【ダークソウル3 プレイ日記】ファランの城塞の最も恐ろしい敵!

【ダークソウル3 プレイ日記】ファランの城塞の最も恐ろしい敵!

「ダークソウル3」のプレイ日記第6回。

今回は「ファランの城塞」とボス「深淵の監視者」を攻略していく。

ファランの城塞

ファランの城塞は生贄の道にあった篝火「ファランの城塞」から建物を出てすぐの場所。

シリーズ恒例の毒沼で覆われた地形を持つエリアだ。

攻略だけを目指すならそこまで毒になるリスクは多くないが、宝を見つけるために隅々まで探索するとなると毒になるのは必至。

その都度「毒の苔玉」で治していたらいくつあっても足りないので、毒は安全地帯にいくまで放置でもいいかもしれない。

体力の減りにだけは気をつけよう。

このエリアはだだっ広い塀に囲まれたエリアになっており、仕掛けを解かないといつまでも同じエリアでグルグル回ることになってしまう。

仕掛けとは上記画像のような祭壇にある火を消すこと。

同じ祭壇がエリア内に3つあり、全ての火を消すことでボスへ至る道が開かれる。

ちなみに今回のプレイで、初めて侵入者が現れた。

しかも狂った闇霊っ…!

拙者は「ファランの城塞」を探索し始めたばかりだったので、篝火周辺で待機して迎え撃つことに。

何とか勝利!!

なかなかヒリヒリして楽しい勝負だった。

ファランの城塞に登場する厄介な敵

ファランの城塞にはこれまで以上に厄介な敵が多数登場する。

毒になったり足が遅くなる毒沼と相まって、心が折れかけること請け合いだ。

中にはダークストーカーや大蟹などこれまでのエリアに出てきた強敵も。

ここでは特に初登場となる厄介なモンスターを紹介する。

バジリスク

シリーズ恒例の厄介なモンスターで、体力を減らす攻撃は一切してこないが、呪死の状態異常を引き起こすブレスを巻き散らす。

初代「ダークソウル」の時は呪死状態になると最大体力が半減する(蘇っても治らない)というペナルティがあり、最悪の敵と恐れられていた。

今回は呪死は普通の死と一緒の扱いなのでそれほど凶悪ではないが、複数匹で襲ってきたり、違う敵(闇霊)と一緒に出てきたりするのが厄介だ。

幸い体力は低いので真っ先に倒したい。

このエリアにはこれまでの亡者ポジションで、グルーというメデューサのような頭のモンスターが登場する。

普通の武器を装備しているグルーは、亡者兵士とそれほど変わらず強くないが、エリアに2匹いる狂った動きをするグルーが少し厄介。

このグルーは掴み攻撃と、突然ジャンプしての上空からの攻撃という2種類の特殊な攻撃を仕掛けてくる。

動きが読めれば回避もできるが、一回捕まると体力がかなり減らされるので、事故死の確率がかなり高いのだ。

魔法使いなら少し離れて魔法で完封してしまうのが楽。

木を根っこから引っこ抜いたような武器を使う大型の敵。

実はコイツもグルーの仲間で長老グルーと言うらしい。

木を振り回す広範囲&威力の高い攻撃に加え、ゆっくりと追尾する魔法まで使ってくる。

正面から戦うとかなりの強敵だが、それがこのエリアには5~6匹はいる。

高台から遠距離攻撃を使ったり、敵が通れない場所まで誘導して魔法で倒したり、色々とハメる方法はあるので、工夫して倒していこう。

3匹固まっている長老を倒すと、ファリスシリーズの防具・弓が入手できる。

他にも、篝火「ファランの老狼」から上に上がったところには、「はぐれデーモン」という中ボスクラスの敵が登場する。

巨大な槌を振り回したり、黒い塊を飛ばして攻撃してくる強敵だが、魔法使いならレンジの外から攻撃できるし、弓があれば遠くから安全に倒せる狙撃ポイントもあるので倒すのは比較的楽だろう。

近接オンリーでもそれほど強くない。

倒すと「はぐれデーモンのソウル」というボスソウルと同じものが入手でき、ソウル錬成で特別な指輪や魔法に交換もできる。

ファランの城塞の篝火とNPCイベント

ファランの城塞にはボス篝火を除き、4つの篝火がある。

1つは生贄の道との境界にある「ファランの城塞」

2つ目は3つの火を灯した時に開く扉の前にある高台の上の「城塞跡」

3つ目はナメクジが3匹固まっているはしごを登った先にある「ファランの老狼」

4つ目は仕掛け扉を開き、ダークストーカーが暴れているエリアの右にある「城塞外縁」だ。

黄色指のヘイゼル

生贄の道でも登場した闇霊、黄色指のヘイゼルが再登場。

生者状態で篝火「ファランの城塞」から外側の壁に沿って右に進み、バジリスクがいるエリアの途中で乱入してくる。

拙者の中では、このエリア最強の敵だった。

何せ拙者の魔法や魔力のダガーが全く効かない相性最悪の敵なのだ。

結局5回やられ、残り火を消費しまくってしまった。

仕方なくレイピアを+3にして炎強化すると、楽勝だった…。

苦労したのに戦利品は特になし…。

ロンドールの白い影

ロンドールのユリアと敵対していると、篝火「ファランの城塞」からヘイゼルが乱入する位置よりやや手前で乱入してくる闇霊。

ロンドールのユリアを殺さずに敵対するには、素手で3発ユリアを殴り、すぐに逃げて篝火で移動するといい。

ロンドールの白い影を倒した後に、不死街の女神像で免罪すればロンドールのユリアは何事もなかったように物を販売してくれる。

こいつもバジリスクのいるいやらしいエリアで乱入してくる他、足場の悪い場所で「追う者たち」を使ったり投げナイフを使ったりと遠距離戦もこなす厄介な敵。

先に敵を倒しておいて準備を整えてから残り火を使った方が安全だろう。

また、ロンドールのユリアと仲が良い状態では白霊として召喚することもできる。

他にもNPCの白霊は2体もいるので、誰を召喚するか悩むところだ。

薄暮の国のシーリス

ファランの城塞にあるアイテム「夢追い人の遺灰」を入手し、火継ぎの侍女に渡した後、ロードを挟んで火継ぎの祭祀場に戻ると広場にシーリスが出現し、会話イベントとジェスチャーが入手できる。

その後、再びロードを挟み火継ぎの祭祀場からいなくなったのを確認してボス前まで来ると、シーリスの白サインがある。

ファランの老狼

篝火「ファランの老狼」の前で死んでいるらしい巨大な狼

前でひざまずくと誓約「ファランの番人」が入手できる。

黒い手のゴットヒルト

ボス前で白サインを出しているNPC。

呼び出すとジェスチャーを入手できる。

脱走者ホークウッド

「深淵の監視者」を倒した後にホークウッドに話しかけると指輪を入手。

その後ロードを挟んで再び祭祀場に戻ると姿を消しており、火継ぎの祭祀場を出て左側に進んだ墓の前に「ホークウッドの盾」が落ちている。

カリムの騎士イーゴン

「深淵の監視者」撃破後?火継ぎの祭祀場に戻るとカリムの騎士イーゴンが広場の端にいる。

話しかけると嫌味を言われる。

深淵の監視者戦

初の薪の王戦となる「深淵の監視者」

このボスは体力バーを丸々2本減らさなければならないので注意が必要だ。

前半戦は深淵の監視者本体と同時に、本体と同じ性能を持つ敵が次々と沸いてくる。

沸いてくる敵は攻撃してもボス体力を減らせないが、2対1の状況になるので、なるべく早く倒してしまいたい。

ただし、赤い目をした個体は狂った闇霊のように敵にも攻撃を仕掛けるので、同士討ちを狙うこともできる。

赤い目をしていない監視者はなるべく早く倒し、赤い目をした監視者は本体にぶつけるという作戦で行こう。

本体の体力バーをゼロにすると、ムービーが流れそのまま後半戦へ移行する。

後半戦では深淵の監視者は1対になるものの、剣に炎を纏うようになり、攻撃範囲が広くなる。

拙者のようにムービー終わりに敵を見失ったまま攻撃を食らう、ということもよくあるので注意しよう。

白霊を呼ぶと複数対複数の戦いに持ち込めるので、かなり楽。

「干からびた指」を使うと2人まで同時に召喚することもできる。

ソロでクリアする場合、前半戦は上で書いた通り、赤い目じゃない雑魚監視者を積極的に倒して赤い目と監視者本体をぶつける作戦、後半戦はなるべく回避で攻撃をかわしてバックスタブを狙うヒットアンドアウェイを狙うといいだろう。

深淵の監視者は白霊×2のチキンプレイで一発クリア。

しかし、黄色指のヘイゼルに5回もやられるなど、ここでもかなり死亡回数を重ねてしまった。

レベルは31から35の4レベルアップ。

武器はダガーを+4にして魔力強化させ、急遽レイピアを+3の炎強化した(魔術師の杖は+3のまま)。

正直、炎レイピアのが強い…。

やはり信仰も上げようか悩むところだ。

次回は「ファランの城塞」から続く道に沿って「カーサスの地下墓」を攻略していく。

【今回の死亡回数:9】

【累計の死亡回数:42】

⇒  PC版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をSteamで見てみる

PS4版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をPS Storeで見てみる

 

ゲーム日記カテゴリの最新記事