【ダークソウル3 プレイ日記】カーサスの地下墓に純魔は不向き?思わぬ苦戦!

【ダークソウル3 プレイ日記】カーサスの地下墓に純魔は不向き?思わぬ苦戦!

「ダークソウル3」のプレイ日記第7回。

今回は「カーサスの地下墓」とボス「覇王ウォルニール」を攻略していく。

カーサスの地下墓

カーサスの地下墓はファランの城塞のボス「深淵の監視者」を撃破すると開かれる、地下室の奥にあるエリアだ。

名前の通り地下の墓地で、薄暗いエリアの至る所に侵入者を拒む罠が仕掛けられている。

また、地下墓だけあって、登場する主な敵はスケルトン。

数は少ないがシリーズ恒例の骸骨車輪も登場する。

弱点は打撃属性で、打撃属性の武器で叩くと毎回粉々になるため、敵の反撃を受けずに倒しやすい。

拙者は筋力8・技量14というもやしっ子ビルドなので、打撃武器は装備できず、思わぬ苦戦を強いられることになった。

カーサスの地下墓に登場する厄介な敵

カーサスの地下墓はエリア的にそれほど大きくなく、敵の種類も少ない。

ビルドによっては楽勝エリアと言える。

しかし、打撃武器が無かったりするとかなりの強敵もいるので、ここではそんな厄介な敵を紹介する。

カーサスの剣士

曲刀・大曲刀・弓・鉤刀装備の敵が登場する。

弓以外全ての敵が武器に出血効果を持たせており、攻撃をガードし続けているだけで出血死することもあるので、連続ガードは危険。

特に厄介なのが鉤刀を装備した敵で、ふわりふわりと飛ぶように動き、鉤刀による近接攻撃とククリによる遠距離攻撃を仕掛けてくる。

ククリにも出血効果があるので侮れない。

拙者はコイツと大曲刀装備に10回以上やられた…。

更に奥のエリアには鉤刀二刀流の敵もいる。

攻撃バリエーションが多彩なので、打撃武器があれば攻撃させる前に倒してしまった方が楽だろう。

普通のスケルトンは基本的に弱いが、途中で登場する火炎壺を投げるようなモーションで「追う者たち」をバンバン撃ってくる2体のスケルトンだけ要注意。

スケルトンが投げる壺は、壁だろうが地面だろうが盾だろうが、何かに当たれば発動してしまう。

見かけたら真っ先に倒したい。

ちなみに、このスケルトンが出現する近くの壺オブジェクトの中には、壊すと「追う者たち」が出てくるものもあり、不用意にローリングで壊すと危険。

このエリアだけはオブジェクトを壊す際は慎重に!

エリア内の2か所に登場する大玉。

当たると大ダメージを受ける。

同じ場所をグルグル往復しているだけなので初見殺しにかならないが、帽子をかぶったスケルトンを倒すことで止めることもでき、大玉を破壊すれば良いアイテム(1つ目の大玉は貝で不死の遺骨、2個目の大玉破壊で闇の貴石)が拾える。

後半の隠しエリア(篝火「棄てられた地下墓」方面)に行くと、以前不死街でジークバルトと共闘したデーモンが再登場。

周りにはスケルトンもいるが、スケルトンとデーモンは敵対しているらしく、スケルトンの攻撃でもデーモンはダメージを受ける。

両方いっぺんに相手しないように注意。

魔法使いなら高台から魔法を撃っていれば余裕で倒せる。

カーサスの地下墓の篝火とNPCイベント

カーサスの地下墓には2つの篝火がある。

1つ目は2つ目の大玉トラップが作動している途中の脇道にある「カーサスの地下墓」

2つ目はボス手前のつり橋を落とし、そのつり橋をはしご代わりに降り、デーモンを倒した先にある「棄てられた地下墓」だ。

アストラのアンリ

アストラのアンリは1つ目の大玉トラップが発動する大階段に出る部屋から、スケルトンが4匹出る部屋に向かった先にいる。

話しかけるとどうやら困っているようだ。

話しかけた後は吊り橋エリアに移動しているが、こちらはまだ話しかけない方がいいらしい。

騎士狩りゾリグ

2つ目の大玉トラップを抜け、ねずみがいる部屋から柵がある部屋に入って残り火を取る辺りで侵入してくるのが、騎士狩りゾリグだ。

大盾と特大剣を装備した怪力NPCで当然攻撃の盾受けは危険。魔法使いなら距離を取って発動が早めの魔法を撃つのが安全だろう。

勝利するとジェスチャーと騎士狩りの指輪をもらえる(ジェスチャーは負けてももらえる)。

拙者はこいつにも2回やられた…。

覇王ウォルニール戦

カーサスの地下墓のボス「覇王ウォルニール」は壊れる吊り橋を渡った先にいる。

吊り橋が壊れると篝火からしか元のエリアに戻れないので注意しよう。

覇王ウォルニールはボス部屋に入ってもすぐに戦闘にならず、中央にある盃に触れ、アイテム「墓守の呪術書」に近づくことで登場する。

(2回目以降は「盃に触れる」を選択するとムービー後即戦闘になる)

上半身だけが見える巨大なスケルトンで、初見はどうやって倒すのか分かりにくいが、覇王ウォルニールがつけている両腕の腕輪を破壊することで、大ダメージを与えられる。

ただ、腕輪を壊すごとに雑魚スケルトンが大量に現れ、場合によってはタコ殴りにされることもある。

ここでもやはりスケルトンを一時的に無力化できる打撃武器が有効となるだろう。

拙者は初見の時は大して苦労せずに倒したボスで印象が薄かったが、今回の2回目の攻略ではまさかの大苦戦。

闇に置き去りにされて死亡、白い霧に包まれて死亡、剣の突きを食らって死亡、スケルトンにタコ殴りにされて死亡…と初見の時には気づきもしなかった多彩な攻撃で死にまくった。

攻略法としては、スケルトンが出てくる前の段階でスケルトンの右手の腕輪を左手側から魔法などで攻撃して破壊、その後左手の腕輪を集中攻撃する、という方法が比較的安全だった。

スケルトンの正面や右手側は多彩な攻撃の餌食になりやすく、なるべく近づかない方がいい。

カーサスの地下墓では、雑魚にもボスにも苦戦し、過去最高の死亡記録を叩きだしてしまった。

終盤まではほぼ死なずに進めていたが、3万ソウルをロストして一気に気が抜けた感じ…。

その後何度もリトライするうちにレベルは35から39にアップ。

武器は炎のレイピアと魔術師の杖をそれぞれ+4に強化した。

次回は初見攻略時には、行くこともなかった未知のエリア「燻りの湖」を攻略する。

【今回の死亡回数:24】

【累計の死亡回数:66】

⇒  PC版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をSteamで見てみる

PS4版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をPS Storeで見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事