【ダークソウル3 プレイ日記】中盤の山場!冷たい谷のイルシール攻略

【ダークソウル3 プレイ日記】中盤の山場!冷たい谷のイルシール攻略

「ダークソウル3」のプレイ日記第9回。

今回は「冷たい谷のイルシール」とボス「法王サリヴァーン」を攻略していく。

冷たい谷のイルシール

冷たい谷のイルシールはカーサスの地下墓のボス「覇王ウォルニール」を倒し、道なりに進んだ先にある。

「冷たい谷」の名前通り、これまでの雰囲気とうって変わって寒そうな地域で、チラチラと雪も降っている。

遠目から見ると少し「ブラッドボーン」に片足突っ込んだような街並みにも見える。

難易度がこれまでから一気に上昇したり、直近のエリアではさほど多くなかったNPCイベントがここでは一気に増えることで、中盤の山場といえるエリアだろう。

冷たい谷のイルシールに登場する厄介な敵

冷たい谷のイルシールでは、これまでのエリアより敵の厄介さがグッと上がる。

ここでは特に厄介と思われる新たな敵を紹介していこう。

冷たい谷のイルシールに到着して最初に出会う敵。

「サリヴァーンの獣」と呼ばれるワニのような見た目の怪物だ。

身体が大きい割に素早く、攻撃力も体力も高いと弱点のない敵で、作品全体を通してボス以外ではトップクラスの強さを誇る。

初見ではほぼ確実にやられることだろう。

一番オーソドックスな倒し方としては出血属性の武器やエンチャントを使うことだと思うが、拙者は「致死の白霧」をポップ地点に撒いておいて、離れた位置から「強いソウルの太矢」を撃つという作戦でいけた。

強太矢を2発当てたところでダウンしたので、攻撃をする暇を与えず安全に倒せた。

まぁその前に試行錯誤で3回死んでるんですけどね…。

法王の騎士。

流れるような連続攻撃を繰り出してくるロスリックの騎士などに似た騎士系の敵だが、「ロスリックの高壁」などのように要所に2,3人いるだけなんてことはなく、最初から最後まで沢山登場する。

2,3人一緒に相手をするのはキツイので、1対1で確実に仕留めていきたい。

火の魔女。

遠距離からプレイヤーの足元に火の柱を発生させたり、火柱を飛ばしてくる厄介な敵だ。

こいつが乱戦に紛れ込んでくるとかなり厳しい。

近づくと比較的弱いので、孤立させて近づき一気に倒してしまおう。

冷たい谷のイルシールの篝火とNPCイベント

冷たい谷のイルシールにある篝火はボス篝火を除いて4つある。

1つ目はカーサスの地下墓を出てすぐにある「冷たい谷のイルシール」

2つ目はサリヴァーンの獣を倒して橋を渡った先にある「イルシール市街」

3つ目は大きな聖堂を左に通り過ぎていった小さな建物内にある「ヨルシカ教会」

4つ目は汚水ムカデが出現する水場を超えて水路に入らず、真っすぐ進んだ建物の中にある「街はずれの廃屋」だ。

薄暮の国のシーリス

篝火「イルシール市街」に到着後、生者状態で橋に戻るとシーリスの白サインがある。

これに触れると、シーリスの世界にプレイヤーが白霊として召喚され、シーリスと協力して放浪のクレイトンを倒すこととなる。

死んでもソウルロストなどのペナルティはなく、何度でも再挑戦可能。

勝利後にシーリスに感謝される他、火継ぎの祭祀場に戻ると広場にシーリスがおり、クレイトンの正体などについて話を聞くことができる。

放浪のクレイトン

上で書いた通り、シーリスの世界で戦う放浪のクレイトンだが、篝火「ヨルシカ協会」から少し進んだ先に今度はこちらの世界の闇霊として登場。

結構強いが、倒すと竜断の斧などが入手できる。

不死街のグレイラット、不屈のパッチ

イルシール市街に到着後に火継ぎの祭祀場で話しかけると、グレイラットが不死街に続き、イルシールにも盗みに行くと言い出す。

「盗みに行かせる」を選択後、ロードを挟んでパッチに話しかけるとグレイラットがどこに行ったのか尋ねてくる。

「教える」を選択すると、ボス撃破後2人とも生存して帰ってきて、グレイラットのお店では更に商品が豊富になる。

アストラのアンリ

アストラのアンリは篝火「ヨルシカ教会」にいるので、話しかけるとジェスチャー入手。

その後、ヨルシカ教会内の人形の1つを殴ると、ロンドールの使者が隠れているのを発見。

これを放置するかどうかでアンリやロンドールのユリアとの展開が変わってくるようだ。

今回、拙者はこの使者を殺してみた。

ちなみにアンリはその後、ボス前で白サインも出している。

ロンドールの白い影

ロンドール勢と敵対していると、銀騎士が3人いるエリアの先でロンドールの白い影が侵入してくる。

拙者はロンドールの使者を殺したので、敵対したようだ。

ロンドールの白い影はファランの城塞で登場したものと同じ行動を取る。

倒すと火継ぎの祭祀場のヨエルの死体の近くで白い影の装備が拾えるようになる。

ロンドールのユリア

ロンドールと敵対したことで、ユリアから別れを告げられる。

なので、攻撃して倒してしまった。

さようなら、ユリア…。

(かなり強くて倒すまでに何度もやられたけど。)

カタリナのジークバルト

ボス撃破してグレイラット&パッチが無事に戻ってきた後、パッチからカタリナ装備一式を購入し、未だ裸で深みの聖堂にいたジークバルトに鎧を届けた。

ここではジェスチャーを入手。

その後、冷たい谷のイルシールにて、銀騎士がいる場所の手前(エストスープがある部屋)で会話イベント。

ここでは放つフォースとジークの酒がもらえる。

忌み探しのアルバ

篝火「街はずれの廃屋」から先に進むと侵入してくるのが忌み探しのアルバだ。

大曲刀とクロスボウを装備しており、遠近問わず攻撃を仕掛けてくる。

倒すとムラクモが入手できる。

法王サリヴァーン戦

今回、ミスってボス戦録画できていなかった…。

ということで、動画はなし。

かなりギリギリだったけど、初回で倒した。

法王サリヴァーンは炎強化した剣と魔法強化した剣を両手に持って素早い攻撃を仕掛けてくるボス。

二刀流による激しい攻撃でかなり強いと感じるはず。

攻撃は盾受けできるが、エンチャントされた武器なので、物理100%の盾でも徐々に体力が減らされることに注意。

1対1で戦うなら、やられながらでも敵の攻撃パターンを覚えていくしかない。

こだわりがない場合、アストラのアンリやロンドールの白い影、黒い手のゴットヒルトなどの白サインがボス前にある(NPCイベントの進行状況にもよる)ので、これらのキャラを呼び出して戦うと多少楽になる。

魔法使いならNPCにタゲを取らせて遠くから魔法が楽だ。

ただ、一気に距離を縮めてくる攻撃もあるので、魔法撃つことに一生懸命にならないように。

体力が半分くらいになると、法王サリヴァーンは分身を行うようになり、2体同時に相手をしなければならなくなる。

分身も体力が設定されているので、分身を最初に倒すこともできるが、サリヴァーンは分身を何度でも召喚するので、なるべく広い場所で囲まれないように本体を殴り続ける方がいいかもしれない。

今回はNPCにタゲを押し付けて離れたところから魔法プレイをしたが、初見時はグレートクラブで2匹同時に攻撃して倒した。

冷たい谷のイルシールは思ったよりもすんなり攻略でき、NPC侵入やサリヴァーンの獣以外で死ぬことはなかった。

ただ、ロンドールのユリアが思いのほか強く、これで5回も死亡してしまった(しかも4万ソウルをロスト…)。

結局今回も2桁死亡である。

レベルは44から47と3レベルアップ。

ダガーが+6になり、他は据え置き。

魔術師の杖は最大強化してしまっていいのだろうか…?

冷たい谷のイルシールからは2つのルートに分岐するが、次回はまずイルシールの地下牢を攻略していくことにする。

【今回の死亡回数:10】

【累計の死亡回数:89】

⇒  PC版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をSteamで見てみる

PS4版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をPS Storeで見てみる

 

ゲーム日記カテゴリの最新記事