【EVERSPACE 評価】ローグライク要素が入った高難易度3Dシューティング!

【EVERSPACE 評価】ローグライク要素が入った高難易度3Dシューティング!

今回紹介するのはSteamの「EVERSPACE(エバースペース)」というソフトでござる。

宇宙船で旅をしたり、敵とドッグファイトする男のロマンが詰まったスペースシューティグゲームでござるよ。

Advertisement

「EVERSPACE」の基本情報

タイトル(商品名):EVERSPACE(エバースペース)
機種: PC(Steam)
ジャンル: スペースシューティング
メーカー: ROCKFISH Games
価格:2,980円

宇宙を旅して、主人公の記憶を取り戻していくSF作品。

海外ではSteamで配信中の他、PS4やSwitchでも発売している。

2016年にアーリーアクセスとして発売後、数々の賞を受賞したり、Steamで売上1位に輝くなど、素晴らしい実績を持つ人気タイトルだ。

ゲーム内容は宇宙船同士の3Dシューター。

分かりやすく言えば「エースコンバット」の宇宙版といったところだろうか。

ただ単純なシューターだけではなく、フィールド上にある資源を集めて船を強化したりする成長要素もあり、やり込むほどにプレイヤースキルも船自体も強化されていく。

3人称視点と1人称視点を自由に切り替えられ、VRデバイスを持っていればVRでもプレイ可能

また、本作ならではと言えるのが、入るたびにダンジョンの形状が変わる「ローグ」のように、スタートするごとに全く違うステージが楽しめるという点。

「EVERSPACE」では1つのステージが「セクター」と呼ばれ、これが「ローグ」で言うダンジョンの1フロアのようになっており、燃料を消費して次のセクターにジャンプすることでステージが進行するようになっている。

もちろん、同じ最初のステージでも出てくる敵や存在する資源は全く別のもの。

これによって繰り返し遊んでも飽きがこない作りになっている。

1セクターごとに時間制限が用意されており、長時間同じセクターに留まっていると、敵の大群が襲ってくるようになっている。

本作は難易度が高めで、特にプレイし始めた時には訳が分からないまますぎに死んでしまう。

しかし、死んでもそれまで獲得したクレジットを使って、船を強化することができる。

クレジットを使った船の強化は「死んだタイミング」でしかできず、次回へクレジットの持ち越しもできない。

要するに元々死にゲーとしてデザインされたゲームだということだ。

死ぬまでに1万クレジットを溜めていれば、新しい船もアンロックできる。

死んだ時点のクレジットを使って機体性能を上げたり、新たな機体をアンロックする

一方、武装の強化や船の回復は、探索中にメニュー画面を開くことで行える。

こちらはクレジットではなく、資源を消費する。

資源の回収は積極的に行っておこう。

「EVERSPACE」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:4時間
クリア:未
バージョン:1.3.3 
導入DLC・MOD:日本語化MOD

日本語化し、PS4コントローラーでプレイ。

最初は訳が分からず死にまくりだったが、数時間プレイしてようやくコツが掴めてきた。

理解すれば同じことの繰り返し

至る所にある資源もこまめに集めよう

基本システムは実はシンプル。

  • ステージに登場する赤くマークされた敵とドッグファイトを繰り広げ、撃墜する。
  • 青でマークされた資源を回収する
  • 緑色のジャンプゾーンに入ってワープする

これを繰り返し、集めた資源で船の武装をパワーアップさせたり、回復させながら、セクターを進んでいく。

そして船が撃墜されたら、それまで得たクレジットで船を強化し、再び最初のセクターからやり直しとなる。

似たようなシステムのゲームをプレイしたことがあったような…と考えたら、以前PS4でプレイした「ステレデン」だと思い至った。

「ステレデン」は2Dシューティングで永続的なパワーアップシステムはないが、ローグライク要素と武装が豊富という点で共通している。

パッと見はかなり複雑そうなゲームに見えるが、実は他のシューティングゲームやローグライクゲームと同じで、基本はシンプルなゲームなのだ。

ここは好き嫌いが分かれそうな部分だと思うが、個人的にはちょっと飽きが早そうに感じた。

綺麗なグラフィックと快適さの両立が凄い

雷のある宙域などかなり宇宙空間にもバリエーションがある

私のPCは性能は低くはないが、ゲーミングに特化したPCではないので、最新のゲームの中には画質を落としてもカクつくゲームもある。

本作は画像を見ても分かる通り、グラフィックが綺麗な作品だが、かなり軽く、快適にプレイできる。

このようなグラと快適さを両立した作品としては、Steamゲームの中でも上位に入るだろう。

これは多くのレビューでも言われているので、そこそこ低スペックなPCでもプレイできるのかもしれない。

上で「ステレデンと似ている」と書いたが、ビジュアル的には雲泥の差。

360度ぐるりと旋回しながら宇宙戦を繰り広げたり、残骸を探索するのも、グラフィックの綺麗さも相まってかなりテンションが上がる。

結構激しく画面が回転しまくるので、3D酔いする人にはキツイかもしれないが、フライトシューティングが好きな人であれば、楽しめる作品だと思う。

難易度はイージーからをオススメ

敵とのドッグファイトは慣れるまで敵を追い切れず大変!

上でも書いたが、難易度はかなり高い。

拙者はコントローラーの感度設定がなかなか上手く設定できなかったこともあって、序盤は何十回と死んだ(イージーで)。

敵の数はそれほど多くないが、かなり攻撃が激しいため、複数機に攻撃を受け続けるとすぐに死んでしまうのだ。

多少コツを掴んでからは、大分安定して敵を倒せるようになったが、難易度を上げるとかなりキツイ。

本作は一応ストーリーもあるので、ストーリーをクリアするくらいまではイージーで一通りプレイするのがいいかもしれない。

総評

全体的に完成度は高く、現在もアップデートが続いているため、更に今後面白くなる要素が追加される可能性もある。

とっつきは悪いが、慣れれば面白くなってくる作品だろう。

  得点:53/100

フライトシューティング好きにオススメのソフトでござる。

ただ、やはりやることが同じことの繰り返しなので、飽きるのはやや早いかもしれない。

Steamで「EVERSPACE」を見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事