【THE WITNESS 評価】子どもの想像力・思考力を鍛えるにも良さそうなパズルゲーム

【THE WITNESS 評価】子どもの想像力・思考力を鍛えるにも良さそうなパズルゲーム

今回紹介するのはPS4の「THE WITNESS」というソフトでござる。

パズルだらけの島を冒険するオープンワールドパズルゲームでござるよ。

Advertisement

「THE WITNESS」の基本情報

タイトル(商品名):THE WITNESS
機種: PlayStation4
ジャンル: パズル
メーカー: Thekla, Inc.
価格:3,980円

2019年4月のフリープレイとして配信中。

「THE WITNESS」はオープンワールドとパズルゲームを掛け合わせた不思議なゲームである。

何も説明もなく、狭いトンネルからゲームがスタートする

ゲームが始まると主人公はどこか狭いトンネルのような場所にいる。

ここがどこだかの説明もなく、1人称視点なので自分が誰だかも分からない。

とりあえず前にフラフラと歩いていくと、横棒が一本引かれたディスプレイを発見する。

まず、ここで何をしたら良いのかを考えるところからパズルは始まる。

最初は単純で誰でも解けるような問題なので、苦労せずに外に出られるだろう。

パズルを解いて地上に出ると、そこは色鮮やかな景色が広がる世界。

しかし、壁に囲まれていて、敷地から外に出ることができない。

よく見ると、ところどころにケーブルがあり、それが先ほどの洞窟内にあったようなディスプレイに繋がっていることに気づく。

このようにディスプレイなどに表示されるパズルをひたすら解きながら、世界を探索するゲームとなっている。

線上にある黒い点と、線の外側にある白と黒の四角形が意味するものとは…?

最初は簡単なパズルだが、どんどんルールが追加されていく。

それらの説明は一切ない。

記号や色からルールを自分で予想し、もしそのルールが合っていれば、ルールの中でどうやって解くかを考えていかなければならない、単純そうで高度なパズルゲームだ。

人物が一切出てこないため言葉も出てこず、ひたすら綺麗な景色と、難解なパズルに挑み続けることになる。

ゲームの趣旨に沿って、今回の記事では敢えてどんなパズルゲームなのかは一切書かない。

ネットに情報はあるが、もしプレイするのならこういった情報は見ずに、自分で考えてプレイして欲しいゲームだ。

「THE WITNESS」の評価・感想

ゲーム状況
プレイ時間:5時間
クリア:未
バージョン:1.05 
導入DLC:なし

途中で頭が沸騰しそうになって中断。

パズルゲームは苦手…。

想像力が鍛えられるパズル

まずはルールを想像することが必要になる

上でも書いた通り、本作では全く言葉によるルール説明がない。

そのため、新しい記号が追加されるたびに、まず「これはどういう意味があるのか」を考えなければならない。

このルールを見つけ出すのも、実は結構難しい。

一般的なパズルが目的を提示されて解くのに対し、このゲームは出題者の意図から予想し正解を導く必要があるため、想像力も重要となる。

想像力を働かせて問題を予想し、その予想に沿ってで問題を解く。

想像力と思考力を同時に使うゲームなので、子どもの知育にスゴイ良い教材なのでは、と思った。

教育上よろしくないような表現もないので、ゲーム好きの子どもの頭を良くしたい!と考えている親御さんはこのゲームを試してみてはいかがだろうか?

オープンワールドであることの功罪

パズルを解くことでギミックが動き出すこともある

本作はパズルにオープンワールドの要素を付け足した独特スタイルを取っており、プレイし始めて30分~1時間くらいで広大な世界に放り出されることになる。

これには良い面も悪い面も存在する。

良い面としては、パズルを解くだけでなく、綺麗な景色を探索する楽しみがあること。

このゲームのパズルはシンプルゆえにストイック。

そんなパズルに煮詰まってしまった時、このゲームの綺麗な世界を探索するのは良い気分転換になる。

悪い面としては、プレイヤーによって解くパズルの順番が変わってしまうこと。

実は新しいルールのパズルが登場する時、最初は基本のような簡単な問題が用意されているのだが、オープンワールドゆえにこのような基本問題を飛ばし、難しい問題から出会ってしまう場合もある。

こうなると解くのは一気に難しくなる。

このように本来とは想定していないであろう順番でパズルを攻略することになってしまうのが、オープンワールドの弊害と言えるだろう。

難しい問題をいきなり解いて、達成感に浸るのもアリだけどね。

かなり人を選ぶ作品

拙者が詰まっているところ…

本作はパズルゲームが好きな人にとってはかなりやり込める作品だと思う。

ゲーム中には500以上のパズルがあるようなので、細かく探索すれば長時間遊べるだろう。

一方で、拙者のようにゲームでウーン…と考えこむのが苦手な人にとっては、長く遊ぶのはちょっと辛い。

プレイしている最中は良いが、一度中断するとそれ以後手が伸びないというか…考えるのが面倒くさいのだ。

オープンワールドとは言え、パズルがメインなのでどうしても地味だし、派手なゲームが好きな人もあまり向いていないと思う。

総評

拙者にはあまり合わなかったが、ゲーム自体はよくできていると思う。

パズルに苦手意識のある拙者でもプレイ中は、なかなか止めらないほど熱中できたので、パズル好きには神ゲーと言える作品かもしれない。

  得点:50/100

インディーズゲームとしてはちょっと値段が高めだが、人によっては充分価値を感じられるソフトでござろう。

パズルゲーム好きな人はもちろん、子どもにプレゼントするゲームとしてもオススメのソフトでござるよ。

⇒ PS Storeで「The Witness」を見てみる

ゲームレビューカテゴリの最新記事