をどかすと下に落下して爆発する性質があり、爆発と同時に周りの星を全てゲットしてくれる。

ただし、爆発に巻き込まれるとミスとなるので気をつけよう。

また、時々カミさまの気まぐれで画面が90度や180度回転するが、これで爆発に巻き込まれることもある。

後ろからはゆっくり家がタミに向かって迫ってきており、家に接触すると他のゲーム同様終了となってしまう。

なるべく家に追いつかれないようにどんどん掘り進め、ワープゾーンを見つけるのが鍵となる。

ワープゾーンに入るとタイムボーナスが入り、次のステージに進める。

「日々、コントローラーいじり。」の評価・感想

ゲーム状況 プレイ時間:6時間 
クリア: 未
バージョン: 1.51
導入DLC:なし

 

現時点では30分ほど遊んだら満足してしまった。

4月2日追記:6つのゲームが出揃い一通りプレイし、結構プレイ時間が増えた。

スコアを競うゲームなのでクリアの概念はない。

キャラクターの魅力がない

このキャラクター可愛いの…?

このゲームは恐らく「どこでもいっしょ」のトロのような可愛いキャラを愛でるゲームだと思うが、個人的にはあまり可愛いキャラクターだと思わなかった。

まず、絵が適当すぎ!

タミの手足、棒だし…。

カミさま(神様)とそれに尽くすタミたち(民達)という設定は面白いが、喋ることもないし、今のところどちらもキャラが立ってる感じもない。

まぁ拙者はこういう可愛いキャラクターに疎いので、良さが分かっていないだけかもしれないが。

キャラクターが小さくて見失う

星やらポップコーンに混ざって「タミ」を見失いがち

「ポンポンポップコーン」は星を集めるゲームだが、実は初期位置から更に左上辺りに別のフライパンがあり、そこ上手く乗ることができれば+10秒のボーナスタイムが与えられる。

そこから更に上にもフライパンがあり、上がれば上がるほどタイムが伸びて結果としてスコアを伸ばせる仕組みになっている。

 

しかしこのゲーム、上にジャンプするとどんどん画面がズームアウトしていくため、非常に「タミ」を見失いやすい。

また、「タミ」が大きくジャンプした時、なぜか追従してくる時としてこない時があり、追従してこない場合は画面外に出て行ってしまうこともある。

こうなると、更に「タミ」の姿を探し回らなければならない。

 

操作でミスをするというより、このようなカメラの悪さでミスをすることが多く、これはとても理不尽に感じる。

4月2日追記:他のゲームでもタミが小さいことはあるが、ポンポンポップコーンほど気にならない気がする。

他のミニゲームでも理不尽な死は結構あるが…。

ローカルでも2人プレイが欲しいかも

アイテム入手とスコアだけじゃ長続きしにくい

本作は1人プレイ専用になっているが、ミニゲーム集ならパーティゲームのようなワイワイやれるゲームの方が良さそうに思う。

実際「ポンポンポップコーン」も画面分割でスコアを競うなどすればそれなりに盛り上がれそうだ。

今後登場追加されるゲームにもよるが、このようなゲームで一人でプレイし続けるのはちょっとしんどい。

(まぁローカル2人プレイがあっても拙者自身はボッチなので関係ないのだが…。)

 

4月2日追記:6つのゲームが出そろって一通りプレイした後から考えると、意外と1人でも遊べるなぁと思う。

単純なゲームばかりだが、どれもそこそこ面白い。

当時書いたようにローカル2人プレイの方が盛り上がりそうな感じもするが、キャラがますます小さくなりそうな問題もあるし、難しいところだ…。

総評

文句ばかりを書いたが、実は「ポンポンポップコーン」は意外とハマる。

このようなミニゲームが6つプレイできるようになれば、暇つぶしゲームとしては充分遊べると思う。

ただ、やはりまだコンテンツが少ないし未完成といったイメージはある。

4月2日追記:6つのミニゲームが揃った今、時間つぶしにはもってこいのゲームとなった。

 

得点:55/100(35⇒55:4月2日変更)

得点のつけ方が難しいが、「PS Plus会員なら無料で遊べる」という点だけ見れば他のフリープレイもあるし、充分元は取れるはずでござる。

これ一本で長く遊ぶものではないが、大作ゲームの合間に気分転換でプレイするゲームとしてはかなり良いと思うでござるよ。

PS Plus利用券の購入はこちら

ゲームレビューカテゴリの最新記事