【ダークソウル3 評価】控えめに言っても神ゲー!探索・ビルドが楽しすぎる!

【ダークソウル3 評価】控えめに言っても神ゲー!探索・ビルドが楽しすぎる!

今回紹介するのはSteamの「ダークソウル3」というソフトでござる。

フロムソフトウェアの「ダークソウル」シリーズ最終章でござるよ。

Advertisement

「ダークソウル3」の基本情報

タイトル(商品名):ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION
機種: Steam
ジャンル: アクションRPG
メーカー: フロムソフトウェア
価格:5,832円(DLC込み完全版)

「ダークソウル」はフロムソフトウェアがPS3でジャパンスタジオと共に開発した「デモンズソウル」の精神的後継作として始まったシリーズである。

「デモンズソウル」とは世界設定が異なるものの、西洋の中世をイメージした世界観や不気味な怪物、アクションRPGとしてのシステムなどが引き継がれた。

「デモンズソウル」や「ダークソウル」シリーズをひっくるめて「ソウルシリーズ」と呼ぶこともある。

ソウルシリーズのオープニングはおばあさんの語りが定番

「ダークソウル」は3人称視点で進行する3DアクションとRPGの成長要素を掛け合わせたアクションRPG作品。

剣・槍・斧などの多彩な武器や、魔法・奇跡といった魔法を駆使して敵を倒しながらステージを進み、ボスを撃破することで、新たな道が切り開かれていく。

ステージに多く登場する雑魚敵ですら油断するとやられてしまう高難易度で、「プレイヤーの心を折る作品」として知られる。

ここでは「ダークソウル」の特徴的なシステムを少しおさらいしておく。

「ダークソウル」シリーズのレベルアップと強化

レベルアップのステ振りでプレイヤーの個性が出る

大前提として「ダークソウル」シリーズでは「ソウル」と呼ばれるものが経験値やお金の役割を果たす重要なものとなっている。

ソウルは敵を倒すことで入手できるが、死んでしまうとソウルをその場所にその場所に全て落とし、0から再スタートとなる。

リトライ時に死んだ地点に戻ればソウルを取り戻せるが、その前に死んでしまった場合はそれまでのソウルが全て失われる。

いつソウルを失ってしまうか分からないので、失う前に適宜レベルアップや買い物でソウルを使っておくといったことも重要となる。

「ダークソウル3」でのレベルアップは「火継ぎの祭祀場」にいる火防女に話しかけることで行える。

レベル1つ上げるごとにステータスの中からどれか1つに1ポイント振ることができ、このポイントの振り方によって攻略法が大きく変わってくる。

筋力や技量に多くのポイントを振れば武器攻撃主体の攻略になり、理力や信仰に多く振れば魔法主体の攻略になるといった具合だ。

また、最大HPを増やす生命力、戦技や魔法に必要なFPを増やす集中力、行動する時に消費するスタミナを増やす持久力、重たい装備を着ても動きを俊敏にできる体力、アイテムの発見力が上がる運などのステータスも必要に応じて上げる必要がある。

レベルと同様に重要なのが、武器の強化だ。

「ダークソウル3」では剣や槍といった近距離武器の他、弓やクロスボウなどの遠距離武器、攻撃をガードする盾、魔法を使うのに必要な触媒などが武器と呼ばれ、「火継ぎの祭祀場」にいるアンドレイに話しかけることで強化することができる。

強化には「楔石」というアイテムが必要で、各地の宝や敵からのドロップで入手可能だ。

 ただし、1回のクリアまでに最大強化することのできる武器の数は決まっている(最終強化するためのアイテムの数が限られている)ので、ある程度的を絞って強化していく必要がある。

「ダークソウル」シリーズのオンライン要素

幻影メッセージは独特の言葉遣いが特徴でもある

「ダークソウル」シリーズは基本1人プレイ前提の作りだが、独特のオンラインプレイも人気だ。

シリーズを通して共通するオンライン要素は次のようなものがある。

幻影

オンライン状態で他のプレイヤーが近くにいると、時々幻影としてプレイしている様子が見られる。

血痕

オンライン状態では他のプレイヤーが死亡した地点に血痕が表示される。

血痕を調べればどのように死んだかが赤い幻影で表示されるので、それをヒントに死なないように立ち回るといったこともできる。

メッセージ

幻影や血痕は意図的に他のプレイヤーに見せることができないが、攻略のヒントやその時の想いを他のプレイヤーに見える形でメッセージに残すこともできる。

このヒントがあれば、隠し通路などを発見する手がかりになり、攻略が捗りやすい。

ただ、一部のメッセージには他のプレイヤーを貶めるために、敢えて嘘の内容が書かれていたりもする。

協力プレイ

1人では攻略が辛い場面では協力プレイをすることも可能。

残り火で生者になった状態で、白いサイン(もしくはオレンジのサイン)に触れることによって、他のプレイヤーを召喚できるのだ。

ただし、協力プレイが始まると侵入も受けやすくなる。

また、攻略の協力というより、侵入してきたプレイヤーを迎え撃つために協力するプレイ(青霊)もある。

侵入プレイ

協力プレイとは真逆で他のプレイヤーの攻略の邪魔をすることができるのが、侵入プレイだ。

「ひび割れた赤いオーブ」というアイテムを使用することによって、生者として冒険している他のプレイヤーの世界に侵入できる。

侵入プレイヤーの目的はその世界のホストを殺すこと!

基本的にホストプレイヤーより圧倒的に不利な状況なので、上手く知恵を使って立ち回る必要がある。

他にも特定のエリアに入ってきたプレイヤーに侵入するプレイなどもある。

ちなみに「ダークソウル3」では最大で6人までマッチングし(協力してくれるプレイヤーが最大3人まで、侵入者が最大2人まで)、より大人数でのマルチプレイに対応している。

「ダークソウル3」の新要素

何度も死にまくるのは今回も同じ

本作の新しい試みとして登場したものとしては「戦技」システムがある。

これは装備した武器を両手持ちした時だけに使える特殊な行動(武器によっては片手でも使用できる)で、新たな攻撃手段を増やすもの、自身をパワーアップさせるもの、それ以外の行動など武器によって様々なものが用意されている。

「ダークソウル3」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:64時間
クリア:済
バージョン: 1.35
導入DLC:「THE FIRE FADES EDITION」は最初から追加DLC全部入り

まずは1周、何も見ずにクリア。

が、案の定NPC関連のイベントはほとんど見られず、呪術を販売するキャラにすら会えなかった。

2週目はイベントを網羅しながら攻略していきたい。

前作から格段に生まれ変わった!

敵の配置やマップは格段に良くなっている

拙者は「デモンズソウル」から「ダークソウル」シリーズ、「ブラッドボーン」までフロムのアクションRPGシリーズは一通りプレイしている。

その中で前作「ダークソウル2」は、はっきり言って残念な作品だった。

こだわりのない雑な敵配置やマップの作り、意味不明すぎるストーリー、数を増やしただけの武器・魔法の数々…。

どれも「ダークソウル」などから大きく劣化しており、楽しみにしていた分落胆が大きいタイトルで、それゆえに「ダークソウル3」は発売日購入を見送ったほどだった。

しかし、Steamセールで完全版が安くなっていたので、最近ようやく購入。

そして「ダークソウル3」の完成度の高さに今までプレイしていなかったのを後悔した。

「ダークソウル2」の数々の問題点は全て消えており、初代の「ダークソウル」のような雰囲気を更に進化させた作品となっている。

純粋に「進むのが怖い、でも気になる」という冒険ができて、久々にクリアまで熱中したゲームとなった。

戦技システムは必須ではない

使いこなせれば強い戦技、でも難しい

今回から取り入れられた戦技システムだが、別に使わなければ攻略できない部分はない。

一部の戦技はあったら特定の敵が倒しやすいかも…という程度だ。

戦技を使うには両手持ちしなければならないため、リスクがある行動になるし、使う・使わないはプレイヤーに委ねられている。

対人戦に関してはそれほど数をこなしていないが、戦技を使いこなせるかどうかは結構重要な気がする。

通常攻撃や強攻撃だけだと動きが読まれやすいが、戦技があることで別の攻撃も意識させられるからだ。

最初は封印し、プレイに慣れてきたら戦技の使い方を覚えていくという感じで良さそう。

Steam版はそこそこのPC性能が必要

火継ぎの祭祀場は特にカクつく

拙者のPC環境のせいなのだが、グラボの性能が足りず(拙者のグラボがGTX 1050で推奨はGTX 1060以上)、かなりカクつく。

ボス戦などではあまり影響がないが、火継ぎの祭祀場などでは頻繁に起こる。

推奨PC以下でプレイしようとする拙者が悪いのだが、これまで他のゲームであまり性能が問題になることがなかったため、これは想定外だった。

Steamで購入するなら事前にPCが推奨環境を満たしているか確認しておこう。

拙者はかなりカクつきが気になるし、かと言ってそれでプレイを止めるにはもったいないゲームなので、PS4版を買い直そうな悩んでいる…。

総評

拙者の中では控えめに言っても神ゲーである。

高難易度のゲームということで人を選ぶし、対人戦などオンライン中心のプレイの人とは意見が異なるかもしれないが、攻略プレイはかなり面白い。

  得点:92/100

高難易度のアクションに挑戦したい、むしろ心を折って欲しいマゾゲーマーにオススメのソフトでござる。

拙者はSteamでプレイしたが、PCによってスペックが低いと満足にプレイできないので、PS4版をオススメするでござるよ。

⇒  PC版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をSteamで見てみる

PS4版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をPS Storeで見てみる

 

今更ながらプレイ日記始めました!⇒記事一覧

ゲームレビューカテゴリの最新記事