【ダークソウル3 プレイ日記】アノールロンドまでの長い道のり

【ダークソウル3 プレイ日記】アノールロンドまでの長い道のり

「ダークソウル3」のプレイ日記第11回。

今回は「アノールロンド」とボス「神喰らいのエルドリッチ」を攻略していく。

アノールロンドまでの道のり

冷たい国のイルシールにて「法王サリヴァーン」を倒した先に進むと初代「ダークソウル」でも登場したアノールロンドに辿り着く。

しかし、その間の道のりは険しい。

敵は見覚えのある敵ばかりだが、配置がいやらしく、特に屋根上から多数の銀騎士が大弓で狙撃してくる様子は、初代「ダークソウル」のアノールロンドのトラウマを思い出すよう。

その他にも超遠距離から炎を撃ち続ける主教が多く配置されていたり、地下にはサリヴァーンの獣が2体もいたりと、かなり死亡回数を重ねやすいエリアとなっている。

更に言えば、このエリアは生者状態でいると、かなり頻繁に侵入を受ける。

拙者は誓約霊や闇霊に侵入されまくり、残り火をいくつか無駄にしてしまった。

そのお返しではないが、誓約「神喰らいの守り手」を入手してからは何度か侵入もしたけど…(制約を付けているだけで結構呼ばれる)。

アノールロンド

懐かしい階段付きのリフトを使うと、アノールロンドに辿り着く。

この大階段を懐かしく思う人も多いのではないだろうか。

しかし、アノールロンドの内部は変わり果てた姿に…。

真っ暗で、ここにもあちこちに主教がおり、遠距離から火球を撃ってくる。

また、深みの聖堂にもいた巨大な蜘蛛の怪物やスライムのような肉隗もうようよしており、以前の優雅な光景はどこにもない。

篝火「法王サリヴァーン」からアノールロンドまでの篝火とNPCイベント

篝火「法王サリヴァーン」からアノールロンドまでには3つの篝火がある。

一つ目は主教マクダネルがいるところの篝火「貯水槽」

二つ目はアノールロンド行きの階段付きリフトを上に移動してから、透明な通路を渡った先にある「虜囚の塔」

三つ目はアノールロンドの大階段手前にある「アノールロンド」だ。

分かりにくいのが「虜囚の塔」の篝火。

リフトを上に移動させた後、階段下にある連結口から透明な通路が続いており、これを進んで塔に飛び降りた先にある。

何も見ずに見つけた人は凄い!

神喰らいの守り手・ドラン騎士

主教や巨人がいるエリアにいるNPCキャラが神喰らいの守り手・ドラン騎士

2本の槍を持ったキャラと2本の槌を持ったキャラの2人が同時に襲ってくる。

盾を装備していないので、魔法キャラなら魔法を引き撃ちしていれば楽勝だ。

ただ、周りには遠距離攻撃してくる主教もいるので注意。

大主教マクダネル

サリヴァーンの獣2体がいる貯水槽の隅で死んでいるおデブちゃんが大主教マクダネル

話しかけると「神喰らいの守り手」という制約を入手できる。

この制約を付けておけば生者状態でも篝火「法王サリヴァーン」からアノールロンドまで誓約霊に侵入される心配がなくなるが(闇霊は侵入される)、一方で誓約霊として自分が他のプレイヤーに侵入する可能性が高くなる。

騎士団総長ヨルシカ

篝火「虜囚の塔」の近くに佇む女性が騎士団総長ヨルシカ

この塔の下は冷たい谷のイルシールの篝火「ヨルシカ教会」に繋がっているが、その協会名の由来となった人のようだ。

話しかけると「暗月の剣」の制約を入手できる。

アストラのアンリ

アノールロンドの大階段を上がった巨大な扉の前に白サインがあり、これに触れるとアストラのアンリの世界に白霊として呼ばれる。

そしてアストラのアンリと共闘するエルドリッチ戦。

アンリがやられても当然元の世界に戻されるので、ある程度積極的に攻撃する必要がある。

また、これでエルドリッチを倒しても、自分の世界では改めてエルドリッチ戦があるので注意!(拙者は勝手にこれでクリアだと勘違いしてた…)。

エルドリッチに勝利後、燻りの湖でホレイスが出てきた場所にアンリの姿があるが、近づくと…。

また、火継ぎの祭祀場のクールラントのルドレスに話しかけると、アンリの直剣がもらえる。

薄暮の国のシーリス

エルドリッチ戦の後、不死街の「呪腹の大樹」戦があった扉の前に白サインが出現している。

調べると薄暮の国のシーリスの世界に召喚され、シーリスと共闘して聖騎士フォドリックとの戦闘になる。

フォドリックは2体1でも充分強いので注意。

勝利後、火継ぎの祭祀場でシーリスとの会話イベントがある。

また、篝火「呪腹の大樹」には黄昏シリーズの装備、火継ぎの祭祀場の外の道には「黄昏の盾」が落ちている。

神喰らいのエルドリッチ戦

神喰らいのエルドリッチは、初代でオーンスタイン&スモウがいた場所に登場する。

「浮遊するソウルの塊」や「ソウルの槍」の上位互換のような魔法を撃ち、「暗月の矢雨」という矢の雨を降らす魔法なども持つ、魔法主体のボスだ。

初回の脳筋ビルドの時にはそこまで苦戦した記憶がないが、今回はめちゃくちゃ苦戦…。

こちらが魔法を撃つ機会が少ない上、魔法そのものがほとんど効かない純魔には相性が悪いボスだったのだ。

そのため、炎のレイピア主体の近接戦闘で倒すことになった。

エルドリッチは魔法や手に持った鎌のような武器で攻撃してくるが、プレイヤーが接近して攻撃すると、ワープを繰り返す。

距離が離れると魔法を撃ってきて厄介なので、なるべくワープ地点に素早く接近してしまうのが吉だ。

HPが減るとエルドリッチは炎を纏い、暗月の矢雨がプレイヤーをしつこく追尾するなどかなりパワーアップする。

炎に触れても多少ダメージは受けるが、それよりも魔法を撃たれる方が厄介なので、なるべくエルドリッチにはぴったりくっついて攻撃したい。

ただ、ワープする時に出す黒いモヤはダメージがあるので、なるべく攻撃を欲張りすぎず、ワープの構えを見せたら次の出現場所にすぐ行ける準備に入るようにしよう。

拙者は10回くらいリトライしてようやく撃破した。

ここまででも結構死んできた自覚はあったが、このエリアに入ってからは桁違いに死んだ。

死にまくった。

数えるのも嫌になるほどだ。

特にサリヴァーンの獣エリア、銀騎士エリア、エルドリッチ戦、そして侵入者…。

このエリアでは生者にならない方が楽に攻略できそうだ。

レベルは52から56と4レベルアップ。

武器はこれまで使っていた武器を全て+6まで上げ、更にシミターも+6にしてみた(エルドリッチ戦のためだったが、結局炎レイピアでクリア)。

  • 結晶ダガー+6
  • 魔術師の杖+6
  • 宮廷魔術師の杖+6
  • 炎のレイピア+6
  • シミター+6
  • ラウンドシールド+3

もうこれ以上死亡回数を更新することはないだろうと思いながらも、次回は初回プレイ時にめちゃくちゃ苦労した「冷たい谷の踊り子」戦からスタートする。

【今回の死亡回数:42】

【累計の死亡回数:139】

⇒  PC版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をSteamで見てみる

PS4版「ダークソウル3 – THE FIRE FADES EDITION」をPS Storeで見てみる

 

ゲーム日記カテゴリの最新記事