【Hand of Fate 評価】大人気ないディラーとTRPGで真剣勝負!

【Hand of Fate 評価】大人気ないディラーとTRPGで真剣勝負!

今回紹介するのはPS4の「Hand of Fate」というソフトでござる。

TRPG+アクションという一風変わったゲームでござるよ。

Advertisement

「Hand of Fate」の基本情報

タイトル(商品名):Hand of Fate
機種:PlayStation4
ジャンル: RPG
メーカー: Defiant Development
価格:2,160円

2019年2月現在、フリープレイとして配信中。

ゲームがスタートすると、一人の怪しげな占い師のような男が目の前に座っており、その男とTRPGのようなゲームをプレイし続けるという異色なゲーム。

プレイヤーはTRPGのプレイヤー、目の前の男はゲームマスターのような役割を担う。

ヘルス・フード・ガールドの数値は左下のカードに書かれている

プレイヤーが動かすキャラクターにはヘルス・フード・ゴールドという3つの重要な数値がある。

  • ヘルス:HPのようなもので0になるとゲームオーバー。初期のヘルスは100。
  • フード:1つ駒を進める度に消費する食べ物。フードがあるうちは1歩進むごとにヘルスが回復するが、無くなると1歩ごとにヘルスが減少する。
  • ゴールド:お金のことで、お店でアイテムやフードを購入する時などに使う。
イベントの成功・失敗判定は4枚のカードをシャッフルして選ぶ形で行われる

プレイヤーキャラクターはイベントカードを1つずつ進み、そのカードイベントをこなしていくことになる。

カードのイベントには成功・失敗判定を4つのカードで決めるものが多く、成功判定が出た場合はアイテムやフード、ゴールド・祝福を入手し、失敗判定が出た場合はヘルスやフード・お金を失ったり、呪いを受けることが多い。

また、カードのイベントには「トークン」が設定されているものがあり、そのトークンの解除条件を満たすと、ゲーム終了後新たなカードがアンロックされていく。

戦闘はキャラクターを直接動かして敵を攻撃するアクションとなる

またイベントによっては戦闘も発生するが、その場合はプレイヤーキャラクターを直接動かし、敵を倒すアクションパートに移行する。

□ボタンで攻撃、×ボタンで回避できる他、盾を装備していれば△ボタンでカウンターや攻撃弾き、〇ボタンで盾潰し、特殊な能力を持つ武器の場合はL1ボタンで特殊効果発動、魔法アイテムを持っている場合はR2ボタンで効果発動できる。

また、イベントによっては罠のある部屋を脱出するアクションが発生することもある。

ボスは雑魚にはない特殊な攻撃やサポートを持っている

このようなイベントをこなしていき、そのゲームのターゲットとなるボスを倒せばそのゲームはプレイヤーの勝利となる。

逆に途中でヘルスが0になった場合は、占い師の勝ちとなるが、途中で入手したトークンはそのまま獲得でき、新たに使えるカードが増えていく。

「Hand of Fate」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:25時間
クリア:済 
バージョン: 1.07
導入DLC:なし

ストーリーモードをクリア。

カード全解除はまだ…。

地盤はかなりヌルゲーだが、後半に行くほど大変…。

運ゲー要素の強い実力ゲー

個人的に一番きつかったイベント「悪魔の賭け」

成功・失敗の4つのカードで展開がそのゲームの展開が大きく左右される本作。

カード運によってフル装備でボスに対峙できることもあれば、ほぼ初期装備のままで戦わねばならない時もある。

このように書くと運だけのゲームに思えるが、もしドクロ(失敗)を引いて苦しい状況になったとしても、意外と何とかなるようになっていることが多い。

例えば、ヘルスがドドンと減らされるようなイベントがあったとしても、フードを多めに持っていれば安全地帯を行ったり来たりしてHPを回復させたり、ゴールドを持っていればお店でヘルスを回復することもできる。

極端な話、敵とエンカウントしても敵の攻撃を食らわなければ良いのだ。

序盤は敵の攻撃をカウンターでいなせることも多く、無理な話ではない。

とは言え、やっぱり盾がないと敵の攻撃を全て回避するのは難しいし、一部のイベントはかなり鬼畜。

後半になるほど、目の前の占い師が容赦なくこっちに不利なルールを押し付けてくるので(子どもか!)、後半ほどカードの引きが重要になってくる。

ちなみに一応、成功・失敗のカードはシャッフルを目で追えれば実力で引き当てることも可能。

3回4回以上シャッフルするような時には拙者はとても目で追えないが、1回2回のシャッフルの時は充分これで引き当てられるので、動体視力の良い人であれば、成功・失敗カードの引きすら実力ゲーになる。

魅力的なTRPGの世界

ボスを倒したり、トークンを獲得することでカードが増え、デッキが自由に組めるようになる

このゲームはかなり人を選ぶと思う

ブツブツ呟く占い師の画面からほとんど切り替わらないという地味さに加え、カードも最近のスマホゲームにあるような華は皆無だし、普通に3DRPGで展開できるストーリーをわざわざカードと文章だけで表現している。

しかし、この雰囲気こそがカードゲーム好きにはたまらない。

拙者は「マジックザギャザリング」や「遊戯王」といったリアルカードバトルやTRPGはやったことがないが、昔から「カルドセプト」などのカードを題材にしたゲームは好きだったので、この雰囲気がかなり気に入った。

ストーリーは日本語翻訳が変な部分もあって分かりづらいが、カードゲーム、TRPG好きにはドンピシャなゲームだと思う。

アクションパートの視点が悪い

アクションパートは見えづらくなる部分も…

この作品で最も特徴的ともいえる戦闘のアクションパートは、集めた特徴的な装備品で戦えてそれなりに楽しいが、視点が悪いのが残念なところ。

戦闘マップはクォータービューのような視点になっているが、罠の場所や遠距離攻撃の飛んでくる場所などが非常に分かりづらい。

攻撃はある程度敵を追尾してくれるが、敵がごちゃごちゃしている時は誰に攻撃をしているのか分からず、余計な反撃を受けてしまうこともしばしばある。

この辺りの視点周りをもう少し頑張ってくれれば…。

ただ、既に続編となる「Hand of Fate2」も発売している。

かなりグラフィックも進化しているし、PVを見る感じ「2」では戦闘時の視点も大幅に変更されている様子。

全体的に「1」が面白かっただけに「2」はかなり期待できそう。

総評

万人にオススメできる作品ではないし、粗い部分もあるが、個人的にはかなり良作だった

11月の「BEYOND: Two Souls」、12月の「グラビティデイズ2」、1月の「Iconoclasts」「スティープ」に続き、最近のフリープレイは結構面白い作品が多い気がする。

  得点:66/100

TRPGやカードゲームが好きな人にオススメのソフトでござる。

収集癖やカードで語られるストーリーを餌に妄想を爆発させてみてほしいでござる。

「Hand of Fate」をPS Storeで見てみる

「Hand of Fate2」をPS Storeで見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事